62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

ラリージャパン事務局は27日、自動車の世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンドとして11月10―13日に開かれる「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」のチケットを、7月...

NICTの干渉量計算結果は他の4機関の計算結果などとともにITU―RリポートSM.2450にまとめられ、19年の世界無線通信会議(WRC―19)において、四つの周波数帯域が無線...

ラリーアートは同社が世界ラリー選手権(WRC)やダカール・ラリー参戦時に使っていたブランド。2005年にWRC、09年にダカール・ラリーから撤退後、同ブランドの商品販売も終了した。&#...

また世界ラリー選手権(WRC)では小型スポーツ車「GRヤリス」にハイブリッドシステムを導入するほか、水素エンジン車を引き続きスーパー耐久レースに投入する。

世界ラリー選手権(WRC)やダカール・ラリーで活躍していた時代のブランドを再開して愛好者の期待に応えるほか、主力の東南アジア市場でイメージ向上につなげる。

【名古屋】愛知県豊田市は、2023年―25年の3年間に開催する世界ラリー選手権(WRC)で、運営主体としての開催準備を進めるため、補正予算案を12月市議会に提出する。... ...

2022年11月10―13日に愛知県と岐阜県で開かれる自動車の世界ラリー選手権(WRC)の開催エリアなど概要が公表された。... WRCの日本ラウンド「フォーラムエ...

自動車の世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンドとして、2022年11月10―13日に「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」が開かれることが決まった...

自動車の世界ラリー選手権(WRC)最終戦として11月に日本で開催予定だった「ラリージャパン2021」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。... 実行委員会の鈴木賢志会長...

ご存じの方もいると思うが、5Gのミリ波周波数帯が利用可能となったのは2019年の世界無線通信会議(WRC―19)でIMT(国際移動通信)周波数帯にミリ波帯の周波数が特定...

自動車の世界ラリー選手権(WRC)の最終戦として日本で行われる「ラリージャパン」の実行委員会は名古屋市内で会見し、2021年大会の概要を発表した。

グランパスの小西工己社長は「世界ラリー選手権(WRC)でトップを走るGRヤリスのロゴを胸に、ピッチで躍動してほしい」と選手を鼓舞した。

世界ラリー選手権(WRC)など、モータースポーツ向けの競技車両を市販化する「これまでとは逆転の発想」(豊田章男社長)で開発した「GRヤリス」を4日に発売。

新型コロナ/WRC、開催中止 (2020/8/24 自動車)

自動車の世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンドとして開催予定だった「ラリージャパン」の中止が決まった。... ラリージャパンは20年、WRCの最終戦に組み込まれ、愛知県と岐阜県にまた...

【名古屋】愛知県は11月に同県と岐阜県を舞台に開かれる世界ラリー選手権(WRC)「ラリージャパン」を契機に県の魅力を発信する事業を展開する。10年ぶりのWRC国内開催となるラリージャパ...

【名古屋】愛知県豊田市は、同市などで11月に開催される世界ラリー選手権(WRC)の広報・宣伝をねらい、ラリー車(イメージ)を16日から展示する。... WRCの国内開催...

展示ホールには2000年の世界ラリー選手権「WRC」の第14戦ラリー・オブ・グレートブリテンで優勝した「インプレッサWRC2000」のラリーカーを展示。

トヨタ、欧州研究開発拠点の社名変更 (2020/5/8 自動車・ロボット)

これまで世界耐久選手権(WEC)への参戦や、世界ラリー選手権(WRC)でのエンジン供給など、モータースポーツ活動に取り組み、知見を蓄積してきた。

Sansei(横浜市都筑区、尚和直生社長、045・594・3851)は、2020年11月に開催する世界ラリー選手権(WRC)の愛知・岐阜会場に医療コンテナを設置し選手の...

新ラインで生産するGRヤリスは、世界ラリー選手権(WRC)参戦で培ったノウハウを生かして開発した市販のスポーツ車。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン