142件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

ダイダン、三重大にパッケージ型細胞培養加工設備 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機1)

ダイダンは、パッケージ型細胞培養加工ユニットを、三重大学大学院医学系研究科個別化がん免疫治療学講座に納入した。三重大は同ユニットと他社製の完全閉鎖式自動細胞調製装置を用いて、難治性がん向けの再生医療等...

東北大学大学院医学系研究科病態病理学分野古川徹教授らは、胆管がんのタイプの違いを明らかにし、治療経過が良好な胆管がんと難治性の胆管がんの判別に成功した。2種類の胆管がんでは遺伝子変...

国際的にみても、日本はがんによる自殺率が高い。... 祖父、叔父もがんで亡くなった。... 85年東京医科歯科大学付属難治疾病研究所で医学博士号を取得。

臨床試験は昨年、進行した難治性のがん患者3人を対象に実施。... 血液の白血球のうち、T細胞は受容体たんぱく質でがん細胞にある「抗原」を識別して攻撃するが、通常は数が少なく、攻撃力も弱い。... 同大...

ダイダン、バイオベンチャーに出資 がん治療用製剤開発 (2020/2/6 機械・ロボット・航空機2)

ダイダンは難治性・進行がん治療用の細胞製剤を開発するガイアバイオメディシン(GAIA、福岡市東区、倉森和幸社長、092・642・4708)に出資した。... ダイダンの再生・細胞医療向けクリーンブース...

米バイオテクノロジー会社ブルーバード・バイオと米製薬会社ブリストル・マイヤーズスクイブが開発中の治験薬が、多種類の抗がん剤前治療歴を有する再発・難治性多発性骨髄腫の患者を対象としたピボタル第2相試験で...

国立がん研究センターは、直腸がんが局所再発した患者に対して、手術で根治できる可能性があるかといった医師の問い合わせに専門医がウェブを用いて応じる相談システム「CONNECT―LR(コネクトエルアール)...

ところが、16年に米国で製品化されたCAR―T治療(人工改変免疫細胞を患者に投与)は、難治がんに対し圧倒的な治療効果を示した。

脳や膵臓(すいぞう)といった医薬品が到達しにくい難治がんに、薬剤を送り込むことができる。... がん組織の特徴的な遺伝子に働きかける「核酸医薬」が、新しい治療薬として注目されている。... 膵臓がんや...

【名古屋】藤田医科大学は4月に再生医療とがん医療の研究拠点「国際再生医療センター」と「がん医療研究センター(FCC)」を開設した。細胞による難治性疾患の治療に取り組む。... 患者の血液から採取したリ...

キメラ抗原受容体T細胞医療(CAR―T細胞医療)と呼ばれる治療法で、再発または難治性の白血病やリンパ腫の治療に使われる。... キムリアは患者の血液から免疫機能をつかさどるリンパ球の一種であるT細胞を...

東京医科歯科大学の渡部徹郎教授と吉松康裕講師らは、難治性の悪性黒色腫(メラノーマ)患者のがん細胞に発現する特殊な受容体が、がん組織に新たな血管の形成を誘導して腫瘍形成を進展させていることを明らかにした...

研究チームが膵臓がん患者の遺伝子を調べると、KDM6Aが発現しない患者が予後不良になることが分かった。... KDM6Aが発現するがん組織では複合体がHDACの働きを阻害し、アセチル化が進むことでがん...

アステラス製薬は、再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性の急性骨髄性白血病(AML)を効能・効果とする「ゾスパタ錠40ミリグラム」(一般名ギルテリチニブフマル酸塩)を発売した。... AMLは血液と...

「当社は既存の抗がん活性物質の投与形式を変えたり、他の薬と併用したりする方法で創薬する。... 「CNDACという固形がん用の既存薬を、低容量で長時間静注できる形態に改良。... 難治性・再発急性骨髄...

抗がん剤に特化して研究、開発を進める各社のトップに話を聞く。... 将来は経口剤にして、進行性固形がん向けにも売り出したい。... 10年に再発・難治性低悪性度非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リン...

株式上場ニューフェース/Delta-Fly Pharma社長 江島清氏 (2018/12/4 中小・ベンチャー・中小政策)

「抗がん剤をモジュールとし、アセンブリーする方法で創薬する。... 22年までには難治性・再発急性骨髄性白血病の薬として米国で承認をとり、販売したい」 ―上場した理由は。 &...

アステラス・アムジェン・バイオファーマ(AABP、東京都千代田区、スティーブ・スギノ社長、03・5293・9900)とアステラス製薬は、再発または難治性のB細胞性急性リンパ性白血病(ALL)の治療薬「...

第一三共、抗がん剤の承認申請を米FDA受理 (2018/11/23 素材・ヘルスケア・環境)

第一三共は22日、抗がん剤「キザルチニブ(一般名)」について、FLT3―ITD変異を有する再発または難治性の急性骨髄性白血病(AML)に係る販売承認申請が米国食品医薬品局(FDA)に受理された。

基板上で膵(すい)がん細胞を培養すると、生体に存在するものにより近い膵がん腫瘍組織を再現、観察できた。難治性のがんの研究や、抗がん剤の開発などへ利用が期待される。 ... さらにがん...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる