84件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

これまでにGaN(窒化ガリウム)半導体や、触覚センサーなどに使える導電性ゴムなどを事業化してきた。

福島大と東電HD、廃炉技術開発で研究拠点 安全・着実に推進 (2020/4/27 建設・生活・環境・エネルギー)

特に、化学吸着材、測定計測、ロボットの触覚センサー、コンピューター解析、人工知能(AI)の分野を起点に研究を開始する。

【発明大賞 本賞】 ■柔軟触覚センサー=タッチエンス(開発部・永野顕法氏) 光センサーとスポンジを組み合わせた柔らかい触覚センサー。... 従来はスポンジの変形を評...

大阪大学大学院歯学研究科の古田貴寛講師らは、米ノースウェスタン大学と共同で、触覚情報が末梢(まっしょう)神経の活動に変換するとき、刺激を受け取る器官である神経終末受容器の役割分担を...

大村社長は起業を決めロボットの力触覚センサーに狙いを定めた。... 触覚センサーはまだまだ」と感じたためだ。... 初めは手巻きでセンサーの構造を試していった。

金沢大学と信州大学の「JAKS」チームは力覚センサーと触覚センサーを駆使する。力触覚でパーツのつかみ具合を判断して、はめ合いなどの精密作業をこなす。ただ力触覚を使う前の画像認識でつまずいた。

足先を感圧センサーで覆い、接触を検知すると脚を動かす軌道を変える。... 感圧導電ゴムを接触センサーに応用した。... 複雑な形状を覆えて、高い分解能を持つ安価な触覚センサーはなかった。

九州工業大学の池本周平准教授と大阪大学の大原賢一朗大学院生らは、空気圧変化を利用する平面触覚センサーを開発した。... 風船のような身体をもつソフトロボットの触覚センサーに提案していく。 &#...

電気の力で伸縮する独自のゴム素材「eラバー」を使い、力触覚を伝えるハプティクス(触覚技術)開発キットを今秋に製品化するほか、年内には触覚センサーをサンプル発売する計画。... センサーとアクチュエータ...

2位には木製ボードディスプレーのmui Lab(京都市中京区)、3位にはロボットハンド用触覚センサーのXELA Robotics(東京都新宿区)が選ばれた。 &#...

「触覚センサーでロボットは人間のように柔軟に働けるようになる」と強調するのは、東北大学准教授の平野栄樹さん。触覚センサーを研究する。 従来のセンサーは常にデータを送り続けていた。

「運転席やフロントグリル周辺の部品にセンサーやカメラを組み込み、モジュール化戦略をさらに進める。... 「まずは手術訓練用を見込むが、触覚センサーとしてロボットや医療向けに展開するなど応用の幅がとても...

東北大学の平野栄樹准教授らは、大規模集積回路(LSI)と一体化した触覚センサーを開発した。... 皮膚触覚をロボットの全身に巡らせるなど多数のセンサーを配置する用途に提案する。... ロボットの皮膚触...

5本指は触覚センサーで最適な力に制御、4本で掴(つか)み、残りの1本は押すことに特化する。

ペンに三つの触覚センサーを配置し、サインする際の握圧を計測する。

まずセンサーやカメラを現場に運び、状況把握が最優先目標だったためだ。 ... 各関節に力覚センサーを備え、全周囲を触覚センサーで覆ったアームさえ実用化されている。

「ロボット用触覚センサーや人工筋肉に活用されれば」と夢は膨らむ。

レンタルするロボットにはカメラやハンド、センサー類をオプションとして加えることもできる。... 箱の中からビーズを触覚センサー付きのハンドでつかみつつ転がして穴を探る。

CNTヤーンは導電性や応答性が高く、センサーとして円滑な動作を実現する。CNTを長尺で巻き取れることで、工業製品としてモーションセンサーや触覚センサー、各種部品などに採用できるようになる。 &...

開発したロボットは、皮膚型の全周圧力触覚センサーで障害物や配管の曲がりを把握。... 音響センサーで配管内の位置をロボット自身が特定し、配管地図を作製する。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる