169件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

「車の自動運転実現には、高度なLiDAR(光測距システム)が不可欠だ」と話すのは、京都大学教授の野田進さん。... 「すでにかなり小型化できているが、将来は指先に載る超小型LiDARを作りたい」と目標...

キヤノン、高精度位置決め解析ソフト AGVに提供 (2020/8/6 電機・電子部品・情報・通信1)

ガイドレス方式のAGVや自律移動ロボット(AMR)に用いることで、高機能センサーのLiDAR(ライダー)では対応しづらい環境にも導入できる。

車両に4個の光センサー「LiDAR(ライダー)」と、16個の短距離超音波センサーを搭載。

ダイセル・エボニック(東京都新宿区、金井産社長、03・5324・6331)は、赤外線や光センサーのLiDAR(ライダー)を透過できるアクリル樹脂を発売した。

光の反射で障害物との距離を測定する「光測距システム(LiDAR)」で広範囲を検知し、反射率の低い黒系の物体も測定できる。... LiDARはブルックマンテクノロジ(浜松市中区)と共同開発。

高機能センサー「LiDAR」のデータを処理すると、移動ロボが自身の位置を把握するリアルタイムSLAMを高速化できる。

自動走行実現へ一歩 京都大学工学研究科の野田進教授らは30日、北陽電機(大阪市西区)と、光の屈折を制御する微細構造「フォトニック結晶」を使ったレーザーを搭載し、光の反射にかかる時間で...

安全面では扉の閉め忘れによるトラブルを防ぐため3次元レーザースキャナー(LiDAR)で設備内に人がいないか確認し出庫後に自動で扉を閉める。

キヤノン、初の100万画素SPADセンサー 数年内に機器実装 (2020/6/25 電機・電子部品・情報・通信)

車載用距離測定装置のLiDAR(ライダー)や、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)関連機器に活用できる。

パネルなどで人の行動範囲を制限するとともに、その範囲内で人をレーザースキャナー(LiDAR)や光電管センサーで検知する。

OKI、可搬型エリア監視システム (2020/6/10 電機・電子部品・情報・通信2)

3次元高機能センサー「LiDAR(ライダー)」と四つのカメラを連動し、侵入者を検知。

左右のアーム部分に1台ずつのステレオカメラと、後方に光センサー「LiDAR(ライダー)」を搭載。

原子力機構、放射線汚染を短時間で測定 (2020/6/3 科学技術・大学)

日本原子力研究開発機構の廃炉環境国際共同研究センター(福島県富岡町)は、放射線源の位置が把握できるコンプトンカメラと3次元距離測定センサー(SD―LiDAR)の機能を組み合わせた統合型放射線イメージン...

例えば、自動運転には車の状態や周囲の状況を正確に把握するために、ジャイロスコープ、GPS、LiDAR(レーザーレーダー)、可視光や赤外線のイメージセンサー、マイクロ波レーダーなど多様なセンサーが必要で...

パイオニアは高機能センサー、LiDAR(ライダー)を使ったソリューションビジネスを始めた。

これまで複雑な光回路なしには“見えなかったはずの光位相を見る”本技術は、光コヒーレント受信機の小型化のみならず、光測距(LiDAR)やファイバー通信路同定(チャネルモニタリング)など、広範な応用も期待...

産総研で開発したシステムは、小型の3次元形状取得センサー(LiDAR)により3次元地図を自動的に作成する。LiDARにより前方の障害物をリアルタイムで検出できるため、それらを避けながら自動走行を行うこ...

今後は、光ファイバーのコア数などに応じピクセル数の増加・調整や、より複雑な多重光信号への対応、さらに高速イメージングセンサー・光測距(LIDAR)応用も視野に開発を進める。

また、キヤノンと高機能センサー「LiDAR(ライダー)」の共同開発を進め今秋には量産体制を構築する運びだ。

大きなチャレンジだが、引き合いは強く、会社の柱の一つに育成するつもりで、継続的に投資していく」 ―ポリゴンミラー方式の高機能センサー「LiDAR(ライダー)」の優位性を広めています。...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる