1,228件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

展望2020/富士電機社長・北沢通宏氏 インド事業、300億円も可能 (2020/1/23 電機・電子部品・情報・通信2)

―主力のパワーエレクトロニクスシステム部門では、2019年にインドの電源装置大手を買収しました。 ... 19年度は新しい中期経営計画の初年度で、18年度まで業績は右肩上がりに来てい...

片足をブレーキに置きながら、アクセルをいつでも踏めるように対応していく。 ... 人手不足に対応するため、人工知能(AI)などで得たデジタル情報を用いて人のいないシステムに変えたい。...

一つのエンジンが走行用、作業用を兼ねるシングルエンジンシステムでメンテナンスコストも削減する。 ... 国産オールテレーンクレーンとしてアンチロックブレーキシステム(ABS)を初めて...

展望2020/三菱電機社長・杉山武史氏 5G関連でFA事業復調 (2020/1/7 電機・電子部品・情報・通信1)

足元のFAシステム事業は第5世代通信(5G)や半導体関連で受注が少し上がってきている。... 20年度のどこかで25年度の中期計画を発表したい」 【記者の目/次の成長へ種まきの時期】...

どこかでブレーキを踏む仕組みが必要なのでは」 ―自動車業界に迫るCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)への対応をどう見ますか。 ... それはシス...

(愛知県清須市) 日比野鍍金工業所社長・日比野愛氏/講習など人づくり重視 (1)オリンピック後の見通しは悪いと言われているが、メーンで加工してい...

令和も多彩 国内新型車 (2020/1/3 自動車)

ハイブリッド車(HV)システムも新たに開発して、燃費はクラス世界トップレベルのガソリン1リットル当たり36キロメートル(WLTCモード)を達成した。 ... HVモデルには、2モータ...

衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)やペダル踏み間違え時急加速抑制装置などを搭載した「サポカー」限定免許制度の創設を検討する。... また、第5世代通信「5G」の後継にあたる「ポスト5G」に必要な情報...

群馬製作所では、無資格の従業員が完成検査に携わっていたほか、排ガス・燃費測定値を改ざんしていたこと、最終組み立て工程後に実施する完成車の全数検査のブレーキや舵角検査などで不正行為をしていたことが判明し...

運転支援用の半導体を手がける中で生まれた、高精度地図情報の収集システムや理論などをMaaS事業に応用する考え。 ... そのため、個人が所有する車はステアリング操作とブレーキ、アクセ...

未来への投資では、高齢ドライバーの事故対策や「ポスト5G」向けシステムの開発、超スマート社会「ソサエティ5・0」関連の施策を推進する。 高齢ドライバー対策については、自動ブレーキを搭...

JR九州、香椎線でATO運用 まず運転士乗車型 (2019/11/29 建設・生活・環境・エネルギー)

ATS車上装置に自動運転用の演算システムを付加した。... 駅構内に定位置停止装置(TASC)の地上子を設置済みで、決められた停止・減速パターンに沿って自動でブレーキ制御する。

パワートレーン、ステアリング、ブレーキなどを統合制御することで、システムの効率化や走りに合わせた駆動力制御などを実現する。

「ストロング型」のHVシステムに注力してきた日本メーカーで広がる、マイルドHVシステムの需要に対応する。 ... コンチもマイルドHVシステムが日本メーカーに採用される見通しだ。.....

車両の緊急ブレーキは作動しない仕様になっていた。NTSBは、運転席にいた管理者の注意がスマートフォンに向いており、道路環境や自動運転システムの監視を怠ったことが事故の直接的な原因と指摘。... 自動運...

これらは各種産業機械や搬送装置、ビルシステム、発電設備、工作機械などに搭載されており、エンドユーザーは多岐にわたる。... 規制対象は単一速度三相かご形誘導モーター(出力0.75キロ~375キ...

新型スーパーグレートはハンドルの操作や加減速をシステムが担う「レベル2」の自動運転技術を搭載し、安全機能を拡充した。「アクティブ・ドライブ・アシスト」といった機能でアクセルとブレーキ、ステアリングを安...

運転支援システムやインフォテイメントシステムなどの先進技術を充実させた小型量販モデルを投入し国内市場に攻勢をかける。... 緊急自動ブレーキが作動する運転支援システム「アウディプレセンスフロント」を全...

排気量2・0リットルエンジンのグレードに水平対向エンジンをモーターでアシストするハイブリッドシステム「e―BOXER(イーボクサー)」を搭載し、対応グレードを拡大した。... 高速道路などでアクセルや...

研修では死角の確認や急ブレーキをかけてから停車するまでの制動距離を体感した。安全運転支援システム「ホンダセンシング」を体験した参加者は、「貴重な体験ができた」と話した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる