696件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

10月21日はあかりの日 (2019/11/8 特集・広告)

政府は地球温暖化防止対策計画の下、2030年度の温室効果ガス26%の削減(13年度比)を目標に掲げている。

地球温暖化防止に寄与する電動化や、安全な移動手段につながる技術やサービスを加速する。... 自動化、電動化、ネットワーク化に加え、新たに「パーソナライズ化」に取り組んでいく。

今後の再発防止対策については「昨年の西日本豪雨など一連の災害があった中で、政府はインフラの総点検を実施し、防災・減災、国土強靭(きょうじん)化のための3カ年緊急対策をまとめた。... 環境相はまた、台...

JFE21世紀財団、今年度の研究助成対象を決定 (2019/10/8 素材・医療・ヘルスケア)

鉄鋼の製造や地球環境保全・温暖化防止にかかわる技術の研究を対象とする技術研究助成の対象には、物材機構の石川氏の研究を含む25件が決まった。

同システムを通じ、下水道施設の省エネルギー・地球温暖化防止を支援する。

ビール原料 北の大地の変革期(下)気候変動も考慮 (2019/9/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

もともと抗菌作用からビールの腐敗防止に用いたが、苦味・香りなどの風味を左右する主要原料でもある。 ... 「クラフトビール人気もありビールの飲み方が多様化している。... 具体的なリ...

神鋼、CO2排出量2700万トン削減 昨年度推計 (2019/9/17 素材・医療・ヘルスケア)

神戸製鋼所は地球環境に優しい製品・サービスの販売や技術供与で、2018年度の世界の二酸化炭素(CO2)排出量を2704万トン減らす貢献をしたとする推計結果をまとめた。... 環境に優しい事業を通じた地...

燃やすと二酸化炭素(CO2)が発生し、温暖化を加速させるため、国際的な批判にもつながっている。 ... 海中で分解されるプラスチック素材などを官民連携で開発することが盛り込まれたほか...

日刊工業新聞社は12日、東京・霞が関で「第22回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」(経済産業省・環境省後援、日本冷媒・環境保全機構協力)の贈賞式を開いた。経済産業大臣賞にセントラル硝子の「低GWPフッ...

第22回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞に5件 (2019/9/2 建設・生活・環境・エネルギー)

「第22回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」(経済産業省・環境省後援、日本冷媒・環境保全機構協力)の受賞者が決まった。先駆性、温暖化防止効果、貢献度、将来性などを厳正に審査し、経済産業大臣賞1件、環境...

脱炭素チャレンジカップ実行委員会(小宮山宏委員長=三菱総合研究所理事長)は、温暖化対策に取り組む団体を表彰する「脱炭素チャレンジカップ2020」の募集を始めた。... 応募用紙は実行委員会(事務局=地...

昭和電工、30年の温室ガス削減目標を設定 (2019/7/30 素材・医療・ヘルスケア)

加えて、地球温暖化防止対策を経営の根幹に据えて推進するため20年から社内炭素価格制度を導入する。

地球温暖化防止活動を実践する市民がCO2濃度データや学習支援システムを自由に利用できるようにし、CO2濃度の調査活動や検証活動に参画する低炭素地域づくりのための環境市民科学の創成を目指す。 &...

横浜ゴムは地球温暖化防止活動の一環で、フィリピンのタイヤ生産販売子会社「ヨコハマタイヤフィリピン」の工場建屋に太陽光発電システムを設置し、稼働を始めた(写真)。... 横浜ゴムは地球温暖化防止のため2...

設備老朽・地球温暖化焦点 大手鉄鋼各社が“課題解決”に向けた研究開発で、しのぎを削っている。地球温暖化対策など需要家が直面する課題に加え、製造設備の老朽化など鉄鋼...

セブン&アイ、夏至・七夕にライトダウン 約500施設で (2019/6/21 建設・生活・環境・エネルギー)

二酸化炭素の排出を削減し地球温暖化を防止する取り組みの一環。

都、省エネモデル向け事業者募集 (2019/6/21 中小企業・地域経済1)

問い合わせは東京都地球温暖化防止活動推進センター(03・5990・5087)へ。

地球温暖化防止に向けた国際的な枠組み「パリ協定」の実効性には、米国の離脱表明で疑問が生じたものの、温室効果ガスの削減には原子力や再生エネの比率を高め、脱化石燃料を図る取り組みが欠かせない。 &...

6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会合では、地球温暖化防止と「脱炭素社会」の実現に向けた取り組みが主要テーマの一つになりそうだ。自動車からの温暖化ガス排出抑制は重要なファクターだが、ここのところ米...

だが、船価下落と過当競争の中、大手は造船事業を分社化して、相互に統合させる動きが加速。... 鋼板溶接や、塗装などの工程ではロボット化が進む。... 常石造船(広島県福山市)は船舶用の省エネルギー付加...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる