281件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

奈良先端科学技術大学院大学は富士通研究所や富士通、東京大学、科学技術振興機構と共同で、炭素材料グラフェンを使い、省電力で動作するリボン状半導体材料「アームチェアエッジ型グラフェンナノリボン(GNR)=...

筒状炭素分子「カーボンナノチューブ(CNT)」やシート状の炭素材料「グラフェン」などのナノカーボンに炭素以外の元素を埋め込むと物性を大きく変えられるため研究が進んでいる。

カーボンナノチューブ(CNT)やグラフェン、セルロースナノファイバーや金属ナノ粒子など、ナノ材料の種類は多岐に広がり、それらを用いた機能性材料も数多く実用化されるなど、特別な存在ではなくなりつつある。

グラフェンは銅の3倍に相当する1メートルケルビン当たり1200ワットの熱伝導率を持ち、かさ密度が4分の1なのが特徴。... インキュベーション・アライアンスはグラフェンを原料に特殊な成形方法でのグラフ...

磁石の性質を持つ電子スピンの向きをそろえる性質と伝える性質を持つ、合金とグラフェン(炭素シート)の積層材料を作製。... 研究グループは、電子スピンの向きをそろえる性質に優れたホイスラー合金と、スピン...

消費エネ100分の1で動作 NTTと東工大が全光スイッチ (2019/11/27 電機・電子部品・情報・通信1)

プラズモニック導波路と呼ばれる、幅と長さが数十ナノメートル(ナノは10億分の1)級の光導波路の上面にグラフェンを貼り付けることで実現した。 ... グラフェンは、この物質の応答速度を...

試料表面の原子配列を高感度で調べられる「全反射高速陽電子回折法」を使い、グラフェン層とグラフェンに似た別の炭素層の間にCa原子を挟み込んだ構造となることを明らかにした。... パワーデバイス材料である...

黒鉛はグラフェンが層状に積み重なった構造であるが、2004年に黒鉛の1層を粘着テープで剥離することで1原子層のグラフェンが単離された。... その結果、メタンを原料として銅箔(はく)上に1000度C程...

層状構造のグラフェンを30度ねじり重ね合わせることで固体の第3の状態と言われる「準結晶状態」を実現。... グラフェンは厚さが原子1層分のシート状の炭素材料で、熱伝導や電気伝導に優れている。 ...

姫路信金、ケニックスなど3社の研究助成 (2019/8/1 中小企業・地域経済1)

【姫路】姫路信用金庫(兵庫県姫路市、三宅知行理事長、079・288・1121)は、2019年度の「ひめしん研究開発支援助成金」の助成企業に、グラフェン成長用減圧熱CVD(化学気相成長)装置の開発に取り...

輝け!スタートアップ(7)スペースリンク (2019/7/18 中小・ベンチャー・中小政策)

同社はキャパシタの電極にCNTとグラフェンを独自の比率で配合した複合材料を使ったデバイス「グリーンキャパシタ」を開発した。

GNRはグラフェンをナノメートルサイズの幅に切り出した帯状物質であり、導電性や半導体性といった性質が長さと幅、構造に依存する。グラフェンなどを電子線やレーザーで切断して作るが、長さと幅、構造が制御でき...

岡山県、次世代産業研究で6件選定 (2019/6/4 中小企業・地域経済1)

▽ウィンゴーテクノロジー(岡山市北区)=次世代パワー半導体デバイス用高放熱ポリイミドナノファイバー材料などの商品化▽ダイヤ工業(同南区)=人工知能を利用し最適歩行を制御するパワーアシストウエアの開発▽...

出資に加え、ロボットのシステム構築の視点からMIつくばのグラフェン蓄電デバイスの開発を支援する。

カーボン材料は非常にシンプルな材料でありながら、カーボンナノチューブ、グラフェンなど構造に応じて実に多彩な特性を示す。

白金を使わない触媒では従来、鉄やコバルトなどの金属とグラフェンやフタロシアニンを用いたものがあるが、長時間の使用で金属が溶出するなど耐久性が問題となっていた。

マクセル、ワイヤレスカナル型ヘッドホン ブルートゥース対応 (2019/2/25 電機・電子部品・情報・通信)

マクセル(東京都港区、中村啓次社長、03・5715・7031)は、近距離無線通信規格「ブルートゥース」対応のワイヤレスカナル型ヘッドホン「MXH―BTGD50=写真」を「グラフェン」シリーズに追加し、...

FAJS、日豪共同研究助成事業 第1号に東大など決定 (2019/1/22 素材・ヘルスケア・環境)

助成第1号となった脇原准教授、山内教授らの研究では、炭素原子を単層のシート状に結合させた「グラフェン」と鉱物のゼオライトを使って多孔状の吸着材を作成する。

JNC、負極材添加剤の共同開発社に出資 (2018/12/4 素材・ヘルスケア・環境)

JNCと米NanoGrafは2015年度から、層状構造のシリコンとグラフェンの複合技術を用いた負極材料添加剤の研究開発を進めている。

青山学院大、JSTの技術説明会に参加 (2018/11/30 科学技術・大学)

材料分野では、理工学部電気電子工学科の黄晋二教授が「炭素原子1層のグラフェンで作製した透明なアンテナ」を発表。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる