電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

64件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

賃上げの実現とともに、大胆な減税で所得増を目指す。所得税・住民税の定額減税や賃上げ促進税制の拡充、国内投資促進税制などを盛り込んだ税制改正関連法案を提出する。

岸田文雄首相が打ち出した定額減税を実施するための関連法案を盛り込んだ。... 定額減税は政府が2023年秋にまとめた経済対策の目玉。... 野党は「バラマキだ」などとして減税に反対している。 ...

そこで政府は通常国会に所得税・住民税の定額減税や、賃上げ促進税制の拡充、国内投資促進税制など、大胆な減税を盛り込んだ税制改正関連法案を提出する。... 生産性の向上については、設備投資減税を実施する。...

政労使会議の開催調整 首相 (2024/1/18 総合2)

6月には定額減税を実施する予定で、支持率が低迷する中、政権浮揚につなげたい狙いもあるとみられる。

国内政治が混乱する中、日銀は金融市場まで動揺させかねない政策転換に動きにくいのではないか、政権が6月に行う定額減税と政策の整合性が問われるのではなどの指摘もあるが、日銀は客観的なデータに基づいて適切な...

経済政策では賃上げ税制の拡充や所得税・住民税の定額減税を実施し、「物価上昇を上回る賃上げ」の実現を目指す。「2024年夏の段階で賃上げと所得減税を合わせることで、国民所得の伸びが物価上昇を上回る状態を...

総合経済対策で講じる定額減税や24年春闘での賃上げにより、実質賃金が増加に転じると読む。 ... 政府は賃上げ促進税制の延長・拡充や投資減税などを講じるが、どこまで賃上げのインセンテ...

その起点となる賃上げは23年度の水準が継続することに加え、定額減税による所得下支え効果も期待される。

同じく来賓の岸田文雄首相は2024年の春季労使交渉(春闘)を念頭に「今年を超える賃上げを強く呼びかけると同時に、定額減税によってデフレ完全脱却の移行期にある可処分所得を下支えしていく」...

ただ所得の増加率3・8%のうち、1・3%は1人4万円を支給する定額減税などの効果による。

定額減税など効果 政府は21日、経済財政諮問会議を開き、2024年度の経済見通しを示した。... 「賃金上昇に定額減税などの効果が加わり、物価上昇を上回る所得の増加が見込まれる」&#...

1人当たりの所得・住民税を4万円減額する定額減税や、企業の賃上げや国内投資を促す優遇税制など「減税」措置が並ぶ。... 個人向け税制改正では定額減税のほか、子育て世帯に配慮した措置が目立つ。... 企...

所得税・住民税の定額減税については、年収2000万円超の高額所得者を対象外とする所得制限を盛り込んだ。... 国内投資の促進では、蓄電池や半導体など、国として戦略的な長期投資が不可欠となる投資を選定し...

産業春秋/今年の漢字「税」 (2023/12/13 総合1)

岸田文雄首相の増税メガネと、それを打ち消すかのような所得減税の表明。... 増税イメージを拭うため打ち出したのが1人当たり4万円の所得税・住民税の定額減税。... 半導体など重要物資の国内生産を促す法...

一年を通じて増税議論が活発に行われたほか、政府が定額減税の方針を示したことなどを反映した。

政治資金パーティー問題や定額減税との整合性などを考慮した。... 党の最大派閥である安倍派の政治資金問題が影響したほか、総合経済対策で打ち出した定額減税との整合性を重視したとみられる。

与党税制調査会では税制改正大綱の策定に向け、11月に閣議決定した経済対策「デフレ完全脱却のための総合経済対策」に盛り込まれた所得税・住民税の定額減税や国内投資促進に向けた法人税減税などの具体的な制度設...

経済対策の規模は、24年6月に実施する所得税・住民税の定額減税と合わせて17兆円台前半程度となる。

岸田文雄首相は所得税・住民税の定額減税を打ち出したが、内閣支持率は低下。... 賃上げと所得税減税をはじめとする政策の組み合わせが重要だ」と述べた。

岸田文雄政権が打ち出した所得税などの定額減税の実施期間や、所得制限を設けて高所得者を対象から外すかなどが焦点となる。... 定額減税は経済対策の目玉で、24年6月に所得税から1人当たり3万円、住民税か...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン