5,221件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

太陽電池の試作評価など研究の活性化を図る。 太陽電池の変換効率は従来19%程度だが、今後は「22―23%が主流になる」。変換効率を高めるには電池材料の知識とともに、新しいプロセスの研...

私募債/日本エネルギーホールディングス、運転資金に1億円 (2020/3/3 中小・ベンチャー・中小政策)

同社は太陽電池モジュールやパワーコンディショナーなど太陽光発電システムの卸売業などを手がけており、2018年12月期の売上高は約13億円。

パナソニック・テスラと協業解消 太陽電池採用少なく (2020/2/27 電機・電子部品・情報・通信2)

体制見直しにより、21年度に太陽電池事業の黒字化を目指す。 パナソニックとテスラは16年に太陽電池の協業を発表。... 計画した太陽電池の設備投資や生産能力には到達していない。

例えば、次世代太陽光発電分野では、銅・インジウム・ガリウム・セレン化合物による薄膜太陽電池などを用いて、発電効率を高めながら軽量化し、ビルの壁面や車に搭載すれば、50年時点のCO2の削減可能量は48億...

電池の劣化原因の解析が進み、電池の高性能化に向けた開発が進むと期待される。 ... 全固体リチウムイオン二次電池はリチウムイオンを使った二次電池の一種で、正極と負極の間の電解質として...

がん細胞のにおい検知やスマホのアプリケーションとしての口臭検知など“コト”領域も開拓していきたい」 ―開発した全固体電池は20年度中のサンプル出荷、21年度中の量産開始としています。...

次世代太陽光発電分野では、超軽量や高効率の太陽電池の出現により50年時点で建物壁面や農地、車載などでのCO2削減ポテンシャルが48億トンとなることが分かった。

次世代太陽電池としてペロブスカイト太陽電池が注目を集めている。代表的なペロブスカイト太陽電池は鉛を含み、毒性の問題がある。... その結果、1万1025個という多くの化合物の中から51個の非鉛化ペロブ...

WIPO GREEN、日本10社が環境技術開放 開発成果を有効活用 (2020/2/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

3社目の日本企業としてコニカミノルタが19年12月に参画し、太陽熱発電や色素増感太陽電池関連の技術24件を登録した。

日本板硝子、ベトナムのTCOガラス設備改修完了 (2020/2/6 素材・医療・ヘルスケア)

日本板硝子は、ベトナムにおける太陽電池パネル用透明導電膜(TCO)ガラスのフロートラインの改修が完了し、2月中にも生産を始める。

特に太陽電池や廃熱を有効利用できる熱電変換素子は将来を期待されている再生可能エネルギー源である。... 【太陽電池に有望】 そんなシリサイドの中でも、薄膜太陽電池材料として注目してい...

シャープ、天理事業所の空き施設 VBに貸し出し (2020/1/28 電機・電子部品・情報・通信1)

同事業所は1970年の設立以来、半導体、液晶、太陽電池など技術開発の中核を担ってきた。

「フィルム状の有機薄膜太陽電池(OPV)は柔軟性に富む。... 電卓などに用いるシリコン系太陽電池と比べ、生産から廃棄に至るまでの温室効果ガスの生成が少なく、環境負荷が小さい。

三井化学、印で太陽電池パネル信頼性診断を初受注 (2020/1/23 素材・医療・ヘルスケア)

三井化学は、インドで初めて現地の太陽光パネルメーカーからパネルの信頼性診断を受注した。現地ではエネルギー需要の拡大に伴い、太陽光発電所の導入計画が増加しており、信頼性診断の需要拡大が見込まれる。同社は...

リコーは、液漏れや腐食のリスクを回避した固体型色素増感太陽電池モジュール「EH DSSC5284」など計3種を2月下旬から順次発売する。複合機開発で培った有機感光体を扱う技術を取り入れ、従来の色素増感...

広島大学の尾坂格教授らは、従来よりも発電効率が約1・2倍向上した「有機薄膜太陽電池(OPV)」の作製に成功した。

実証施設には50キロワットの両面受光太陽電池、毎時30キロワットの蓄電池を併設し、同30キロワットの太陽熱集熱器も導入。太陽熱で暖めた空気と地下水を使って150平方メートルの農業ハウス5棟内の温湿度を...

木星付近まで到達可能なものの、観測機器や太陽電池の能力なども考慮し、リュウグウと同じく地球―火星間にある小惑星への着陸を含む接近観測が最善と判断した。

太陽誘電、全固体電池を21年度量産 (2019/12/26 電機・電子部品・情報・通信)

太陽誘電は全固体リチウムイオン二次電池(全固体電池=写真)を開発した。

中部電とオリックスなど、BCP機能付き太陽光発電で共同合意 (2019/12/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

同システムは太陽電池とリチウムイオン蓄電池、エネルギー・マネジメント・システム(EMS)で構成、災害などで停電が発生しても蓄電池から自動的に電力が供給され事業継続が可能。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる