945件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

光学レンズ向けシクロオレフィンポリマー(COP)に成膜した場合、防汚性の指標である水接触角が113度と、一般のコーティングより高い。

愛知目標に続く次期目標は2021年5月、中国で開かれる国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で決まる。

「次回の気候変動枠組み条約締約国会議(COP)議長国からも歓迎の意が表明された」と説明。

どちらも事前交渉が難航したままCOP10に突入した。 ... 議長国・日本がCOP10を成功できた理由の一つに鳥居氏は「人脈」をあげる。... 日本の交渉官は各グループの主要人物とC...

産業春秋/気候変動危機 (2020/10/19 総合1)

21年11月に英国で開催される第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)では、環境先進国と胸を張れる将来像を発信したい。

「理念・方針に盛る」75% 愛知目標は名古屋市で開催された国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で決まった。

気候変動分野の閣僚級会合で日本が議長国を務めるのは、1997年の京都市での気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)以来。... 21年11月の気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP...

気候変動問題をめぐる国際交渉の場として年末のCOPがある。... 今年11月に開催予定だったCOP26は、コロナの影響で21年に延期となっていた。100近い国が参加したオンライン会合はCOPの空白を埋...

2020年は気候変動枠組み条約締約国会議(COP)の開催がなく、関係閣僚が顔をそろえる貴重な場となった。

「環境先進国」復権へ きょう気候変動・温暖化対策オンライン会合 (2020/9/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

気候変動関連の国際会合で日本が議長を務めるのは、1997年の京都市でのCOP3以来。 ... 国際社会は対策強化の機運を盛り上げ、年末のCOPに突入するのが恒例だ。... オンライン...

11月に予定していた気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が2021年に延期されており、議長を務める小泉進次郎環境相は「COPと同じようにすべての国が参加できるようにし、気候変動対策の機運...

全モデルで、入力エネルギーに対する利用エネルギーの比率を示すCOP成績係数を現行モデルから改善した。

ニュース拡大鏡/環境相、発言に勢い戻る “脱炭素”かじ取り自信 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

同年12月の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)では「石炭政策については新たな展開を生むにはいたらなかった」と発言し、日本が温暖化対策に消極的な印象を世界に与えた。

シクロオレフィンポリマー(COP)など熱可塑性樹脂に対してナノインプリント加工をできる企業は珍しい。

ニュース拡大鏡/仮想COP開催 9月上旬オンライン会議 (2020/6/3 建設・生活・環境・エネルギー)

11月に予定されていた国連の気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は2021年への延期が決まっており、国際交渉で日本が存在感を示す場ができた。(編集委員・松木喬) 日本が...

一つ目の恥は、スペイン・マドリードで開かれた気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)で、日本が石炭発電削減にコミットしなかったために非政府組織(NPO)から頂いた2回の「化石賞」であり、二つ目...

11月に予定されていた第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は来年に延期される。

生物多様性条約の締約国会議(COP15)では、2010年に名古屋で開催されたCOP10で合意された、生物多様性の減少を止めるための2020年に向けた20の戦略目標(愛知ターゲット)に続く次の目標が議論...

2019年末の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で、小泉進次郎環境相がJCMにガイドラインを導入すると表明していた。

2020年の気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる