620件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

落ち込み幅が最も小さい三菱総合研究所でもマイナス5と予想し、DIがマイナス入りする可能性は高い。 ... 三菱UFJリサーチ&コンサルティングは「グローバル・サプライチェーンが寸断さ...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「米経済の停滞懸念が強まればWTIの一時的な30ドル割れが再びあり得る」とし、さらに「産油国の増産が持続すれば20ドル台が続く可能性もある」と...

今後は各国の景気悪化が指標で明らかになってくることもあり、2015年の「チャイナ・ショック」の際につけた「5000ドル割れぐらいの展開はあり得る」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研...

1―3月期の実質GDP成長率(年率)は新型コロナ感染症の影響が広がっており、三菱総合研究所がマイナス6・8%、大和総研がマイナス4・3%、ニッセイ基礎研究所がマイナス4・2%、三菱UFJリサーチ&コン...

GDP改定値が下方修正されれば「増税の影響が思いのほか大きかったとして先行きに慎重な見方が強まる」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)と警戒する声もある。

米連邦準備制度理事会(FRB)は物価上昇が鈍いことから利上げには慎重で「新型肺炎への警戒感や低金利が持続するとの見方から金が買われている」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)と...

問い合わせは三菱UFJリサーチ&コンサルティング(03・6733・3501)へ。

ただ「米国などの追加金融緩和の期待が高まれば金は上値を追いやすくなる」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との見方もある。

年初の米イラン情勢の緊迫化に続き足元では中国の新型肺炎の感染拡大を受けて、「(経済への)警戒感があるほど高値で推移しやすい」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)金の特性が出てい...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの鈴木明彦研究主幹は「中国の1―3月期の実質成長率を下押しするだろうが、仮に0・5ポイント下落しても世界経済への影響は0・1ポイント程度にとどまる」と説明する。

「実体経済への影響がこれから明らかになってくるので、軟調な推移は続きやすい」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との指摘もある。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「緩やかな改善が見込めるようになりつつあり、(銅地金相場は足元の)高値圏を維持できそうな状況」とみる。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎主席研究員は「増税後、家計は総じて慎重になっており、中東情勢で消費の立ち直りが遅れるリスクがある」と警戒する。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「両国が戦争を望まないという本音が透けて見える状況は変わってなく、相場の上値は限定的」と指摘。

ただ現実には「小売業や自動車販売をみると、増税後の消費持ち直しの動きも、12月にいったん足踏みする可能性がある」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)との指摘もある。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの廉了(かど・さとる)主席研究員は、リブラの動向をこう分析する。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの鈴木明彦研究主幹は「金融・財政政策はバブル的なマグマがたまっている。

減産不参加の米国やノルウェーなどの増産による需給緩和が見込まれる状況では、「減産を継続せざるを得ないとみるが、ロシアが協調するかなどが注目される」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研...

【減速緩和の兆し】 中国景気の減速を背景に「銅需要の回復は力強さを欠く」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との見方もあり、銅地金相場が一本調子で上昇すること...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「来年の米大統領選に向けて(景気を圧迫する)対立激化は起こりにくくなることから、銅相場は上値を試しやすくなった」としつつ、「中国景気が好調では...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる