2,945件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

日鉄ステンレス、独自鋼種の商標統一 事業統合受け (2019/9/12 素材・医療・ヘルスケア)

日本製鉄グループの事業再編で日鉄ステンレスが発足する以前は、旧新日鉄住金ステンレスが「NSSC」、旧日新製鋼が「NSS」、旧新日鉄住金が「NSSMC―NAR」の商標でステンレスの独自鋼種を展開してきた...

日本製鉄グループ各社がステンレス鋼板事業を統合する以前、光製造所は新日鉄住金ステンレス(現日鉄ステンレス)が、周南製鋼所は日新製鋼(現日鉄日新製鋼)が保有していた。

日鉄ステンレスは旧新日鉄住金ステンレスを承継会社とし、日本製鉄グループのステンレス鋼板事業を統合する格好で4月に発足。... 従業員も新日鉄住金ステンレス時代の2300人から、3200人に増えた。

新日鉄と住金の合併で12年に発足した新日鉄住金が今年4月に「日本製鉄」へ改称し、社名から「住金」の文字が消えたのに続くアントラーズの経営権譲渡に対し、旧住金関係者の間で反発が強まる可能性がある。...

市場はまだまだ広い」 《新日鉄住金(現日本製鉄)時代、ブラジルの鉄鋼大手・ウジミナスの経営権を巡り、アルゼンチンの鉄鋼大手・テルニウムと対立した問題の収拾を任された》 ...

しかしそれから1年の交渉を経て、17年6月30日、新日鉄住金(現日本製鉄)、JFEスチール、神戸製鋼所の鉄鋼メーカー3社と物質・材料研究機構(NIMS)は、共同で基礎研究に取り組むオープンイノベーショ...

三井物産も18年4月に新日鉄住金(現日本製鉄)系の日鉄住金物産(現日鉄物産)を持ち分法適用会社化して鉄鋼事業の一部を移管した。

鉄源協、会長に宮本氏 (2019/6/11 総合3)

新日鉄住金(現日本製鉄)副社長時代から3年間務めた栄敏治前会長(日本製鉄取締役兼日鉄ケミカル&マテリアル顧問)の任期満了に伴うもので、任期は3年間。

同社は4月1日に旧新日鉄住金グループ内のステンレス事業を統合して発足した新会社。

大岡技研は事業継続計画(BCP)の観点から13年、当時の新日鉄住金室蘭製鉄所内に自動車用精密鍛造歯車の工場を開設した。

しかし、エッサールは近年過剰債務を抱えて倒産し、19年3月に新日鉄住金とアーセロールミッタルによる共同買収が成立している。

2018年10月以降、最高裁に当たる韓国大法院が新日鉄住金(現日本製鉄)や三菱重工業に賠償を命じる判決が続き、日本の政府が強く反発しています。

日本製鉄は9日、前身に当たる新日鉄住金の2019年3月期連結決算(国際会計基準)が、事業利益で前期比16・7%増の3369億円になったと発表した。

大岡技研は13年に新日鉄住金(現日本製鉄)室蘭製鉄所内に精密鍛造歯車工場を設置。

旧新日鉄住金が橋本英二副社長を、社名変更で4月に誕生する日本製鉄の初代社長に起用する人事を発表した1月10日、社内に少なからず「驚きの声が広がった」(同)。 【「豪腕」に定評】...

韓国最高裁が日本製鉄(旧新日鉄住金)に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告側は1日、差し押さえた韓国内資産を現金化するため、売却命令を裁判所に申し立てたと発表した。

これを裏付けるように、新日鉄と住友金属が12年に合併し、粗鋼生産量で当時世界2位の新日鉄住金が誕生した。... 新日鉄住金からの社名変更によって4月1日に発足した日本製鉄の進藤孝生会長は、業界再編につ...

日本製鉄は旧新日鉄住金時代から、製造工程の管理や出荷時の荷姿検査などにAIを活用してきた。

開設のきっかけとなったのが、14年に新日鉄住金(現日本製鉄)大分製鉄所内で酸素などを製造、供給するサンソセンターで起こした事故だ。

経営ひと言/日鉄ソリューションズ・森田宏之社長「改元と歩む」 (2019/4/24 電機・電子部品・情報・通信2)

親会社の社名変更に合わせ、同社も「新日鉄住金ソリューションズから日鉄ソリューションズへ変わった」。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる