39件中、2ページ目 21〜39件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

「東日本大震災からの茨城の復興に力を尽くす」と話すのは、筑波銀行頭取の藤川雅海さん。茨城大学の「岡倉天心六角堂等復興基金」に、同行が進める「地域復興支援プロジェクト『あゆみ』」から300万円を寄付した...

日本企業は総力を挙げて被災地の復興を進めてきた。三菱商事では震災の翌月に100億円の支援基金を設立したほか、社員ボランティアの派遣も早期に決定し、これまでに約1300人が活動に従事した。... 我々の...

中越沖地震復興基金償還分1200億円を除くと、前年度とほぼ同等の予算規模。経済・雇用対策や、災害からの復旧・復興に重点を置く。 ... 災害からの復旧・復興に関しては、昨年の新潟・福島豪雨災害...

【水戸】茨城県は東日本大震災からの復興に向けて国から交付された復興基金140億円のうち、県内44の全市町村が復興支援に自由に使える70億円の配分額を各市町村に内示した。 2011年度12月補正...

12月補正では特別交付税により国から県に配分される復興基金140億円のうち、70億円を「市町村復興まちづくり支援事業」に配分。残りの70億円は中小企業向けの「東日本大震災復興緊急融資利子補給事業」に5...

鹿島港のある鹿島臨海工業地帯は産業復興のカギを握る地域として、主力工場が県内にあるルネサスエレクトロニクスは、サプライチェーンの寸断を象徴する企業として注目された。... 「復興基金あるいは一括交付金...

「私たちが提唱している復興基金の財源は、政府保証を付けた復興基金債だ。... 個人向け復興基金債を発行すれば、個人金融資産の1%が債券購入に向かうだけで約14兆円を調達でき、復興に必要な資金需要を満た...

【名古屋】中部経済連合会は東日本大震災の復興財源のあり方に関する提言をまとめた。復旧・復興対策に関わる財源を税で調達する場合は、目的税とすることや、世代間の負担割合を適切化することなどを盛り込んだ。....

震災復興に民間の技術・ノウハウを活用するため、政府出資の「震災復興基金」(仮称)を創設し、政府保証や利子所得課税優遇措置などを与えた「復興基金債」(仮称)の発行を提案。基金の活用により、農業・漁業の大...

被災した中小企業と組合の事業再建、地域復興に向けて、3万5000組合の絆(きずな)で被災地経済の活性化に努めることを誓った。 決議では、(1)国の第2次補正予算の早期編成(2)災害復興基金を創...

大和証券の盛岡支店が窓口となり、大和総研が県復興委員会の事務局である復興局を業務支援。... 市街地などの復興や産業再生の裏付けとなる資金調達に関するノウハウを提供するなど、復興ビジョンや復興計画策定...

前日銀副総裁で大和総研理事長の武藤敏郎氏が19日、都内で講演し、東日本大震災からの早期復興に向けて、政府が管理する復興基金の創設を提言した。... 30兆円の財源をめぐっては、大部分を国が負担するだけ...

東日本震災以降、物流業界も被災地支援や復興活動を積極的に進めている。... 震災後の物流業界の復興活動を追った。... 「復興基金を立ち上げていただければ、賛同する企業はお金を出しやすい」として、産業...

復興財源をめぐり、産業界の宿願だった法人実効税率引き下げの見送りがささやかれている。... 経営者的感覚では極めて疑問に思う」 「復興財源については復興基金を創設し、復興債の発行を次...

宅急便を1個扱うごとに10円を東日本大震災復興への寄付に充てることを決めたヤマトホールディングス。... 復興に対して少しでも力を尽くしたい」と話すのは社長の木川真さん。 寄付の送り先はまだ検...

このほか、「復興債」や「復興ファンド」創設などが提言されている。... マニフェスト撤回でも足りない財源については、復興基金の創設を求めている。同友会は「復興特別基金」を設け、その財源として政府保証付...

そのうえで、「被災地の水産業や農業、生活の基盤復興に役立てたい」と語った。 ... 具体的な寄付先は未定だが公的団体や基金を想定。木川社長は「民間企業が寄付できるような産業別の復興基...

政府は東日本大地震の被災地復旧・復興支援を目的とした基金創設の検討に入った。... 政府が4月中にまとめる2011年度補正予算で、復興基金の創設を軸に、こうした仕組みづくりを目指す。 ...

新潟工科大学は田口太郎准教授の研究テーマ、「支援員による集落支援の評価手法と支援策」が新潟県の中越大震災復興基金事業「地域貢献型中越復興研究支援」に採択された。震災復興支援や中山間地域の過疎集落支援を...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる