電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

452件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

三和HD、住宅向け電動門扉開閉器を米に投入 (2024/1/22 生活インフラ・医療・くらし)

三和HDは2024年度までの中期経営計画で、日米欧でコア事業であるシャッター・ドア事業の強化・領域の拡大を掲げており、住宅向け・非住宅向けの両方で品揃えの拡充と提案力を強化している。 ...

次期中計はこれから検討するが、私の社長就任(18年)以降は新規事業や(ロボティクスなどの)成長事業への投資に取り組んできた。... 次期中計ではそれらコア事業の競争力を...

AGC、医薬製造受託で攻勢 日米欧3極連携で成長 (2023/12/28 素材・建設・環境・エネルギー)

スペイン拠点拡充、欧米市場開拓 AGCが医薬品の開発・製造受託(CDMO)事業での投資を加速している。... (狐塚真子) ...

挑戦する企業/キリンHD(11)財務戦略で成長分野強化 (2023/12/26 生活インフラ・医療・くらし)

既存の重点事業の利益を高めて安定配当しながら、キャッシュフローを成長分野であるヘルスサイエンスに回していく。 ... 22年の中国・清涼飲料合弁の解消でノンコア事...

ニュース拡大鏡/富士通、新光電気を売却 “経営改革”新段階へ (2023/12/19 電機・電子部品・情報・通信1)

中核事業に位置付けるサービスソリューションは25年度に調整後営業利益率15%(22年度実績8%)を目標に据えており、新光電気の売却により、中核事業へのシフトによる成長戦...

1月から事業化に向けて行っていた実証実験で、ウガンダで構築した事業モデルがタンザニアでも機能すると確認できた。 同事業では注文情報や宅配履歴を、クーリメイトが開発した専用の情報システ...

主力の資源事業が脱炭素で転換期を迎え構造改革を託される中、5月には堀社長体制下で初の策定となる中期経営計画を公表した。 ... 天然ガスや再生可能エネルギーの既存事業群には水素・アン...

モーターコア事業は30年度売上高で22年度実績比3倍以上の300億円超を目指す。 ... 現在、メキシコでは生産子会社「ニッパツメキシコ=写真」が懸架バネ工場の一部でモーター...

LIXILの4ー9月期、事業益43%増 (2023/11/1 生活インフラ・医療・くらし1)

欧州の市況悪化による海外水回り事業が8億円の赤字(前年同期は98億円の黒字)だったのを、建材事業がカバーした。 ... 瀬戸欣哉社長は「ノンコア事業の資産売却により帳...

工場廃液のリサイクルをコア事業とするダイセキは、1958年の設立以来、創業者の伊藤治雄氏が定めた経営理念を受け継ぐ。... 時代の変化に合わせて、新しい事業の立ち上げを検討する際にも経営理念の教えは大...

造船・機器メーカー連携推進 三井物産は船舶の推進力や発電の設備を統合的に設計するシステムインテグレート事業に資本参画する。... 同社は中期経営計画で、成長分野のコア事業と周辺領域の...

NEC、社会インフラで稼ぐ 宇宙・通信など新事業育成 (2023/10/12 電機・電子部品・情報・通信2)

3領域の事業連携を強め、衛星間通信の広帯域化や、内閣府が策定した「宇宙安全保障構想」に沿った研究開発の促進など、宇宙事業のデジタル変革(DX)に挑む。... 日本の安全保障を支えるのが...

ニュース拡大鏡/商船三井、洋上風力への進出加速 (2023/10/11 生活インフラ・医療・くらし)

相次ぎ連携、浮体式を“将来の核”に 商船三井は浮体式洋上風力発電の設備メーカーや発電事業者との連携を加速する。... 商船三井は洋上風力発電の支援などの事業を将来のコア事業に育てる方...

リケンNPR、次世代コア創出 リケン・日ピス、来月統合 (2023/9/29 自動車・モビリティー)

脱炭素化を背景に市場縮小が予想される自動車エンジン部品事業では効率化を図り、次世代のコア事業に経営資源をシフトする狙い。... 統合により既存事業を効率化しキャッシュフロー創出力を強化。... 製造部...

米国はマサチューセッツ州、日本は東京都江東区に事業拠点を置く。 新会社は福島県立医科大学医療-産業トランスレーショナルリサーチセンターと連携して事業を展開する。... 医療分...

業界5位のロジスティードは荷主企業の物流業務を一括受託するサードパーティー・ロジスティクス(3PL)事業を得意とする。... 北米や欧州はM&A(合併・買収)に...

産業再生機構の支援を要請しコア事業の住宅事業に集中することで財務基盤が改善。... 営業出身の竹中氏は、新築戸建の先細りを見込み、マンション事業など住宅分野の事業を多角化した。... 就任とともに事業...

日産は08年のリーマン・ショック後の不況時に、業績悪化を受けたリストラ策として人員削減やコア事業への集中を進めた。

DXとサステナ経営命題 AGCは2016年に既存事業を「コア事業」成長事業を「戦略事業」と定義し、以来「両利きの経営」を推進している。両利きの経営とは、コア事業で安定的に稼ぎつつ、将...

東京都中小企業振興公社多摩支社はオープンイノベーション志向の大手企業開発部門などと、都内中小企業をマッチングする支援事業の通年実施を始めた。中小企業の「随時マッチング」エントリーにはコア事業などを記載...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン