111件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

一方、量子コンピューターでは過学習が抑制される性質があることが示唆されていたが、理論を含む検証はこれまで示されてなかった。 具体的には、さまざまな量子アルゴリズムで採用されている汎用...

今回の資金調達をテコに、1000量子ビットのしきい値(境目となる値)に向けて研究開発を加速し、23年には1000量子ビットのQPUを実現する予定だ。 すでにQPUを搭載した100量子...

量子技術の最小構成単位は「量子ビット」で、これを用いた熱サイクルが量子熱機関だ。量子ビットは、それ一つだけで最小の量子熱機関になる。 研究グループは、電子が自転する回転の内部自由度(...

カナダのDウェーブシステムズは2011年にこの仕組みを応用し、128量子ビットの超電導量子アニーリングマシンを商用化。20年には5000量子ビットの強化版を出荷した。 ... 川畑総...

10年前の5月11日、カナダのDウエーブ・システムズが世界初の商用量子計算機を発表した。... 日時計が太陽光の入射角しか測れないように、量子アニーリングマシンもスピングラス問題しか解けない。... ...

理化学研究所創発物性科学研究センター計算量子物性研究チームの関和弘研究員と柚木清司チームリーダーの研究チームは、行列の「べき乗」を量子コンピューター上で計算する効率的な量子アルゴリズムを開発した。量子...

2種類の時間位置に関する重ね合わせ状態を使った量子ビット(タイムビン量子ビット)を使い、量子力学的に安全な乱数を、高速かつ実用可能な装置で生成した。... 古典力学的な過程を使った乱数生成器に対し、量...

伝搬する電子を使った「飛行量子ビット」による量子コンピューターの実現に寄与する。 「飛行量子ビット」と呼ばれる光子や電子が伝搬する量子ビットを使って量子コンピューターを構成すると、固...

NEC、PQCと協業 量子アニーリング実用化 (2021/2/12 電機・電子部品・情報・通信)

NECが2023年の実用化を目指して開発中の超電導パラメトロン素子を用いた量子アニーリングマシンに、PQC独自の量子ビット間結合技術「パリエティQCアーキテクチャー」を世界で初めて実装する。 ...

蔡さんは超電導量子ビットの動作を世界で初めて実証し、量子コンピューター時代を開いた。最近では、「3次元実装ではなく、既存の2次元配線で量子集積回路が作れる手法を考案した」という。 一...

量子コンピューターの計算回路を約70%圧縮する手法で、これにより必要な量子ビットの数や計算時間を短縮できる。... 量子ビット操作上のこのエラーに対して耐性を持つ量子コンピューターには通常多くの量子ビ...

理化学研究所の大野圭司専任研究員、フランコ・ノリ主任研究員らの共同チームは、スピン量子ビットを用いて「量子熱機関」を模擬的に再現した。... 量子技術の最小構成単位である量子ビットは、それ一つだけで最...

量子情報の理論家ヘイデンとプレスキルは量子ビットをBHに投げ込む思考実験を行い、ホーキング放射の観測からBH内の情報が復元できると示した。... 対象は量子計算、量子通信にとどまらず物性や重力など他分...

超伝導方式でまず100量子ビット級に向けて研究開発する。 デルフト工科大とは「スピン量子ビット」を利用した量子計算機の基礎研究に取り組む。... 量子計算機では性能向上のため(1)量...

東京工業大学の西森秀稔特任教授らの研究チームは、Dウエーブ・システムズ(カナダ)の量子アニーリング型量子コンピューターを使い、磁性体の内部に欠陥ができるメカニズムの理論をシミュレーションによって検証し...

量子ドットの形成過程が分かり、量子ドットを使った半導体量子ビットや量子センサーなどの量子デバイスへの応用が見込める。... さらに不純物の濃度により量子ドットの形成過程が変化することを突き止めた。&#...

つまり2量子ビットで4通り、3量子ビットで8通り、10量子ビットであれば1024通りの場合を同時に表現できる。たった10量子ビットで今のビットの1024倍、20量子ビットで100万倍、30量子ビットあ...

量子コンピューターを含む日本の量子技術の研究開発の現状に「このままでは諸外国の後塵(こうじん)を拝しかねない」と危機感をあらわにするのは、文部科学相の萩生田光一さん。 かつてNECの...

量子ゲート方式に対応したIBMの最新鋭の53量子ビット量子計算機にネットワーク経由で使うアクセス権を持っている。... これと相性がよいのが量子ゲート方式だ。... 日本では量子関連のセッションは半日...

東北大学大学院理学研究科の小林嵩助教(現理化学研究所創発物性科学研究センター研究員)らの国際チームは、機能性と拡張性を両立した新しい量子ビット材料を発見した。... 従来材料で形成した量子ビットは、コ...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる