272件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

大阪大学産業科学研究所と日本学術振興会、科学技術振興機構、東北大学、理化学研究所は、神経細胞の電気信号を可視化する分子をセンサーに用い、複数の動物の脳活動を無線で計測する方法を開発した。... 研究グ...

焼結体に孔径1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の気体流路を作製することで、気体の分子が一つひとつ独立して運動する「分子流」という理想的な流れを実現した。 ... 同社...

同社は香り成分の分子を吸着し、電気信号に変えるセンサーを開発している。... センサーで取得したデータからAIを開発し、データベースを作成した。「センサーとAIで人間の鼻を再現できる。

事実、血糖センサーの世界市場は既に1兆円に到達している。... 血糖センサーの多くも電気化学法であり電池一つで駆動できる。 ... ナノメートルレベルで精緻に制御したナノカーボン薄膜...

物体からの反射や透過した光の偏光情報の取得で、物体の分子が超高速で変化する様子などを観察し、高機能な光デバイスなどへの応用が期待できる。... 今後はデータ活用の利便性を高めるため、記録媒体にイメージ...

名古屋地域の工業技術グランプリ、市長賞に輝創 (2019/2/19 中小企業・地域経済1)

▽名古屋市工業研究所長賞=朝日産業「男性用装着式集尿器『ダンディユリナー』」、富士高分子工業「流動の安定、滞留防止などさまざまな機能を持つらせん形状チューブ」 ▽名古屋産業振興公社理...

第一精工はにおいを検知するセンサーを開発中で、19年秋の発売を見込む。微小電気機械システム(MEMS)検知素子に個別のにおい分子を吸着する感応膜を塗布。

微小電気機械システム(MEMS)光干渉計などによる高感度の分子吸着測定センサーと、相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー回路を組み合わせた。... MEMS光干渉計とバイオセンサーを融合し...

【企業の支援推進】 ここ数年でCNTの実用化が着実に進み、リチウムイオン電池の導電助剤をはじめ、耐環境性塗料、耐熱性ゴムシール材、伸縮性歪(ひず)みセンサー、スポーツ用品などのCNT...

京都大学高等研究院物質―細胞統合システム拠点の北川進拠点長と細野暢彦特定助教らは、有機分子と金属原子で構成する多孔性結晶「多孔性配位高分子(PCP)」が、外部の特定分子を認識し表面を柔軟に変形させるこ...

しかし、これらだけでは限界があり、センサーやバッテリー、アクチュエーター(駆動装置)などの周辺要素技術の進化も不可欠である。 ... ASMの技術は、「ポリロタキサン」というナノサイ...

カンチレバーの振動変化を計測する高感度MEMSセンサーを試作した。高感度で長寿命なセンサーにつながる。 ... カンチレバーの振動変化を利用して、加速度や分子吸着、圧力などのセンサー...

しかし、プローブが小径化するとその製作が非常に難しく高価なものとなり、またプローブ先端球の測定対象面への接触に伴う微小力を検出するセンサー機構の開発が非常に困難となる。... また、微細形状の測定とな...

センターの名前に冠した創発物性科学とは、電子や分子などの個々の構成要素の単なる集合としては予測不可能な驚くべき物性や機能が発現する物質原理を探求する学術を指す。 本センターは、強相関...

3種の刺激で動く有機スイッチ分子の中核部品になる。... 刺激によって色を変える色素や液晶材料、センサー材料などの開発に提案していく。 ... 光と熱、電気化学の三原理で切り替わる分...

LEDをともしたり、IoT(モノのインターネット)センサーを動かしたりする程度なら可能な発電量だ。 銅ニッケルをメッキした不織布に導電性高分子を塗布して、燃料電池の触媒として機能させ...

例えば、掃除ロボットが花瓶がない方が早く掃除できると判断してその花瓶を壊すとか、目の前の汚い部屋を見ないようにするために自分の視覚センサーを無視する、といったことが指摘されている。... (次回はKP...

映像・音声連動で「香り」瞬間演出 凸版印刷がサービス (2018/8/22 電機・電子部品・情報・通信2)

凸版印刷は、映像や音声、センサーなどと連動して香りを瞬時に切り替えられる装置を使った空間演出サービスを始めた。... 一方、アロマシューターは従来手法に比べて放出する香りの分子が軽...

生物は化学物質分子をやりとりし、細胞内・生体内・生体間で、シグナル伝達や情報通信を行っている。こうした化学物質分子を使った情報のやりとりは、「分子情報通信」とも呼ばれている。... バクテリア大腸菌を...

CO2やメタンなどの分子は種類によって特定の光の波長を吸収する性質がある。いぶき2号は地表から反射した太陽光を衛星で観測し、各分子が吸収する太陽光の波長と量を調べることで温室効果ガスの大気中での濃度を...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる