1,266件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

日々高度化するサイバー攻撃 「基本を守る」ことで防御 米国のパイプラインや宇宙航空研究開発機構(JAXA)などインフラや機微情報を扱う組織へのサイバー攻撃が次々と表面化している。.....

センサーとロジック回路、メモリーを積層すると撮像からデータ処理、記録まで実現する。... ここにメモリーを加えると、イメージセンサーのチップが単体でさまざまな情報処理をするようになる。

日本ユニシス、有事に復旧支援 (2021/6/2 電機・電子部品・情報・通信2)

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)が策定した経営ガイドライン、プラクティス集に基づき、サイバー攻撃による業務停止からの復旧手順を組み込んだ。

佐野運輸、通関士に在宅勤務制度 BCP対策で今夏めど (2021/6/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

情報セキュリティーを確保するため、業務は会社が支給したパソコンやモバイル端末のみで行う。通関士が通関業務を行う航空貨物通関情報処理システム「netNACCS」を使って、在宅勤務制度に対応することを想定...

イオン移動利用、デバイスが学習 デジタル変革(DX)化が進む中、膨大なデータを処理し判断する人工知能(AI)の役割が重要さを増している。... 自律分散型の情報処...

機密情報のメニューもあり、製造業の屋台骨である重要技術も出回る。 ... 情報処理推進機構(IPA)は17年に産業サイバーセキュリティセンターを設け、「ハッカーレベルと言ってもいいく...

経産省と情報処理推進機構(IPA)は4月、相談窓口や異常の監視、緊急時の対応支援などサイバー攻撃の対処に不可欠な基準を満たす5団体を「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として登録した。

情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)の私たちの研究グループでは、脳から読み解く感情・精神状態を「勉強に対するやる気推定」に応用する研究を行っている。... 脳波を使うと...

このズレが両眼視差であり、脳がこの情報を処理することで、奥行きが知覚される。 ... 私は情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)で、この個人差を説明する...

PFU、中小向けサイバー対策サービス「みまもりパック」発売 (2021/5/11 電機・電子部品・情報・通信2)

同サービスは、情報処理推進機構(IPA)が3月末に実施した「サイバーセキュリティお助け隊サービス」の第1回審査で中小企業向けサイバーセキュリティーサービスの要件を満たし、登録された。 ...

その実動部隊となるのが情報処理推進機構(IPA)だ。... 顧客情報共有でサービス円滑化 NTTデータは、住所変更情報の連携に関するサービスを開発中だ。... 自身の個人情報が「いつ...

人間の目では捉える事のできない血流やリンパ流の近赤外蛍光情報を捉え、患部に直接プロジェクションマッピングして手術をガイドする革新的な装置です。... 特徴点抽出で大胆な単純化を行い、演算量を劇的に削減...

制御システムのリスク分析時間4分の1 NEC、自動化技術開発 (2021/4/28 電機・電子部品・情報・通信1)

実システムの構成情報やさまざまなデータを基に構築した仮想モデル上で攻撃のシミュレーションを行い、攻撃グラフを作成する「サイバー攻撃リスク自動診断技術」を活用する。 同技術による攻撃グ...

通信ネットワークから端末まで光を使うことで電気制御の限界を大幅に超える情報処理能力を実現するIOWNは、30年ごろの実用化を目指している。

政府間の連携にとどまらず、通信事業者間の情報共有体制の推進も視野に入れる。 近年、サイバー攻撃が多様化して機微情報を扱う分野を中心に経済安全保障の観点からも対策強化の必要性が高まって...

脳内の情報処理を理解するためのツールになると期待される。今後は1万のニューロンと1億規模のシナプスを作成し、脳の情報処理の再現を試みる。 ... 2000個や1万個のニューロンネット...

情報処理技術に関する学習時間を1人当たり年40時間以上確保できるよう、管理職が部下の業務内容を調整。... 情報処理技術に関する公的資格の取得も促し、客先企業の担当者と対等に交渉できる人材を育成する。...

サイバー保険は情報漏えいやセキュリティー事故に関連して発生した被害への損害賠償や、原因・被害範囲調査に必要な費用損害を補償する。欧米を中心に拡大し、国内でも巧妙化するサイバー攻撃や個人情報保護法の改正...

双日、DX認定取得 (2021/4/16 総合4)

DX認定制度は「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経産省の定める指針「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業を政府が認定する制度。

サイバー攻撃が多方面に影響を及ぼす事例が広がり、情報セキュリティー対策を強化するだけでは難しい状況が生まれている。そこで2025年をめどに、鉄道やインフラなどの事故が発生した際に設置する事故調査委員会...

おすすめコンテンツ

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる