76件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

車両の全体制御を行う車向けOS(基本ソフト)が中央管理し、スマートフォンのようにソフトで機能を更新する「OTA(オーバー・ジ・エア)」が今後の主流。... 自社開発の中央演算装置(CPU)で車両を統合...

トヨタは商用化を見越して、車両の運用を効率的かつ安全に制御する管理するシステムを開発した。一つが複数の車両の走行を同時に制御するシステムだ。... 車両制御と同時にサービスの見える化や、スタッフの業務...

同子会社の既存車両試験施設も使い、車両制御や安全性の包括的な評価、検証が行える。... 自動運転の制御可能な通信網を備えた直線1キロメートルと直径300メートルのテストコース、立体駐車場などを配置する...

交通量の多い幹線道路と幅の狭い生活道路で構成、加減速の繰り返しや緻密な経路設定など高度な制御が必要で、実験を通じて車両制御の高度化につなげる。

ソフトウエアやAI技術では、巨大IT企業などとの競争にさらされるが「(自動運転の)社会実装にはハード(車両)とソフト開発の両輪が必要」と指摘。ソフトウエアと長年培ってきた車両の設計ノウハウを組み合わせ...

新開発した車両制御技術「ビークルモーションコントロール」を採用した。

日立AMSが開発した高度運転支援ECUは、認識処理と車両制御の二つの中央演算処理装置(CPU)で構成。安全性と高速演算性能を両立し、精度の高い車両制御につなげている。 ... 高度運...

さらに日野、いすゞ自動車、三菱ふそう、UDトラックスの商用車4社はトラック隊列走行の実用化のため、21年度までに異なるメーカー同士でも車間幅を制御できる車両を投入する。... これらに対処するにはセン...

先頭車からの通信制御で隊列を維持する基幹技術のほか、車線変更や車両への割り込みが発生した場合の対処技術なども検証する。... 3月にテストコースで無人後続車の隊列走行を実施しており、先頭車による後続車...

仲田直樹パワートレイン・EV技術開発本部パワートレイン主管は「ペダルを通して運転手と車両が密接につながっている」と語る。 ... 例えば、高級スポーツセダン「スカイライン」のガソリン...

大型トラックに適したFCVシステムや車両制御などの基礎技術の構築を目指す。 ... FCVは排ガスを出さないゼロエミッション車として電気自動車(EV)と並ぶ有望株だが、車両価格が高く...

NTNが開発したIWM駆動システムはタイヤホイール内に設置して車輪を個別に制御できる。... FSATが19年中にIWM駆動システムと車両制御技術を搭載するEVの量産を始めるとしていた。

それにより、一般道や悪路などよくある運転環境で車両を最適制御し、自動運転を支援できる。... 前方車両の情報だけでなく、走るべき軌道をECU内部でも計算することで、アクチュエーターや車両に対する応答の...

同委は車両が「ドライバーの運転からの解放を可能にする」設計だったとした上で、運転者はこのシステムを「メーカーからの指示や警告に沿わない形で」利用していたと分析した。  テスラは電子メ...

販路の拡大やCBIの先進的な車両制御を獲得することで車の安全システムを強化するのが狙い。... 日立AMSは買収により、電動ブレーキの制御システムなどの開発を加速する。CBIは車の制御技術が強みで、将...

隊列走行、圏外でも継続 ソフトバンクが5G用車載端末 (2019/4/17 電機・電子部品・情報・通信2)

4・5ギガヘルツ帯で同端末を用い、基地局圏外で走行中の車両間で通信試験を行った結果、車両間直接通信の遅延時間が1000分の1秒以下となる低遅延通信に成功したという。後続車両が自動運転で、有人運転の先頭...

水素を燃料とする燃料電池車(FCV)や、車両制御、耐久性といったトヨタの技術を活用する。... 寒暖差があり細かい砂状物質に覆われる、といった月面の厳しい環境に対応するためトヨタが砂漠や寒冷地向けの車...

自動運転の安全性向上へ NEC、通信優先度の変更検証 (2019/2/25 電機・電子部品・情報・通信)

緊急度の高い車両に無線リソース(周波数帯域や通信時間)を割り当てる適応ネットワーク制御技術を「MEC(マルチ・アクセス・エッジ・コンピューティング)サーバー」と基地局に実装し、車両や周囲の状況に応じて...

車両制御や駆動部品といった領域で強みを結集し、競争力を高める。 デンソー、アイシン精機、ジェイテクト、アドヴィックス(愛知県刈谷市)の4社は、自動運転向け統合制御ソフトウエアを開発す...

予知保全でメンテ最適化 作業効率向上・コスト軽減 (2018/8/16 建設・エネルギー・生活)

■鉄道車両 輸送障害削減へ JR東、営業車両で設備監視 都市圏を走る鉄道にとって課題の一つが、車両や施設の故障に起因する輸送障害の削減だ。... 次世代の車両制御...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる