1,895件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

ウエアラブルディスプレーやソフトロボットの材料として期待できる。 生体材料の角膜の構造を模倣することで作製した。... エラストマーはソフトロボットなどのほか、高度先進医療分野でも注...

▽地域資源を活用した高付加価値繊維製品の開発▽金属加工製品の環境対応・高機能化を可能とする製造プロセス技術の開発▽ものづくりの高度化に向けた計測技術の開発▽清酒製造現場における課題解決に向けた研究開発...

挑戦する企業/住友化学(20)一番身近なパートナー韓国 (2020/3/26 素材・医療・ヘルスケア)

韓国でディスプレー・半導体材料事業を行う東友ファインケム社長の羅仁鎬(ラ・インホ)は、「顧客と住友化学との関係に影響が出ないように(間に立つ東友として)情報交換などをより緊密に行った」と話す。... ...

ビルドスは複合材料による航空機・鉄道車両などの内装材の製造を手がける。

帝人は19日、同社の熱可塑性炭素繊維複合材料(CFRTP)「Sereebo(セリーボ)」が、パナソニックのデジタル4Kビデオカメラ「HC―X2000=写真」「HC―X1500」に採用されたと発表した。

熊本市中央区では、19年夏に開業した大型複合施設「サクラマチクマモト」がにぎわい創出の核に。... 東京都港区の港南・芝浦エリアでは、JR「高輪ゲートウェイ駅」の暫定開業や27年に予定されるリニア中央...

長瀬産業、DOE開発でEVGと協業 (2020/3/12 国際・商社)

次世代デバイスとして開発が進む拡張現実(AR)や複合現実(MR)向けデバイス用光導波路や顔認証、自動運転などのセンサーに用いられる高性能ビームスプリッター、ディフューザーなどを対象とする。インクロンは...

ダイセルの主力製品である酢酸セルロースは、植物由来のセルロースと酢酸を原料に製造されるプラスチック材料で、最終的に水と二酸化炭素に生分解される。 TBMは石灰石を主成分とする複合材料...

これらを支えてきたのが物理、化学、材料科学をベースとする材料・デバイス技術である。... (2)材料への要請は多様かつ高度になっており、これを満足するために、多くの元素を組み合わせる、機能の異なる材料...

同チームへの材料提供は3年目で、2019年はボンネットや後部座席ドアなどに実装したが、20年は外装全体に実装範囲を拡大し大幅な軽量化を図る。 ... 同社のELLEX―Mは、植物繊維...

新積層機には、炭素繊維に樹脂を染み込ませた中間材料(熱硬化プリプレグ)を4分の1インチ程度の細幅にカットした材料(スリットトウ)を用いる。... 新積層機は5月に仏パリで開幕する複合材料分野の展示会「...

同時進行で素材開発ができるパートナー企業と樹脂と炭素繊維を組み合わせた高強度カーボン複合材料を開発に成功。

三菱ケミ、国内プラ製販グループ社を統合 (2020/2/26 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ケミカルは25日、国内のエンジニアリングプラスチックやガラス繊維複合材料を製造販売するグループ会社2社を4月1日付で統合すると発表した。... エンプラ事業の三菱ケミカルアドバンスドマテリアルズ(...

炭素繊維複合材料製品の設計や成形が主力事業。

新しい治具は熱の影響を受けやすい部品を炭素複合材料に切り替えることで変形を抑える。... 炭素複合材料は材料メーカーと耐油性などテストを重ねて開発し、成形は専門業者に外注する。... 材料メーカーで炭...

物質・材料研究機構の石田暢之主任研究員らは、次世代蓄電池として期待される「全固体リチウムイオン二次電池」の性能向上につながる評価技術を開発した。... 電池の複合電極で充放電を伴う電位分布の変化を連続...

「19年11月に『耐震補強用より線』として日本産業規格(JIS)の認定を受けた熱可塑性炭素繊維複合材料『カボコーマ・ストランドロッド』を重要文化財などへ活用するが、まだこれからだ。

【金沢】サンコロナ小田(石川県小松市、小田外喜夫社長、0761・43・2211)は、プレス成形による量産に対応する熱可塑性炭素繊維複合材「フレックスカーボン」の用途開拓を本格化する。軽さと強さを備えた...

LINK―US(リンクァス)は、「超音波複合振動接合技術」の溶接装置の開発や販売、各装置の受託開発のほか、強力超音波応用に関するコンサルティングなどを手がけるベンチャー企業。 超音波...

得られた複合材料を電子顕微鏡で観察。... 次世代の熱伝導性フレキシブル材料として、CNFやCNTの複合材料の開発が進められている。CNTの熱伝導率は高いが、CNFを多く添加すると複合材料の柔軟性が失...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる