47件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

新薬創出加算は10年に試行導入して現在に至る。... 政府は以前から新薬創出加算を見直す方針を掲げてきた。... 新薬創出加算の対象範囲を狭めないことを主張してきたが、その実現は難しい情勢と言える。&...

新薬創出加算の適用範囲を狭める、全く廃止するという論議がされていること自体が、わが国がイノベーションに対してどういう考えでいるのかという不信感を招く」。... 新薬創出加算は後発薬のない新薬の価格を実...

一方、製薬業界では、革新的な新薬を評価する枠組みが必ずしも十分ではないとの不満がくすぶる。... 2016年12月に発表された「薬価制度の抜本改革に向けた基本方針」にも、「(後発薬のない新薬の価格を実...

中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)の薬価専門部会は14日、後発薬がない新薬の価格を実質的に維持する枠組みの新薬創出加算について議論し、類似薬が多い新薬は対象外とする案を支払い側委員...

(斎藤弘和) 新薬創出加算、狭く―“ピカ新”開発、競争激化 【創薬への投資】 「医薬品範囲の限定や企業要件の見直しが提案に含ま...

現在は、後発医薬品がない新薬の価格を実質的に維持する「新薬創出加算」が試行導入されている。 多田会長は後発薬が急速に普及しており、新薬から得られる利益の重要性が増していると主張。新薬...

薬価制度改革では、後発医薬品がない新薬の価格を実質的に維持する新薬創出加算の見直しなどが検討課題に挙がっている。デュアト会長は製薬企業の事業予見性を確保する観点から、新薬創出加算の維持を求めた。医療費...

「特に懸念しているのは、新薬創出加算のゼロベースでの見直しだ」と話すのは、エーザイ最高経営責任者の内藤晴夫さん。 国内で薬価制度の抜本改革に関する議論が進み、後発品のない新薬の価格を...

一方で「新薬なしに後発品は存在しない」とし、革新的な新薬の開発を後押しする政策を求めた。 ... 会見ではこうした観点から医療費抑制に後発薬普及が有効であるとした一方、新薬開発に向け...

「新薬創出加算制度を恒久化してほしい」と話すのは、米国研究製薬工業協会(PhRMA)在日執行委員会委員長のトニー・アルバレズさん(MSD社長)。後発品が発売されるまで新薬の薬価を保つ同制度を継続するよ...

特許が切れた新薬である長期収載品の売り上げが減り、ジェネリック医薬品(後発薬)が伸びる点などを勘案した。 また後発薬への置き換え効果は、後発品が発売されるまで新薬の薬価を維持する新薬...

米国研究製薬工業協会(PhRMA)のイアン・リード会長(ファイザー最高経営責任者、写真)は18日、都内で記者会見を開き、後発医薬品が上市されるまで新薬の薬価を維持する新薬創出加算について「日本政府はこ...

今回の改定は新薬にもジェネリック(後発薬)にも厳しいといわれています。 ... また、新薬創出加算は早急に恒久化してほしい。薬価引き下げの一方で、創出加算があることで技術革新への高い...

日本のニーズを製品開発に反映させたいと思っている」 【記者の目/事業基盤構築勝負の年に】 新薬創出加算や承認審査期間の短縮、受託機関の成長など中堅企業にも日本進出の...

新薬開発が確実に進んでいる中、外部要因としては薬価制度の新薬創出加算が試行のままなのは残念だ。今後は加算制度の継続や、パテントボックスなどの整備に期待したい」 ―抗がん剤「ニボルマブ...

試行を続ける「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」の適用対象を、同省の要請を受けて「医療上の必要性が高い未承認薬・適応外薬」を開発した事業者などの製品に絞り込む方針を盛り込んだ。 ... 新薬創...

政府の支援策は新薬が開発しやすい制度が整っている。2010年に導入された後発薬のない新薬を対象とする新薬創出加算は素晴らしい。... 違う考えが交ざることが世界での成長につながると考える」 &...

政府が承認インフラを整え、新薬創出加算などイノベーションに報いる制度を整備した。... 主力事業の多発性硬化症では新薬をそろえ、患者一人ひとりに合わせる個別化医療を進める。

これに対し、新薬創出加算を受けた革新的な新薬は、実勢価格と薬価の差が薬価収載品全体の平均を超えると加算が見直されてしまうため、仕切り値が大きく下がることはないとの見方が強い。 ステン...

「革新的な新薬開発を加速するために『新薬創出加算』を恒久化してほしい」と要望するのは日本製薬工業協会(製薬協)会長で塩野義製薬社長の手代木功さん。 「新薬創出加算」の対象になると、隔...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる