電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

77件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.162秒)

同商工会の上野会長は、中国とタイに進出しているノイズフィルターコイルメーカーであるウエノ(鶴岡市)の社長。

ノイズフィルターコイルメーカーのウエノ(山形県鶴岡市、上野隆一社長、0235・64・2254)は、自社開発した次世代コイル「ウエノコイル」の普及に力を入れている。... もう一つは、海...

【山形】ウエノ(山形県鶴岡市、上野隆一社長、0235・64・2254)は、自社開発した高性能なノイズ除去コイル「ウエノコイル」生産の完全自動化に乗り出す。... 全自動化の推進により、...

アールテック・ウエノは毎年3月末時点の株主数に連動した社会貢献活動(寄付)を始める。... アールテック・ウエノは、眼科と皮膚科のアンメット・メディカル・ニーズ(未充足治療ニー...

【中小企業庁長官賞】▽超高張力鋼自動車部品の製造技術開発(ベルソニカ) 【機械振興協会会長賞】▽次世代コイル自動巻線システムの開発(ウエノ)▽配管内を...

【山形】ウエノ(山形県鶴岡市、上野隆一社長、0235・64・2254)は、自社開発した高性能なノイズ除去コイル「ウエノコイル」の生産で、タイ工場の操業を始めた。... 現在はウエノコイ...

アールテック・ウエノの緑内障・高眼圧症治療薬「レスキュラ点眼液0・12%」(一般名イソプロピルウノプロストン)は、1994年発売のロングセラー。

その常識を吹き飛ばすのがアールテック・ウエノだ。... アールテック・ウエノの売り上げの大半はこの2製品の製造販売による。

アールテック・ウエノは慶応義塾大学などと連携し、パイプライン(新薬候補物質群)の対象領域を眼科と皮膚科だけではなく、全身疾患のアンメット・メディカル・ニーズ(有効な治療法が存在...

アールテック・ウエノは東北大学大学院の永井展裕助教によるラットを使った研究発表により、眼の網膜色素変性治療薬として開発中の化合物「ウノプロストン」(開発コードUF―021)の点眼頻度を...

経済産業省による「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれたウエノ(山形県鶴岡市)の上野隆一社長が自社の海外展開について紹介するほか、グローバル経営について意見交換する。

アールテック・ウエノは眼の網膜色素変性治療薬として開発中の化合物「ウノプロストン」(開発コードUF―021)について、加齢黄斑変性治療薬用に本格的に開発する新薬候補(パイプライ...

電気・電子部門において東北地域で唯一、選ばれたのがノイズフィルターコイルメーカーのウエノ(山形県鶴岡市、上野隆一社長、0235・64・2254)だ。 ... 2012...

■機械・加工 ▽ダイナックス(北海道、自動車用クラッチ・パックなど) ▽東和電機製作所(北海道、漁師のノウハウをシステム...

ノイズフィルターコイルメーカーのウエノ。最近では自社開発した次世代コイルとなる「ウエノコイル」の普及に力が入る。... 「ウエノコイルはノイズ防止特性が高い。

アールテック・ウエノは3日、臓器移植後に生じる合併症「移植片対宿主病」(GVHD)の予防・治療法について、慶応義塾大学と共同研究を始めると発表した。... アールテック・ウエノが重症ド...

【アールテック・ウエノ常務 林直氏】 研究開発型ベンチャーとして新薬創製に力を入れる一方、兵庫県三田市の自社工場で医薬品を製造するメーカーとしての顔も持つアールテック・ウエノ...

アールテック・ウエノは開発中の網膜色素変性治療薬について、希少疾病用医薬品の指定を目指す。

アールテック・ウエノは重症ドライアイの治療用に開発中の点眼液について、米国で第2相臨床試験に着手した。

アールテック・ウエノが開発中の網膜色素変性の治療薬「ウノプロストン」(一般名)について第2相臨床試験を行った千葉大学の研究者が、中旬に中国重慶市で開かれた国際臨床視覚電気生理学シンポジ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン