245件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

長距離を安定飛行できるよう風洞実験や3次元(3D)モデル実験を繰り返した。

価格は380万円(消費税抜き)。 同社の操作盤上で最低限の情報を入力するだけで、工具の3次元(3D)モデルを作製して計測可能。

清水建、AIでコンクリ締固め可視化 管理システム開発 (2021/6/21 建設・生活・環境・エネルギー)

結果をモニター上の3次元(3D)モデルに投影し、施工者が締固めの過不足を視覚的に確認できる。... 所定の深さと挿入時間を満たせば、バイブレーターから直径約10倍の範囲が適切に締固められたと判断し3D...

海洋研究開発機構海洋ロボティクス開発実装グループの中谷武志グループリーダー代理らは、水中で撮影した映像から海底の3Dモデルを制作する技術を開発した。... 3Dモデルの制作は「ストラクチャーフロムモー...

清水建、AI活用シールド掘進工事 今秋に初適用 (2021/6/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

70のセグメントを割り付けた場合、熟練技能者は約2日間を要するが、AIは約10分で3次元(3D)モデルとして可視化した形で処理する。

DXの先導者たち(30)シナモン (2021/5/13 電機・電子部品・情報・通信2)

3次元(3D)モデルで再現した生産設備を用いた操作体験やモノの配置を自由に動かしながらの商談など、現実の疑似体験とバーチャルならではの体験の両方が可能だ。 ... 三井住友海上火災保...

機内カメラで撮影したワークの形状を3次元(3D)モデリングする。... OKKが開発したソフトは「3Dマイスター」。... 撮影したワークのデータは3Dモデルに自動変換し、MCに送信する。

勃興5Gサービス(41)KDDI 5GとARでデジタル展示 (2021/4/21 電機・電子部品・情報・通信2)

日本科学未来館で実証 【技術を集結】 人間そっくりの3次元(3D)モデルが博物館を案内―。

大規模な3次元(3D)モデルの解析が可能で、計算時間も大幅に短縮できる。... 通常版のTDAPIII、FDAPIIIで試用できる要素・非線形モデルなど多くの機能のほか、データも利用できる。

竹中工務店、ノルウェー社と連携 DX向け技術開発 (2021/4/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

竹中工務店はノルウェーのレンドラと建築の3次元(3D)モデリング技術「BIM」を活用し、デジタル変革(DX)に向けた技術開発に取り組む。... BIMデータ管理や360度画像の管理ソリューションとの連...

ニューノーマルで輝く(18)凸版印刷 VR越しに商品購入 (2021/4/13 電機・電子部品・情報・通信2)

バーチャル店舗内では気になる製品の3次元(3D)モデルを見るだけでなく、実店舗にいる店員から説明を受けたり、アバターロボットのカメラを通して現物を確認したりできる。

ECサイトの差別化として360度写真や3Dモデルが広がろうとしている。... 同社はEC向けの自動3D撮影システムを販売する。... 高品質なCGで表現するには商品ごとに3Dモデルを作る必要がある。

国立循環器病研究センターは、クロスエフェクト(京都市伏見区)と開発した小児の心臓を再現する「超軟質実物大3D心臓モデル」の医師主導臨床試験を終了し、高い有用性と安全性を確認した。... 3D心臓モデル...

(石川雅基) 医療向けVRの先駆けのHoloeyes(ホロアイズ、東京都港区)は、コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像(MRI)で撮影した人体の3次元(3D)データをVR...

KDDI、5Gサービスの企画・制作 社内チーム発足 (2021/3/11 電機・電子部品・情報・通信1)

第1弾として、人間そっくりの表情や動作をする高精細3次元(3D)モデルである独自のバーチャルヒューマン「coh(コウ)」を開発した。

ドローンで撮影した被災地の画像を3次元(3D)モデル化、AIで流体解析して浸水高を算出する。... その一環で自治体などと活用に向けた協議を始めているのが、「3Dハザードマップ」だ。水災時にドローンと...

米マイクロソフトのMR端末「ホロレンズ2」で現場に合わせて図面や3Dモデルを表示するシステムを展開する。

三明(静岡市清水区、笠井茂社長、054・353・3271)と三明電子産業(同、久保田和俊社長、054・335・5588)は、移動型作業ロボットの運用管理システム「AGWORKS」を開発した。... パ...

センシンロボティクス(東京都渋谷区、北村卓也社長、03・5488・6106)は27日、飛行ロボット(ドローン)による狭小部点検サービスの提供を始めたと発表した。... 同様のドローンサービスはすでに複...

開発した教材は、体の動きを3次元(3D)データ化する同社の独自技術「ナップ」を活用した。手本となる講師の診察手順を3Dモデルで表示し、学生はモデルの動きを確認しながら学べる。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる