115件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

 中性子星とブラックホールの合体により生じた重力波を初めて観測した可能性があると、米国とイタリアにある観測装置を運用する二つの国際チームが3日までに合同で発表した。... LIGOでは2015年9月に...

ブラックホールは巨大な重力で光も閉じ込めてしまうため、直接的な観察は難しかった。... 今後、ブラックホールの多くの現象が分かってくるだろう」と期待を込めた。 ... 菅義偉官房長官...

巨大ブラックホールは銀河の中心にあり、質量が太陽の100万倍から100億倍もある。 ... ブラックホール自体は直接観測できないが、周囲では物質が猛烈な勢いで渦巻くように流れ込むため...

新学術領域研究「重力波物理学・天文学:創世記」 17日14時からまちなかキャンパス長岡(新潟県長岡市)で、市民講演会「重力波物理学・天文学の展開〜ブラックホールをめぐる宇宙の謎〜」を開く。

ガンマ線観測を通じて高エネルギー天体を発見、宇宙線の起源や暗黒物質の探索、ブラックホールの研究につなげる。

東宝によると、ブラックホールなどの周りでガンマ線粒子がジェット状に光を放つガンマ線バースト現象が、ゴジラが吹く放射熱線に似ているのが理由だという。

核力の根源的理解が進めば、謎に包まれている高密度天体「中性子星」の内部構造や、中性子星連星が合体してブラックホールになる過程の解明が進み、素粒子、原子核、宇宙にまたがる「宇宙核科学」という研究分野が花...

(冨井哲雄) 【時空の歪み】 ブラックホールなどの巨大質量を持つ天体が動くと時空(時間と空間)が歪(ひず)み、重力波となって伝わる。... ブラックホールの誕生の瞬...

重力波望遠鏡は、二つのブラックホールが合体するなどで発生する時空(時間と空間)の歪みを観測するための装置。

1分以内にあらゆる方向の天体を観測する機動性があり、ブラックホールができる際の爆発とみられる「ガンマ線バースト」や、恒星の表面で起きる巨大な爆発現象「スーパーフレア」など、宇宙で起きる突発現象の直後の...

巨大ブラックホールを持ち強いガンマ線を出す銀河系外の天体が、高エネルギーニュートリノとその元となる宇宙線の放射源天体であることを突き止めた。

ブラックホールや中性子星などの高エネルギー天体ではなく、同連星のような普通の星が高エネルギー粒子を作り出すとは予想していなかったという。

直径200キロメートルのブラックホールの周囲を1億度C以上のプラズマ水素である「コロナ」が取り巻いた構造であることを明らかにした。ブラックホールの特性や周囲に及ぼす影響などの解明が期待される。 ...

博士の声、ブラックホールへ発信 【ロンドン=時事】3月に76歳で死去した「車いすの天才宇宙物理学者」スティーブン・ホーキング博士の追悼式が15日、ロンドンのウェス...

【電子版】先週の注目記事は? (2018/5/2 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(4/23~4/29) 1位 マツダ「CX―3」が大型化 19年モデルから1800ccに 2位 三菱航空...

東京大学の研究グループは、宇宙にあるブラックホールや半導体内の電子などさまざまな物理現象を「量子もつれ」で説明する理論を構築した。

暗黒物質は質量が太陽の数十倍あるブラックホールから構成されているとの説は、正しくないことが分かったという。

1974年に最大の業績である「ブラックホールの蒸発理論」を発表。量子論を考慮すると、ブラックホールの表面から粒子が放出されて蒸発するとした。... 博士が『ブラックホールの蒸発理論』を学会で提唱した際...

ホーキング博士は、量子力学や一般相対性理論などを駆使して、1960年代後半にブラックホールの存在を示したほか、83年には宇宙の始まりを解明する「無境界境界条件」論を展開するなど、新しい宇宙理論を提唱。

国立天文台や台湾中央研究院などの研究グループは、銀河とその中心部に潜むとされる超巨大ブラックホール(BH)が影響を及ぼし合って成長するという既存仮説では説明できない現象を発見した。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる