61件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

中でも防災への活用で期待されているのがSAR衛星だ。... さらに20年代後半にSAR衛星を30機まで増強し、国内任意地点を最短間隔数十分で撮像する。 ... SAR衛星は平時のモニ...

シンスペクティブは独自の小型SAR衛星「StriX―α」を運用する。... さらに高分解能・広域観測に向け、衛星搭載SARセンサー技術の実証を進める。... 今後、シンスペクティブが打ち上げ予定のSA...

東南アジア、南アジア、アフリカ地域の道路、鉄道、港湾、空港など大規模インフラ整備事業で、合成開口レーダー(SAR)を活用したモニタリング技術の実装に共同で取り組む。

これまでにNICTでは、航空機搭載合成開口レーダー(SAR)であるPi―SAR、およびPi―SAR2を用いた地表観測を行ってきた。... 代表的なものとして、並列する2基のレーダーを用いて地形の高さを...

次に浸水地域の建物周辺の合成開口レーダー(SAR)画像の特徴をAI技術で学習する。... SAR画像は人工衛星で撮るため1日1回程度。

【微少な変動検知】 スカパーJSATが国内外の企業から提供を受ける170機以上の小型光学衛星と合成開口レーダー(SAR)衛星の画像やデータを人工知能(AI)で解析。... 特にSAR...

宇宙ベンチャーのスペースシフト(東京都千代田区、金本成生社長)は、地球に向け電波を放出し反射波を調べる「合成開口レーダー(SAR)」衛星が撮影したデータを解析する人工知能(AI)の開発を始める。......

SARデータ オンボード処理技術開発 【送信量圧縮】 合成開口レーダー(SAR)とは、人工衛星で地表を観測する際に使用するセンサーの一つである。光学センサーが地表を...

地表に向け電波を放出し反射波を調べる装置「合成開口レーダー(SAR)」を搭載した欧州宇宙機関(ESA)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星の画像を利用する。... 同社は12月までに自社開発の小型...

欧州連合(EU)と欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星「センチネル1号」に積んだ「合成開口レーダー(SAR)」の画像を利用。SAR画像は地表に照射されるマイクロ波の散乱や反射の特性を観測でき、その散乱...

NEC、地球観測衛星を200億円で受注 住商からベトナム向け (2020/4/27 電機・電子部品・情報・通信)

受注した地球観測衛星は合成開口レーダー(SAR)を搭載した人工衛星。

SARは地球の地表に向け電波を放出し、その反射波を調べる。... 従来は地上の計算機でSAR観測データを処理していた。... SAR衛星の海洋観測データが安定的に利用できれば、人工知能(AI)と組み合...

シュンク・ジャパン(東京都品川区、谷本昌信社長、03・6451・4321)は、基板切断機「SARシリーズ」を国内市場に投入した。

放射線耐性評価試験装置の更新のほか、今後有望な合成開口レーダー(SAR)衛星の製造技術の開発環境を整える。

だいち2号は、地表に向け電波を放出し、反射波を調べる装置「合成開口レーダー(SAR)」を搭載。

プレデターBは、煙が充満した上空からでも火災調査が可能な合成開口レーダー(SAR)を備えたマルチモード・レーダーを搭載。

2019年12月11日の夜、QPS研究所(福岡市中央区)の小型合成開口レーダー(SAR)衛星1号機「イザナギ」の打ち上げを約500人の聴衆は固唾(かたず)を飲んで見守った。 ... ...

SAR観測装置の特徴の一つは、取得画像の分解能の高さである。... 更に具合の悪いことにSAR観測画像には観測原理に由来する独特の歪みが生じているため、情報の読み取りには前提知識や経験が必要とされる。...

そうした中で発覚したのが、株価連動型報酬「ストック・アプリシエーション・ライト(SAR)」をめぐる問題だ。

SARをめぐる疑惑は6月10日発売の月刊文芸春秋が報じ、それを契機に日産社内で調査が進んだ。... SAR問題によって西川社長が役割を果たせない懸念が強まっていた。 ... SAR問...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる