471件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

独自の4輪駆動(4WD)技術「eフォース」や可変圧縮比エンジンの採用などで、走りの力強さと静かさを両立した。 駆動方式別では購入予定者のうち9割以上が4WDを選択。

4代目となる今回は独自技術「eパワー」や、モーターとブレーキを統合制御する4輪駆動(4WD)技術「eフォース」などの新技術を多数搭載した。

4輪駆動(4WD)仕様車には路面状況などに応じて四つの走行モードをダイヤルで簡単に選択できる「ALLGRIP(オールグリップ)」もインドで初採用した。 ...

エンジンを発電のみに使いモーターで駆動するeパワー向けに同エンジンを改良して過給器を追加し、新型エクストレイルに搭載した。... 前後のモーターとブレーキを統合制御する4輪駆動技術「eフォース」も搭載...

4輪駆動(4WD)モデルも追加設定した。 eパワーはエンジンを発電のみに使いモーターで駆動する。... 4WDモデルでは前後輪のモーター出力を状況に応じて調整。

三菱自動車は9月3―4日に静岡県富士宮市の朝霧高原「ふもとっぱら」で、オートキャンプイベント「スターキャンプ」を開く。... 今回は4輪駆動(4WD)性能を実感でき...

強みの4輪駆動(4WD)技術を生かせるスポーツ多目的車(SUV)やピックアップトラックの販売に集中する。

EVモデル「i7 xドライブ60=写真」は4輪駆動(4WD)で、電気モーターの最高出力は前輪が190キロワットで後輪は230キロワット。

スズキは軽4輪駆動(4WD)車「ジムニー=写真」と小型4輪駆動車「ジムニー シエラ」を一部改良し、7月20日に発売する。... 5速手動変...

サポットは4輪駆動で悪路や傾斜などの不整地、車両が入れない狭い小道などで高い走破性があり、曲がる際の小回りもきく。... 幅は2タイプあり、狭いタイプは建設現場で使用する1輪車と同じ幅606ミリメート...

プラグインハイブリッド車(PHV)と、電気自動車(EV)向けの高精度駆動技術を応用したスポーツタイプのモデルを新たに設定した。 ... EV...

勾配と路面条件の異なる4種類の試験路を整備。電気自動車(EV)や4輪駆動車の走行性能を評価する。... 自動車用ステアリングシステムや駆動ユニット、軸受ユニットの評価を担当。

4輪駆動(4WD)モデルで、前輪と後輪の電気モーターはそれぞれ最高出力190キロワット、360キロワットを発揮する。

新サービス「GRアップグレードセレクション」の「アップグレード」ではエンジン、4輪駆動配分、ステアリングを制御するソフトにより走行性能を向上できる。

4月に半導体などの部品供給不足の影響で、2日操業を停止した。 磐田工場以外にも半導体不足や上海のロックダウンの影響などで、4月では軽自動車「スペーシア」、4輪駆動車「ジムニ...

価格は2輪駆動(2WD)が109万100―145万6400円、パートタイム4輪駆動(4WD)が122万2100―158万8400円(消費税込み)。...

23年にかけ世界市場に相次ぎ投入するSUVの「スモール商品群」にあたり、MX―30に次ぐ第4弾。現行のCX―5より幅が広く、荒地走行に適した4輪駆動を採用している。

5月発売のトヨタブランドのEV「bZ4X」と同じプラットフォーム(車台)を採用するが、操作性や駆動力といった上質な走行性能などで差別化する。... RZの電池容量は71・4キロワット時...

13日にはbZ4Xに搭載した新基幹ユニットをそれぞれ発表。... 前輪駆動車向けの150キロワット仕様と4輪駆動車向けの80キロワット仕様の3機種を開発した。 ... デンソーはbZ...

初年度の販売目標は5000台で、価格は前輪駆動モデルが600万円、4輪駆動モデルが650万円(ともに消費税込み)。... EVでは車載電池が車両コストの3―4割を占め、EVビジネスの採...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン