75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

2022年の創立125周年の寄付金を活用し、同大学術研究支援室(KURA)のリサーチアドミニストレーター(URA)らが調査し設計した点も注目されそうだ。 ... 短期の研究成果は求め...

ドイツ・ハイデルベルクに全学欧州拠点が設置され、URA駐在となったのがきっかけだ。DAADとつながり、URAが研究訪問先の開拓など試行を手がけた。 ... KURAは全国の大学のUR...

新たな活動の端緒は現在、文部科学省事業を土台とする「研究大学コンソーシアム(共同事業体)」で手がけるリサーチ・アドミニストレーター(URA)育成だ。各大学に所属するURAは研究力分析や研究戦略提案で、...

徳田氏は別の大学で文学研究の道を志望していたが、6年前に故郷の福井にUターンして福井大の研究者をサポートするURAの職に就いた。... 徳田氏はURAの“先輩女子”として新職務の顔を務める。URAの仕...

多くの大学ではURAは少数で、先輩からの指導もマニュアルもない。... それでも海外に目を向ければ、米国ではFAとURAが競争的資金制度の改善を協議し、欧州ではURAが科学技術政策の提言を堂々と行って...

Q 研究支援の専門人材、リサーチ・アドミニストレーター(URA)が手がけるケースを耳にしたよ。 A URAは特に、外部研究費の獲得を執行部に期待される。

「専門のリサーチアドミニストレーター(URA)を抱えている大学でも研究を追跡できていない。

申請書には学長、副学長、研究支援のリサーチアドミニストレーター(URA)の3者が目を通す。

『第3の職種』と呼ばれる、産学連携コーディネーターやリサーチアドミニストレーター(URA)を増やしたい。

東京理科大は持ち込まれた問題について、リサーチアドミニストレーター(URA)が誰に相談すればよいかを答えるワンストップサービスをやろうとしています。

今年4月、リエゾンセンターを創設しリサーチアドミニストレーター(URA)も配置する。

採択されれば豊橋技科大は、コーディネーターと共同研究の企画立案を行うリサーチ・アドミニストレーター(URA)の合計人数を現在の2倍以上の32人に増やす。

その後、研究支援の専門人材、リサーチアドミニストレーター(URA)がまとめ、ウェブ上でやりとりを仲介する。 ... 交流会では、URAが腕章を着け、1人きりの研究者に目を光らせ声をか...

京都大学は匿名の研究者の悩み投稿から、解決の手だてが期待される研究者をURAがマッチングする。... 年2回の交流サロンにはURAが、そのテーマで有効とURAが考えた研究者に来訪を個別に呼びかける。....

キーワード/認定制度 (2018/10/4 大学・産学連携)

Q 認定制度で解決を狙う今のURA活動における課題は。 ... 有識者会議にはURAや技術移転の専門人材の協議会、雇用する側の大学のコンソーシアムが入っている。

文部科学省の専門家会議は、大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)の認定制度導入に向けた骨子をまとめた。... 文科省の「リサーチ・アドミニストレーター活動の強化に関する検討会」の論点整理による...

産学連携部門の関係者は大学などのリサーチ・アドミニストレーター(URA)、産学官連携コーディネーター、知的財産部門の教職員などが対象。

産学連携コーディネーターや大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)は、大学執行部から外部資金獲得を期待されることが多い。

川重、LNG運搬船引き渡し (2018/9/20 機械・ロボット・航空機2)

主機関に、自社開発の再熱式蒸気タービン推進プラント「川崎アドバンストリヒートタービンプラント(川崎URAプラント)」を搭載。

京都大学学術研究支援室は京都市などと9月13日13時半から京大大学院工学研究科イノベーションプラザ(京都市西京区)で「京都大学インダストリアルデイ(産学マッチング交流会)」を開く。企業ニーズと、京大の...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる