75件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

NTTデータ、絵本読み聞かせアプリ実証開始 ロボホン対応 (2018/5/31 電機・電子部品・情報・通信2)

【仙台】NTTデータは、シャープの家庭用ロボット「ロボホン」向けの対話型絵本読み聞かせアプリケーション(応用ソフト)を開発し、グループ企業の企業内託児所で実証試験を始めた(写真...

これまで電子書籍端末「キンドル」、スマートスピーカー「エコー」と人々の生活様式を一変させる画期的な製品を世に送り出してきた米アマゾン・ドット・コムは現在、家庭用ロボットの開発という新たな賭け...

ロドルフ・ハッセルバンダーCEOは「将来、家庭用ロボットの35%を取りたい」と意気込む。 ... 全身タイプ、ハンド、腕とハンドのセットの3種類で、遠くにいる人が操作用のグロ...

家庭用ロボット、自動走行車、仮想現実(VR)機器などスマホに続く次世代分野でも、ベンチャーの存在感が際立つ。

仏ロボットベンチャー企業のブルー・フロッグ・ロボティクスは、車輪で移動でき音声対話もするコミュニケーションロボット「Buddy(バディー)」を9月に世界で発売する。...

個々のユーザーに合わせた知識習得が期待でき、家庭用ロボットで活用を見込む。

資金はGXが2019年の発売を目指す新世代家庭用ロボットの開発資金などに活用する。... GXが開発するのは心を満たすことが目的のロボット。... GXは、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」の開発...

例えば産業用ロボットならば、工場という空間の中でどう動けば“正解”かを、まず明確化すべきです。... その意味では、製品の使われ方と稼働環境が、初めから最良のデザインを知っていると言えます」 ...

自動運転車だけでなく、掃除ロボットをはじめとする家庭用ロボット、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)などにも応用可能としている。 &...

産業用ではロボット技術ともセットになりつつある。とはいえ、家庭用ではAIとロボットを組み合わせた技術はまだまれだ。... ラボットは制御に基づく動作に秀でた旧来のロボット技術が機械学習等のAI技術と融...

ソニーは1日、犬型のコミュニケーションロボット「aibo(アイボ)」を2018年1月11日に発売すると発表した。家庭用ロボットは06年に販売を終えた「AIBO」から12年ぶりの再参入で...

現在、中国は最大の産業用ロボット消費国となっている。... そのため、介護や家庭用などサービスロボットに対するニーズも大きいと思われる。 ... 中堅メーカーである「科沃斯(...

米アイロボットが販売するロボット掃除機「ルンバ=写真」や床ふきロボット「ブラーバ」などの家庭用ロボットシリーズの世界累計販売台数が2000万台を突破した。

「ペッパー」や「NAO」もハッカー標的に (ブルームバーグ)最も人気が高い産業用および消費者向けロボットの一部は恐ろしいほどサイバー攻撃に脆弱で、...

米アイロボットがアマゾンやアップル、グーグルなどに対し、家庭用ロボット掃除機「ルンバ」で収集した利用者の室内データを売り込もうとしている、という内容の一部報道について、同社のコリン・アングル会長兼CE...

自律移動型ロボットの世界的な競技会「ロボカップ2017名古屋世界大会」の開会式が26日、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開かれた。... 今回初めて、身長130...

(ブルームバーグ)ソフトバンクグループの「ビジョン・ファンド」がロボットの自律移動の技術開発に特化した米ベンチャー企業への1億1400万ドル(約128億円&...

(石橋弘彰) ■家庭にアトム 【周年記念で創刊】 講談社と手塚プロダクション(同新宿区)、富士...

立命館大学は人工知能(AI)とロボット工学に、言語や標識などを研究する「記号論」を取り入れたプロジェクトを4月に始める。言語など人文系のコミュニケーションの知見を、自動運転車や家庭用ロ...

わが家にもう1台、ロボットがやってきた。... 家庭用ロボットが普及しても待つのがこんな未来だとしたら悲しい。 ... 人間より賢いはずのロボットとの対話が楽でなければ本末転倒となる...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン