電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

87件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

経営ひと言/Industry Alpha・渡辺琢実社長「独自設計が強み」 (2024/5/28 中小・ベンチャー・中小政策)

「当社の自律移動ロボット制御ソフト『IA―FMS』はすごく頭がよい」と話すのは、スマート工場・倉庫を開発するIndustry Alpha(東京都板橋区)社長...

インダストリーアルファ、工場・倉庫の省人化提案 (2024/5/14 中小・ベンチャー・中小政策)

主力のAMR制御ソフト「IA―FMS」は搬送ロボットなど複数のAMRを制御し、多様な周辺機器、ソフトと連携できる。... IA―FMSは使いやすいユーザーインターフェース設計と、変化が激しい環境下で運...

飛島建、小型・軽量で低コストな制震ダンパー開発 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

材料には、靱性(じんせい)や繰り返し性能に優れるFMS合金を使用している。

スマートファクトリーJapan2024/紙面プレビュー(3) (2024/2/16 機械・ロボット・航空機)

【エバ工業/立体型パレット交換装置】 エバ工業(三重県東員町)はストッカタイプのフレキシブル生産システム(FMS、イメージ...

【さいたま】東部建材協同試験所(埼玉県草加市、篠宮尉哲社長)は、コンクリートの軟らかさや流動性を測定するスランプフロー試験用の平板「FMS―80」を刷新し12月中旬...

アイボルブは中小鉱山・採石業向け生産システム(FMS)を手がけ、機械の即時データへのアクセスを通じ運行管理情報の可視化とランニングコスト低減、安全運行を追求している。 ...

鉄マンガン・シリコン系のFMS合金の溶接技術を確立した。... FMS合金同士で溶接できるようになり、FMS合金で十字構造を作れるようになった。... FMS合金は一般的な鋼材に比べて10倍の疲労耐久...

オークマは旋盤に工作機械内蔵型のロボットシステム「アームロイド」を組み込んだ機種や、協働ロボット、立体フレキシブル生産システム(FMS)などの提案を積極化する。

オークマは米国・ノースカロライナ州の現地法人のショールームで、工作機械に自動倉庫などを組み合わせた大規模なフレキシブル生産システム(FMS)の展示を始めた。

新製品の「FMS4040=写真」は、半導体をチップごとに切断するハブレスブレードの交換作業と、砥石(といし)でブレードを研ぐことで切れ味を維持するドレッシング作業を自動化した。

三井住友銀行のネットバンキングサービス「e承認サービス」とNTTデータNJKのマンション管理組合会計ソフト「FMS―組合会計」、「FMS―協力会社サイト」を連携。... 管理会社と居住者をつなぐウェブ...

米国が調達する装備品の日本国内での品質管理を日本側が無償で行う代わりに、日本が調達する米国からの有償援助(FMS)装備品の品質管理にかかる費用を免除することが骨子。これにより、FMS調...

牧野フライス製作所、5軸MC投入 大型航空機部品向け (2023/3/29 機械・ロボット・航空機2)

専用のフレキシブル生産システム(FMS)に接続でき、大物ワークの多品種連続加工に対応する。

日建連、来月16日に鉄道交通講演会 (2023/1/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

参加希望者はURL(https://business.form-mailer.jp/fms/7cd25858162015...

油圧ショベル、屋内外で自律運転 大林組が機能追加 (2022/11/29 建設・生活・環境・エネルギー)

また外部接続機能の追加により、建機フリートマネジメントシステム(建機FMS)を通じた複数の自動化・自律化建機との連携も可能にした。

「ロボット大国・日本」として、産業用ロボットはフレキシブル生産システム(FMS)やFAの生産システムとして無人化工場を実現し、これまで世界トップレベルの自動車産業や家電産業に貢献してき...

レンズダンパー推進協、制振ダンパー長寿命化 FMS合金採用 (2022/9/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

飛島建設、鉄建建設、西松建設などレンズダンパー推進協議会(川崎市川崎区)の5社は、共同で研究開発している制震ダンパー「レンズダンパー(LSPD)」に新材料の「鉄―マンガ...

経営革新計画承認/東京都・25件 (2022/8/12 東日本・西日本)

▽キュー・プレスト(千代田区)=防災イベントを活用した防災非常用電源の販売促進事業▽ニューバース(板橋区)=テレワーク等在宅勤務に特化した提案型賃貸物件...

19年度は米国からのFMS(対外有償軍事援助)による装備品調達額が約7000億円となり、調達額全体の輸入比率は27・8%まで上昇した。

2023年4―6月期までをめどに、フレキシブル生産システム(FMS)の増強やロボット、部品管理システムの導入を進め、無人でも機械が長時間稼働できる体制を整える。... テーブルサイズが...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン