300件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

東京大学大学院の向笠清隆大学院生、松浦康平大学院生(研究当時)、橋本顕一郎准教授、芝内孝禎教授らは、高エネルギー加速器研究機構と共同で、鉄系超電導体において「量子液晶状態」に密接に関わる新しい超電導状...

高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所の三島賢二特別准教授、猪野隆講師、市川豪研究員らのグループは、名古屋大学や東京大学などと共同で、新しい手法で中性子寿命を測定する装置を開発し、最初の実験結果...

東北大学大学院理学研究科の石井祐太助教、分子科学研究所の山本航平研究員、高輝度光科学研究センター放射光利用研究基盤センターの横山優一博士研究員らの研究グループは、軟X線の特殊な状態である渦ビームに対し...

京都大学の陰山洋アイセムス連携主任研究者兼工学研究科教授らは、原子の欠損の配列パターンを制御した酸化物の結晶構造の作製に成功した。... 東京工業大学や東京大学、大阪大学、筑波大学、高エネルギー加速器...

この功績により米国の研究者とともに02年のノーベル物理学賞を受賞した。... 51年に東大理学部を卒業後、海外での研究生活を経て、70年に東大教授に就任した。 小柴氏は後進の教育にも...

しかし、先端科学の計測データは、高次元で複雑なことが多い。... (水曜日に掲載) ◇物質・材料研究機構(NIMS)統合型材料開発・情報基盤部門主任研究員 山﨑裕一 ...

東北大学多元物質科学研究所の志賀大亮大学院生、吉松公平講師、組頭広志教授らは高エネルギー加速器研究機構と共同で、二酸化バナジウムのナノ構造で、量子サイズ効果によって新しい電子相が生じることを発見した。...

【特性実証が課題】 現在、産業技術総合研究所(産総研)はNEDO委託事業「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発」(2016―20年)に参画し、赤外線波長領域の高出力レーザー光源を開発...

実験の自動化が進めば、材料研究が加速的に進むかもしれない。物質・材料研究機構の松田翔一主任研究員らは実験自動化ロボットと機械学習を組み合わせ、高エネルギー密度蓄電池の開発のための新たな電解液の探索シス...

日本原子力研究開発機構と高エネルギー加速器研究機構の研究グループは、大強度陽子加速器施設「J―PARC」(茨城県東海村)における大強度陽子ビームの制御技術を開発した。... メガワ...

ニオブスズは超電導体で、次世代加速器構想の国際リニアコライダー(ILC)計画向けの要素技術として、ニオブ製の超電導加速空洞内部へのメッキを施す。... 高エネルギー加速器研究機構(KEK、茨城県つくば...

高エネルギー加速器研究機構と豊田中央研究所(愛知県長久手市)、大阪大学などの研究グループは、リチウムイオン電池負極に析出した金属リチウムの非破壊での検出に初めて成功した。... 研究グループは、リチウ...

2027年までの欧州の素粒子物理学戦略がこのほど発表され「国際リニアコライダー(ILC)の実現に協働して取り組むことが表明された」と話すのは、高エネルギー加速器研究機構理事の岡田安弘さん。 &...

高エネルギー加速器研究機構(KEK)が運用する「スーパーKEKB」加速器が、このほど世界最高の衝突性能(ルミノシティ)を達成した。電子・陽電子衝突型加速器のうち、2010年まで稼働していた前身の加速器...

日本原子力研究開発機構や高エネルギー加速器研究機構の研究グループは、高エネルギー加速器施設で使われる材料の損傷を精度良く評価する手法を開発した。高いエネルギーのビームを材料に照射した際の損傷評価の基準...

茨城県にある大型加速器で生成したニュートリノを岐阜県にある観測施設「スーパーカミオカンデ」に向けて飛ばし、検出までの間にニュートリノの種類が変化することを明らかにした。 ... 今後...

有機エレクトロニクス材料の高性能化や高機能化が期待される。 ... 研究グループは、印刷技術を利用し、半導体のインクから有機半導体単結晶の単分子薄膜を作製。... 筑波大学や産業技術...

ILCは世界の素粒子物理研究者が開発を進めてきた次世代電子・陽電子衝突型線形加速器。宇宙誕生直後の高エネルギー状態を人工的に生み出し、物質に質量を与える素粒子「ヒッグス粒子」工場を計画する。... こ...

量子科学技術研究開発機構の李松田主任研究員や境誠司プロジェクトリーダーらは、電子のスピン(自転)を利用し、多くの情報を少ない電力で保存できる磁気メモリーの実現につながる材料を開発した。... 超高記録...

試料表面の原子配列を高感度で調べられる「全反射高速陽電子回折法」を使い、グラフェン層とグラフェンに似た別の炭素層の間にCa原子を挟み込んだ構造となることを明らかにした。エネルギー損失ゼロの超高速情報処...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる