79件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

もうひとつの事業会社である富士フイルムは写真フィルム市場の消失という危機を乗り越え、高機能材料や医薬品・医療機器といった複数領域で存在感を持つまでに成長した。

実は写真フィルム市場の消失という危機を乗り越えられた裏には、富士ゼロックスによる利益面の支えがあった。... 「一瞬を切り取る写真の性質上、フィルムに欠陥は許されない。

 かつての大手カメラ・写真フィルムメーカー、米イーストマン・コダックも仮想通貨の熱狂に加わった。  ... 同社はコダックコインについて、「写真家や写真代理店の画...

デジタル化による写真フィルムの消滅を予想し、いち早く医療機器や医薬事業にかじを切った富士フイルムのような成功事例もある。

新メークシリーズの名称は「アスタリフト フラロッソ=写真」。... これまで写真フィルムで培った写真の発色技術や立体感を強調する知見を生かして、製品を設計した。写真映えする効果もあるという。 ...

このほか、富士フイルムが1989年に製造し、色の再現性が高い写真フィルム「フジカラーREALA(リアラ)」や、ソニーが90年に製造した最初期のハイビジョンテレビ「KW―3600HD」など14件も登録。

【エイム/ファイバーレーザー溶接機】 エイム(東京都青梅市)は、ファイバーレーザー溶接機「AFL―1500=写真」を出展。... 独自技術である0・01秒の高速片面スポット溶接技術で...

同社は写真フィルムの小西六写真工業を継承したコニカとカメラ・事務機のミノルタが2003年に経営統合してできた会社だ。ミノルタの前身は「日独写真機商店」で、創業当初はドイツから呼び寄せた技術者の指導の下...

「写真フィルム事業を失った当時に比べれば立て直したが、新たに仕込んだ領域やまだ成果を出せていない分野が多くある。... すべて整えば、5年後に売上高で3兆円以上、営業利益率10%という次の段階も視野に...

富士フイルムにとって、写真フィルムは長年磨き上げてきた原点だ。... 【勝利の方程式】 フィルム技術が“源泉”となり、多くの製品を生み出した。フィルム中心の会社から「ヘルスケア」「高...

第2の創業にあわせて、足柄工場の銀塩写真や吉田南工場の印刷材料など事業所単位だった研究所を刷新。... 実際、こうした技術のすり合わせが化粧品やサプリメント、タッチパネル用センサーフィルムなどを生み出...

07年に写真フィルムで培ったコア技術を応用し、エイジングケア化粧品「アスタリフト」を市場投入した。 00年以降、デジタルカメラの普及で写真フィルムの需要が激減する中、化粧品・サプリメ...

富士フイルムの技術の結晶である写真フィルム。... かつてフィルムメーカーが世界で一握りだったのも製品の持つ繊細さゆえだ。... 写真の色を長期間保つ抗酸化技術は人間の老化防止に役立つ。

■技術磨き、社会貢献/写真フィルムを医療に応用■ 「打ちたい手がまだ三つ、四つある」―。... 一瞬を切り取る写真の性質上、フィルムに欠陥は許されない。... 肌の弾力性に関わるコラ...

エイジングケア化粧品ブランド「アスタリフト=写真」の新製品投入を機に、予防意識を持つ20―30代を新たな顧客層に位置付ける。... アスタリフトは、写真フィルムの原料となるコラーゲンの研究を応用したス...

「原子核乾板」という写真フィルムでミュー粒子をとらえ、その飛来方向を調べることで、原子炉の格納容器や圧力容器の内部を遠隔かつ非破壊で確認する。 ... 原子核乾板は電源が不要な画期的...

古森重隆最高経営責任者(CEO)や中嶋成博COOが進めた写真フィルムからの業態転換が一段落。... 小事は細心に」をモットーに”次なる青写真“を思い描く。

米国では最高財務責任者(CFO)を務め、写真フィルム事業の構造改革や成長事業をもう一段伸ばすためのM&A(合併・買収)も手がけた。 ... デジタル化で核となる写真フィルムの需要縮小...

ゼラチンが使われていた写真フィルムがデジタル化のあおりを受けたほか、牛海綿状脳症(BSE)の発生でゼラチンの販売量が減少。

急激なデジタル化の進展で、カラーフィルムの需要はピークの2000年度から10年間でほぼゼロとなった。... 当時、写真関連の学会で「デジカメはなぜ写真フィルムに勝てないか」というテーマが歓迎されたとい...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる