3,104件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

コンクリひび割れ、微生物で閉塞 戸田建、自社施設に初適用 (2020/12/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

コンクリートに発生したひび割れを、微生物の代謝活動で補修する技術。... 同技術は、微生物とその養分の乳酸カルシウムをコンクリートに事前に添加することで、コンクリートにひび割れが発生すると、酸素と水が...

耐久性に優れた鉄骨造り軽量気泡コンクリート(ALC)張りガリバリウム鋼板を採用した平屋建て。

道路橋を長寿命化 国総研、ノウハウ集作成 (2020/12/4 建設・生活・環境・エネルギー)

日本橋梁建設協会、プレストレスト・コンクリート建設業協会、建設コンサルタンツ協会、土木研究所とも協力し、既に知られているノウハウだけでなく実験などを行い新しい提案を出した。

三井住友建、プレキャスト床版の新接合工法開発 配筋作業を省力化 (2020/12/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

鋼繊維を混入した自社開発の超高強度コンクリート「サスティンクリート」を採用したことで、ループ鉄筋と直角方向への補強鉄筋の配筋作業が不要になるほか、接合部幅が約4割縮まったためコンクリートの打設量を大幅...

計画では、コンクリートに高炉スラグ微粉末を使用する割合は地下躯体が70%、地上躯体が20%。これにより、建物全体に打設するコンクリートの製造過程で発生するエンボディド・カーボン(建築時の総排出二酸化炭...

フジタ、東大などと高不燃性サンドイッチパネル開発 (2020/12/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

サンドイッチパネルはコンクリート壁などに比べて軽量で、工期が短く施工時の省力化にも貢献する建材。

清水建、3Dコンクリプリント装置 来春柱型枠に適用 (2020/11/30 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は独自開発した3次元(3D)コンクリートプリント装置を使って製造した柱型枠を、2021年春にもに現場に適用する。... プレキャスト(事前に工場などで製造する)コンクリートに使う柱型枠に適用し...

清水建、プレキャスト構造体の鉄筋量40%減 トンネル工事用 (2020/11/25 建設・生活・環境・エネルギー)

従来のPCa部材に比べて、鉄筋量を最大40%減、コンクリート量を10%削減し、製作費全体では約15%低減する。

極東開発工業は26メートル級ブームを搭載し、圧送能力を大幅に高めた大型のピストン式コンクリートポンプ車「ピストンクリートPY120B―26D=写真」を24日に発売する。

ダイクレ、滑り止め付き側溝ふた発売 自転車など転倒防止 (2020/11/24 機械・ロボット・航空機1)

高速道路会社などが採用しているアスファルトやコンクリートの滑り抵抗値(BPN)で、従来品より5ポイント高いBPN40相当まで引き上げた。

JX金属、豊羽鉱山の環境保全を推進 (2020/11/23 素材・医療・ヘルスケア)

処理原水は処理場までの間、白井川の上を横断するため、万一でも外部に漏水しないよう原水の配管をコンクリートで囲う二重構造にした。

コンクリートの内部亀裂などを確認する打音検査や、インフラ設備・工場プラントのひび割れなどの壁面検査、高層ビル・商業施設の窓拭き業務などを想定。... コンクリート製造設備や仮設足場、産業用コンベヤーな...

ロボットがコンクリートや木くず、樹脂といった材質ごとに仕分けを行う。

スペースシャトルではケネディ宇宙センターのコンクリート滑走路に着地し、ソユーズはカザフスタンの砂漠地帯に降り立った。

三井住友建、コンクリポンプ圧送を自動化 (2020/11/11 建設・生活・環境・エネルギー2)

三井住友建設はトンネル工事の覆工コンクリート配管切替工事を自動化するシステム「自動de覆工=写真」に、コンクリートポンプ圧送の自動化機能を追加した。

大林組、型枠作業を自動化 省人化・施工速度4倍 (2020/11/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

同システムはタブレットでコンクリート型枠のスライド作業を全自動で行うため、型枠作業を従来の5人から1人に省人化でき、施工速度も4倍に向上した。

ERBは5―25メートルの短橋梁架設に適した建設技術で、鋼構造とコンクリート構造の組み合わせで高耐久性と低コスト化を実現。

GPS精度が低下するコンクリート三面張りの護岸でも点検画像を取得できた。

経営ひと言/セメント協会・小野直樹会長「優位性を再評価」 (2020/10/30 建設・生活・環境・エネルギー)

近年、セメントが原料のコンクリート舗装に関し「ライフサイクルコスト(LCC)や環境面の優位性が再評価されるようになってきた」と語るのは、セメント協会会長の小野直樹さん。 ... 「1DAY P...

同社は40年前から無線操作装置の開発に取り組んでおり、コンクリートポンプ車やクローラダンプ、水陸両用車などで実用化している。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる