1,141件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

成長性踏まえ集中投資を 【分類・評価】 経済産業省は、事業再編を進めるためのガイドライン(指針)の中で、事業ポートフォリオ(構成)を見直すための具体的な評価指標を示...

日本企業は欧米に比べて事業ポートフォリオ(構成)の組み替えに消極的とされる。... だが非中核事業を抱え続けるデメリットを考慮すると、事業ポートフォリオの定期的な見直しは欠かせない。... そのために...

新役員/NTTドコモ 常務執行役員・南俊行氏ほか (2020/8/11 電機・電子部品・情報・通信1)

現在は財務を軸に全社的な戦略を見る立場で「世界がよりよく変わった、と顧客や協業企業に実感して頂ける事業ポートフォリオの構築が最優先」。

大和証券は資産運用コンサルティングサービスに、目標に向けて最適なポートフォリオを分析する「資産運用プランニング」を追加した。世界のプライベートバンクで利用される米MSCIのサービス「WealthBen...

当社の事業ポートフォリオは分散しており、事業基盤そのものは安定している。

花菱縫製は苦戦中だが、モノづくりの側面があればシナジー効果が出せる」 《グループとしてポートフォリオの分散効果もある》 「コロナ禍になって潮目が変わった。

同様に、国内大手損保グループの事業ポートフォリオ変革の流れは鮮明だ。

エンジン点火プラグや酸素センサーといった内燃機関事業が主力だが、環境の変化に合わせて環境・エネルギーや医療など非内燃機関事業を確立させ、事業ポートフォリオの転換を図る考えだ。

非内燃機関事業を成長させるなど事業ポートフォリオの転換に向けてDXを生かし、事業を効率化させる。

知的財産管理、発明管理のビジネスソリューションを提供するアナクアは、トヨタ自動車とパナソニックの車載用電池事業における協業のために設立された合弁会社プライム・プラネット・エナジー&ソリューションズが、...

JX金属が新中計、事業投資3000億円 技術開発促進 (2020/7/15 素材・医療・ヘルスケア)

基本方針として戦略投資の拡充、技術開発の促進、事業ポートフォリオ見直し、付加価値創出型人材の育成を掲げた。

日特陶が6月に発表した長期経営計画では、売上比率を30年3月期に内燃機関6割、非内燃機関4割、40年3月期で内燃機関4割、非内燃機関6割とし、次世代の成長に向けて事業ポートフォリオの転換を目指す。

インタビュー/凸版印刷社長・麿秀晴氏 顧客のDX手伝う契機 (2020/7/7 電機・電子部品・情報・通信1)

社会に果たせる責任や、どの領域が伸びてどれほどのリソースを投入するべきか、中期経営計画の発表を1年延ばしてポートフォリオを再構築している」 ―当初の中計で想定していた環境と、現在の状...

部活・学業を総合評価 ODKソリュ、大学受験用IT基盤 (2020/6/29 電機・電子部品・情報・通信)

現在、高校生の学習や課外活動の成果をデータ化するポータルサイト「ジャパンeポートフォリオ」の運用が文部科学省の主導で進みつつある。

株主から社名変更の意義を問われた、同社の吉田憲一郎会長兼社長最高経営責任者(CEO)は「ポートフォリオの多様性を強みとするため、社名を変えグループ本社機能に特化した会社にすることが望ましいと考えた」と...

デジタル化による業務効率化で22年度以降は20―21年度の300億円を超えるコスト削減効果を見込む」 ―ポートフォリオの変革に必須となる海外事業の戦略は。

短期に多様なサービス 日本の製造業は「変種変量」型および「新サービス」型を組み合わせて、ハイブリッド型社会に適用するように事業ポートフォリオを変えていくと予想する。

「当社の海外ネットワークをさらに拡充し、事業ポートフォリオの分散と成長市場の捕捉により、収益拡大に貢献する。

サーバーの保守などのニーズも出ており、どのように事業ポートフォリオを広げられるか考えたい」と強調する。

独メルク、半導体材料の米2社買収完了 (2020/6/12 素材・医療・ヘルスケア)

自動運転やIoT(モノのインターネット)の進展が見込める中、ポートフォリオやサプライチェーンの拡充による成長を目指す。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる