573件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

6軸ロボットと合わせた価格は従来と同等の約400万円(消費税抜き)。従来品比2割増の年間1万2000台の販売を目指す。 ... 上位生産システムと連携してロボットの稼働状態を可視化す...

その上で、タイ政府が産業高度化政策として進めている「タイランド4・0」の実践の場となっているバンコク郊外の東部経済回廊を、日本では規制などによって行えない実証実験の場として、積極活用してほしいと主張し...

「インダストリー4・0(第四次産業革命)」に対応した広範なソリューションパッケージで、2022年末の完工を目指す。... 年産能力は450万トン。幅720ミリ―1780ミリメートルのコイルを生産する。...

工作機械に要求される知能化技術 (2019/7/24 特集・広告)

名古屋大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 准教授 鈴木 数和 マスカスタマイゼーションに期待  ド...

そこで両国では、政府が揃(そろ)って「インダストリー4・0」政策を打ち出している。... 今回はこのASEAN4・0に対する日本企業の役割期待について考えてみたい。 ... 日本企業...

東京都立産業技術研究センターは4日、中小企業との技術マッチングイベント「TIRIクロスミーティング2019」を都産技研本部(東京都江東区)で開幕した。... 高口氏は、工作機械やロボット・射出成形機な...

自動車産業が直面する100年に1度の革新―。... これに対し、量子アニーリングマシンを用いた実証では、10―20台のAGVを状況に応じてリアルタイムに制御した。... 工場間を結び最適化すれば『イン...

例えば、米化学メーカーはアスペンテクノロジーの故障予兆診断技術「Mtell(エムテル)」をコンプレッサーに組み込み、「問題が発生する30―60日前にわかるようになった」(ジョン・ヘイグ上級副社長)とい...

アールエスコンポーネンツ(横浜市保土ケ谷区、横田親弘社長、045・335・8888)は、電子部品が主力となっている通販事業で産業機器を拡充する。... IT活用による効率的な生産体制を目指す「インダス...

なぜなら2050年までに日本の総人口に占める生産年齢人口の比率が、現在の51%になると見込まれているからだ。 ... 近年ではドイツが「インダストリー4・0」のスローガンの下、ロボッ...

インダストリー4・0に向け、投資によってさらにロボティックスやデジタル分野の産業を強化する」

ただ、00年以降は国内総生産(GDP)がほとんど伸びていない。... その上で製造業の文脈で言えば『スマート工場』と『インダストリー4・0』は別物と理解すべきだ。... 神奈川県出身、49歳。 ...

ベンチャー・グロース投資グループは約40人のフロントメンバーを抱えており、日本のロボット・人工知能(AI)ベンチャー企業の過半は、直接・間接問わず、交流があると確信している。 ......

4階建てで500人が勤務できる。... 【人材流出歯止め】 入居企業で最大となる250人の進出を計画するアクセンチュアの江川昌史社長は「旧態依然としたモデルとは違う」と強調する。.....

電機・エンジニアリング大手のドイツ・シーメンスが、自社の最先端デジタルファクトリーに「インダストリー4・0」関連の自社システムを多数導入し、多品種フレキシブル生産、不良率低減、生産性向上といった成果を...

IoTの先、見通す欧米勢 【したたかに戦略的「破壊」】 最初にドイツのハノーバーメッセに訪れたのは3年前、当時の会場はインダストリー4・0一色で埋め尽くされ、そのス...

ドイツはインダストリー4・0をもとに、スマートファクトリー化を進める。... 2020年から日本を含む全世界に展開予定という「インダストリアル・エッジ」は、各生産データをクラウドに上げる前にエッジ(末...

2020年度の事業化を目指す。 すでに1月から、シックスアイのラン・ポリアキン社長とインダストリー4・0向けのAIを共同開発しており、今回、連携をさらに強めた格好だ。 ...

まず、ロジスティクス4.0とは何か。ドイツ政府が製造業のデジタル化あるいは更なるコンピューター化を目指し提唱した考え方に「インダストリー4.0」がある。それに呼応し、昨今ロジスティクス領域においても同...

工場で進む「インダストリー4・0」、スマート化に重要な役割を持つ。 ... それが、INCJが2018年4月に出資した、東京工業大学発で超高精度検査機を製造・販売している光コム(東京...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる