50件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

日立製作所は英国の鉄道車両保守拠点(デポ)に、モノのインターネット(IoT)技術を導入する。IoTを使って走行データをデポに集め、故障の因果関係を調べる「フォルトツリー解析」で分析。... 日立はIE...

国内では顧客拠点近くに設けた各デポ(倉庫)へ海外からいったん運び、ここでトラックに積み替えて配送。デポから顧客拠点にはトラック定期便で届け、1日当たり210便の4トンもしくは10トンのトラックが全国を...

これまで埼玉・桶川と神奈川・秦野を東日本地区、兵庫・神戸と関ヶ原を西日本地区の基幹センターとし、デポやセンターを配置していたが、東日本地区は今後東松山を加え3基幹センター体制にする。 ...

5月初旬に東日本地区の基幹センターとなる埼玉・東松山商品センターの開設を契機に、全国の商品センター間、商品センターとデポ間の配送時間を短縮する。

米投資会社スターボード・バリューは米事務用品小売り1位のステープルズ株の保有と同2位のオフィス・デポ株の買い増しを公表した。... FTCは昨年、オフィス・デポと同業オフィスマックスの合併を条件を設け...

【イチから構築】 具体的な取り組みとして挙がっているのは、日米欧へのデポ(整備などの拠点)の設置。

デポに送る容器は「バブ基地」と呼ぶ集中充填工場で充填する。

デポは中国やシンガポール、オランダなど海外5カ所に設置しており在庫管理システムを導入済み。... 海外ではシンガポールとオランダのデポにWMSを採用済みで、15年内にも中国のデポに導入する計画。...

それまでは各工場から港までトラック輸送していたが、物流コストの削減を狙い各工場近くのデポ(配送拠点)から鉄道を使い輸送する手法に切り替えた。

さらに全国30カ所以上に小口配送拠点「デポ倉庫」を配置していた。... デポ倉庫を減らすため鎌倉の工場を含めた自社4工場の空きスペース活用を決めた。さらに売り上げ規模を精査し、支店とデポ倉庫の統廃合を...

タンクを洗浄する自社施設(デポ)を国内4カ所とマレーシアに1カ所保有。

ここから首都圏に8カ所ある無人の中継配送所(デポ基地)にトレーラーでボンベを輸送する。... デポ基地もさらに6カ所程度増やす予定。

顧客の導入コストは「配送の規模によっても異なり、地方だとデポを新設する費用もかかるが、数億円もあれば良いものが導入できる」(和田眞治社長)としている。

県内の国際物流の効率化を促進するため、発着地の空港や港湾での通関の手続きなどの手間を省く内陸通関拠点(インランド・デポ)として機能した。

オフィス・デポ・ジャパン(横浜市中区、細谷武俊社長、045・228・7640)はオフィス用品や文具、事務用品の通販。

筑波工場周辺に、複数の船会社が兼用できるデポ(貨物保管所)を新設。

物流を効率化したいクボタは、筑波工場から5キロメートル離れた場所に約6000平方メートルのスペースを確保し、独自のデポを新設した。 ... 新設のデポからコンテナ調達ができれば、空コ...

オフィス・デポ・ジャパン(東京都品川区、細谷武俊社長、03・5750・8900)は、楽天が運営する宅配の総合サイト「楽天デリバリー」に出店した。... オフィス・デポ・ジャパンはカクヤス傘下でオフィス...

オフィス・デポ・ジャパン(東京都品川区、細谷武俊社長、03・5750・8900)は、都内に開設した初の個別宅配の配送拠点で営業の強化に乗り出した。... オフィス・デポ・ジャパンは宅配便などが主流の文...

オフィス・デポ・ジャパン(東京都品川区、細谷武俊社長・03・5750・8900)は15日、クイック・デリバリー・サービスの拠点を2013年3月期をめどに都内に10カ所以上の開設を目指す方針を明らかにし...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる