122件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

【京都】SCREENホールディングスは、ドナー臓器の長期保存と機能再生を行う臓器灌流(かんりゅう)システムの実用化に向け、2種類の器具を慶大医学部と開発した。低温状態のドナー臓器移植時に温度上昇で臓器...

日本板硝子、室内光不要の抗菌ガラス 米で来年前半投入 (2019/6/27 素材・医療・ヘルスケア)

新製品の投入により、「グローバルに展開する企業として、健康分野に注力することでESG評価を高めたい」(建築用・高機能ガラス事業部門のスティーヴン・ワイドナー営業・マーケティング本部長)考えだ。 ...

自動運転技術が確立されれば運転が不要となり、「次世代の自動車は動くリビングルームになる」(建築用・高機能ガラス事業部門のスティーヴン・ワイドナー営業・マーケティング本部長)。... 同社は「ダイナミッ...

酒井准教授らが実施する治験では、米国のドナーから採取した椎間板随核前駆細胞を患者の椎間板に移植する。

重度の心疾患では心臓移植が不可欠になるケースも多いが、ドナー不足が深刻だ。

角膜移植のドナー不足解消も期待される。「ドナーからの角膜移植は歴史も長く、非常に重要だ。

重症の患者にはこれまで角膜移植する治療が行われてきたが、ドナーの数が不足しているなどの問題があった。

ただ患者とドナーが適合しても、ドナーは移植前後で8回前後、医療機関に出向く必要があるうえ、移植手術の際は3泊4日程度入院する必要があり、個人での対応には限界がある。... 骨髄ドナー登録の流れはこうだ...

その上で来年度から、日本骨髄バンクの企業に対する「ドナー休暇制度」の普及啓発活動を支援する考えを示した。... 首相は「若年層のドナー増加が重要だ」と指摘。インターネット交流サイト(SNS)の活用や、...

伊藤忠商事、ベルギー再生医療VBに出資 (2018/12/28 建設・エネルギー・生活)

プロメセーラは健常人ドナーの肝組織由来の再生医療用細胞製品(他家・細胞医薬品)を開発している。

この患者は自身の免疫細胞が他人から輸血した血小板を破壊する場合があり、血小板の型が一致する提供者(ドナー)からの輸血が不可欠。 京大の江藤浩之教授は「ドナーが見つからない場合や、自分...

現在多用されているドナー材料は精製が難しい。そこで、精製の簡単なドナー材料をコンセプトにポルフィリン化合物に着目。

ふ化した幼虫を成虫まで育てるとドナー由来の斑紋を持ち、卵巣の凍結保存を確立した。

GVHDは、細胞提供者(ドナー)から移植した造血幹細胞が患者に定着してきたときに、ドナーの免疫細胞が患者の体を異物と認識するために起きる。

出澤教授は「2050年にはドナーから採取したMuse細胞の大量培養技術が確立され、慢性疾患や希少疾患に点滴で投与する治療法が普及する」と将来の再生医療を語る。

ドナー角膜の移植に代わる汎用性の高い治療として期待される。 患者の病的角膜内皮を除去した後、前房(角膜と水晶体の間)にドナー由来の培養角膜内皮細胞100万個(1例は50万個)を注入。

■血液ポンプを知能化・機能化 【永久使用が目的】 重度心疾患患者に対する治療として、臓器提供者(ドナー)の心臓を患者へ移植する心臓移植が行われているが、ドナーは慢性...

ただ、最適な臓器提供者(ドナー)を待つまで3年以上がかかり「移植まで長い道のり」(同)だ。

渋谷工業、ベルギーの再生医療VBと提携 (2017/10/16 機械・ロボット・航空機2)

プロメセーラは健常人ドナーの肝組織由来の再生医療用細胞製品を開発。

研究では単純な構造の二つの有機分子(電子ドナー材料と電子アクセプター材料)を混合するだけで蓄光発光した。混合物は、光を吸収すると電子ドナーから電子アクセプターへ電荷の受け渡しが起き、電荷分離状態が形成...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる