102件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.071秒)

こうした中で経済産業省は、電力各社が水力発電や原子力発電でつくった低コストな電力を一部拠出させる「ベースロード電源市場」の創設準備を進めている。... ただベースロード電源からの電力拠出を巡っては、産...

原発や水力などの「ベースロード電源」で発電した電気を取引する市場創設にあたっては、供出量と調達量に一定のルールが必要と指摘している。... 加えてこうした「非対称規制」による電源供出は「当面はやむを得...

新電力が電力を低コストで調達しやすくなる「ベースロード電源市場」の創設も盛り込んだ。... 電力各社に原子力や石炭火力などの低コストな電源でつくった電力の拠出を実質的に義務付ける「ベースロード電源市場...

引き換えに電力会社が原発や石炭火力発電所でつくった安価な電力を新電力に供給することを実質的に義務付ける「ベースロード電源市場」を創設するなどし、新電力の商機拡大につなげる。

経済産業省は5日、「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」市場整備ワーキンググループ(作業部会)を開き、大手電力会社が石炭火力発電や原子力発電でつくった安価な電力を新電力に供給することを実質的に義...

新電力側の反発は強いものの、原子力はエネルギー政策上、重要な役割を担うベースロード電源だ。... 原発は火力発電に比べて燃料代が安く、燃料調達を巡る地政学的リスクも小さいためエネルギー安全保障政策上、...

東芝、中国から水力発電所向け設備を受注 (2016/11/30 電機・電子部品・情報・通信2)

中国は水力発電をベースロード電源の一つとして位置付けており、20年までに発電容量を15年の319ギガワット(ギガは10億)から380ギガワットに引き上げる計画。

電力小売り全面自由化に伴う競争を一段と活性化させるため、大手電力会社が大部分を保有する石炭火力や大型水力、原子力などの「ベースロード電源」に対し、新電力がアクセスしやすい新市場創設などを取り上げた。&...

新電力のベースロード電源へのアクセス確保など競争活性化の仕組みや、自由化の下でも事業者が連携して防災に取り組むことを促し、廃炉や事故収束への備えを確保するとともに、再エネ拡大などの公益課題への対応を検...

最も大きいのは電力自由化によって既存電力会社以外の新たな電源が生まれ、供給力が増したことだろう。... 現在の日本の電源構成は、依然としてベースロード電源が不足し、老朽火力などを酷使して補ういびつなも...

また日本では20年度以降に販売する予定で、すでに提案活動を始めている」 【チェックポイント/ノウハウ蓄積と他国への横展開】 安定発電型の「ベース...

過去のエネルギー相会合では、原子力が安価で安定的に供給される「ベースロード電源」として重要との共通認識にとどまっていた。

石炭火力発電を残し、予備力や調整力として機能させたらよい」 ―電源構成や温室効果ガス排出削減は規制なので、自由化と相反すると思われます。 ... 温暖化対策を考える...

関電は電力小売りの本格展開を視野に入れる首都圏市場に、コスト競争力のある発電基盤「ベースロード電源」を確保して、将来の事業拡大を狙う。

【貴重なベース】 一方の関電は発電コストの安い大型石炭火力の利用継続で、供給力確保と競争力強化につなげる。原子力への電源依存度が高く、将来的な安定調達に不安材料を抱える関電にとり、基...

関電の電源構成は、東日本大震災前後で大きく変化した。... 夏のピークで2500万キロワット程度の管内需要に約180万キロワットの24時間安定供給を見込めるベースロード電源が計算できた。 &#...

ガス機器の販売時にメンテナンス契約を積極的に提案するなどして、ガス顧客の防衛にもつなげたい」 ―価格競争力強化にもベースロード電源の確保が欠かせません。 「原発が動...

「電源構成の議論で安価な電力を安定供給するベースロード電源から太陽光と風力が外れた。ベースロード電源に入った石炭火力は世界で規制が強化されており、いずれ自由に使えなくなる。... どうも海外と日本では...

石炭火力発電は今後もベースロード電源としての役割を期待されており、代替燃料としてバイオマスを活用した取り組みが注目されている。

政府が安定性や経済性の高さから「重要なベースロード電源」と位置づける原子力の利用再開がさらに一歩進んだ。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる