50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

微粒子・細胞中 特定成分をモニタリング 【ICP質量分析】 ナノからマイクロメートルサイズ(ナノは10億分の1、マイクロは100万分の1)の...

浜松ホトの貫通孔を空けた酸化アルミニウム薄膜を使ったイメージング質量分析法で、肌上の日焼け止め塗布膜に含まれる成分を一括でマッピングする。 ... 成分ごとの質量に基づき、種類や量を...

しかしその構造は、質量分析法、核磁気共鳴法(NMR)、およびX線結晶解析法などの手法で、一定の塊からなる分子で間接的に求めたものであり、最近まで1分子の構造を直接的に可視化する手段はな...

【空間分解能向上】 産業技術総合研究所(産総研)では、これらのニーズに対応するため、レーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析法(LA―ICP―MS...

富士フ、標準物質開発 次世代の微量元素分析法向け (2020/12/18 素材・医療・ヘルスケア)

富士フイルムは17日、微量元素分析法「フェムト秒レーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析法」に適した標準物質を開発したと発表した。... 同分析法は高精度な分析が可能だが、適...

二次イオン質量分析法により窒素の溶解度を求めた。

第47回「環境賞」に6件 (2020/4/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

【日立ハイテクサイエンス/「RoHS2向けフタル酸類検査装置の開発と世界標準化」】 日立ハイテクサイエンスは、迅速に検査でき、メンテナンス頻度が少ない「ダイレクト質量分析法...

質量分析法は気体のイオンの質量を計測する手法で、試料が多様な化合物を含んでいても網羅的に計測できる。... 【イオン分解】 未知の生体分子の構造を推定するために、タンデム質量分析法が...

独マックス・プランク生化学研究所の教授を務めるマティアス・マン氏は分子の種類を特定できる「質量分析法」を利用し、人間の細胞で働くすべてのたんぱく質を地図上に並べる技術を開発。... 質量分析は02年の...

既存の方法としては質量分析法があるが、血液や細胞などの検体が大量に必要になるだけでなく、コストや解析時間の問題があり、実際の医療診断にはあまり用いられていない。

【産業で多く活用】誘導結合プラズマ質量分析法(ICP―MS)は、さまざまな産業分野で活用されている高感度元素分析法である。... 専門は、プラズマ分光分析法を用いた高感度多元素分析法の...

【「指紋」を分析】 核鑑識とは、犯罪行為やテロ行為などの現場で押収された核物質や放射性物質の出所や経緯を分析によって明らかにする技術である。... 同センターでは質量分析法を用いて核...

などの謎について、ペレトロン年代測定装置と呼ぶ加速器質量分析装置を使って推定する。 加速器質量分析法(Accelerator Mass Spectrometr...

詳細に量を分析する溶液抽出法の装置も整えた。 分析の国際規格「IEC62321」で規定された分析法すべてを提供できるのが強み。国際規格で熱分解ガスクロマトグラフ質量分析法は試料が0・...

大腸がん患者56人と、大腸がんではない60人、大腸にポリープがある患者60人から血清を採取し、その血清から「質量分析法」により5種類のペプチドの量を測定。

英エドワーズ、新型空冷ドライポンプ発表 (2017/9/21 機械・ロボット・航空機2)

nXLiは小型・静音動作で、LCMS(液体クロマトグラフィー質量分析法)とICPMS(誘導結合プラズマ質量分析法)の科学機器での使用に最適とする。

イメージング質量分析を使う新たな着想で、複数の植物ホルモンを同時に可視化した。... 研究グループは、イオン生成を利用するイメージング質量分析法を利用し、切片サンプルを破壊せずに可視化した。

産総研、標準ガスバリアフィルムを開発 (2017/1/24 科学技術・大学)

工学計測標準研究部門が開発した差圧式質量分析法の評価装置で性能を確認した。

分子の種類を特定できる質量分析法で、胚の中の代謝物の分布を画像化し解明につなげた。

化合物半導体や酸化物半導体、合金、絶縁物向けに受託分析サービスを始める。 広く使われる二次イオン質量分析法(SIMS)は高精度だが、主な構成元素の定量が難しく、組織定...

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン