328件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

独ボッシュの2輪車向け先進運転支援システムを採用した商品の発売も予定する」 ―電動2輪車では、国内メーカー4社でバッテリーに関する協議体を発足しました。 「当社も電...

テラモーターズ(東京都渋谷区、上田晃裕社長、03・6419・7193)は、2020年度にIoT(モノのインターネット)を活用した電動バイク販売に付随するローンサービスに乗り出す。 ....

新型電動2輪、年内海外で ―2020年の見通しは。 ... 「排気量125ccクラスの新たな電動バイクを年内にもまず海外で発売する。... 月極...

そして今年、そこから生まれた電動バイクで、世界一を達成した。... (名古屋・政年佐貴恵) 8月、米ユタ州にある塩湖の跡にできた平原をモビテックの電動バイクが走り抜けた。... 「電...

【次は電動バイク】 互いの開発拠点は愛知県と群馬県と遠い。... 最初の成果であるモーターを電動バイクなどドローン以外にも用途開拓して事業の柱に育てる。

一方、電動バイクといった次世代車もショーで示されている。... 次世代に向けた新たな電動バイクも示された。... ヤマハ発も電動バイク「E01」「E02」を参考出展。

同社の電動バイク「GFR―01」は、現行規制では原動機付き自転車と区分されるため、通行できるのは車道のみ。

ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス共和国、アルメニアなどから構成されるユーラシア経済連合(EEU)では、今年9月に軽型電動車輸入の現行15%の輸入関税の廃止が審議されたと報道された。 ...

小型車「フィット」の新モデルや、自然の中でも楽しめるようにしたトレッキングバイクのコンセプト車「CT125」などを世界初披露する。... 2輪車ではビジネス用電動スクーター「ベンリィe」や電動3輪スク...

明和製作所(福岡県糸島市、生野岳志社長、092・322・3111)は、電動工具向けなどのモーターメーカー。... 電動バイクに関して取り組んでいた縁で依頼があった。

私の流儀/明和製作所社長・生野岳志(7) (2019/6/27 中小企業・地域経済2)

拙速でも見切り発車でも進もうと、小型の電動モビリティー向け駆動モーター開発に乗り出した。... EV開発に関しては、電動バイク用モーターの引き合いがあったことも背景にある。それが電動バイクの販売事業に...

自動車のほか、無人搬送車(AGV)や電動バイク、飛行ロボット(ドローン)などへの応用を検討している。... 自動車への応用には至らなかったが電動アシスト自転車や歩行ロボットで製品化していた。 ...

自社製品メーカーへの脱皮を目指して2012年に電動耕運機を製品化した。... また、バイクのパーツメーカーと連携、サスペンションの採用により、ハンドルの衝撃を抑制する機能を加えた。

米国のライドシェアサービス、バード・ライズやライムバイクが提供しているような乗り物だ。  ... こうした電動キックスケーターの使用は多くの場所で違法となっている。 ...

大のバイク好きでもあったことから、2017年にヤマハ発動機に転身した。 ... 20年には通信機能を搭載した「つながる(コネクテッド)バイク」を2輪車の主要市場である欧州と東南アジア...

電気自動車(EV)や電動バイクを中心に幅広い分野に提案していく。 ... 国内外の自動車メーカーや電動バイクメーカー50―60社から問い合わせを受けているほか、飛行ロボット(ドローン...

ヤマハ発動機は、通信機能を搭載した「コネクテッド(つながる)バイク」に本格参入する。... バイクから取得した情報を生かした新サービスで差別化し、世界シェアの拡大を狙う。... さらに将来は、マリン製...

国内での電動2輪車用交換式電池の標準化などを検討する。... 新たに設立するのは「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」。... これまでホンダとヤマハ発は電動2輪車の実証実験に取り組んできた。

電動ハイブリッドバイク「GFR―01」を開発、販売している。

2輪車大手のホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の4社が電動バイクの普及促進に向け、バッテリーや充電設備などの規格統一を検討していることが2日、明らかになった。... 国内勢が協力して電動バイクの...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる