514件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

線毛を標的とする新薬開発につながるほか、5型線毛を持つ腸内細菌群の形成理解にも寄与するとみられる。

新薬開発には長期を要する上、収益に貢献するとは限らない。だが製薬企業として、研究開発を進める重要性を社内外に訴えなければならない」 ―抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」の発売か...

新薬開発などでの利用を想定する。2021年には企業との共同開発をはじめ、22年の製品化を目指す。... 細胞観察用超音波顕微鏡の研究開発は19年新あいち創造研究開発補助金を活用し、19年5月に研究開発...

凸版、製薬特化の翻訳サービス提供 (2020/4/1 電機・電子部品・情報・通信2)

人工知能(AI)による機械翻訳サービスと機械翻訳後の文章を専門家が編集するポストエディットサービスで、新薬開発の業務効率化やリードタイム短縮につなげる。... 複数国での治験の共同実施や、欧米と同じ資...

(門脇花梨) ペプチドリーム社長 リード・パトリック氏 PDC医薬品に熱い期待 ―多くの新薬開発を同時進行しています。... 採用チャネルを増やすことで対応する」&...

早期の新薬開発に挑む 既存品に頼らずに新規の開発を目指す動きもある。... 武田薬品が開発に取り組むのは「TAK888」。... 共同開発が関心を引いたのは、ワクチンの形態にある。

挑戦する企業/住友化学(11)創薬ベンチャーと提携 (2020/3/11 素材・医療・ヘルスケア)

データ駆動型製薬へ脱皮 「これからの製薬はデータを使った開発ができなければ生き残れない」。... ロイバントはユニークな会社ではあるが、データ分析によって新薬開発...

そこで、細胞を観察しながら目的の細胞の細胞内物質を採取し、高精度な分析を可能とする一細胞観察装置などの開発を進めています。これらの装置を軸に、新薬開発を支援するサービスに力を入れていきます。... 開...

武田薬品工業は4日、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の治療薬として、血漿(けっしょう)分画製剤を開発すると発表した。... 欧米やアジアの規制当局と既に新薬開発に関する協議を始めており、生...

「開発中の抗がん剤『ナパブカシン』の結腸直腸がんを対象としたフェーズ3試験のトップラインデータが夏頃に出る。... 開発の成功率を高めるにはデジタルプラットフォームを活用し、臨床開発から販売までの戦略...

新薬承認における審査案件が大幅に削減されたことも意義深い。... このTDCは日本、欧州と並ぶ主要な開発センターの一つに位置付けており中国を中心とするアジアの開発拠点だ。世界市場に提供する製品を中国で...

「患者に寄り添い新薬開発をサポートする」と力を込める。

展望2020/横河電機社長・奈良寿氏 機械の自律的制御へ進化 (2020/1/23 機械・ロボット・航空機2)

細胞を観察しながら目的の細胞の細胞質を採取し高感度に分析する一細胞観察装置など開発中の製品がまもなく商用化されるめども付き、今後が期待できる。同装置を中心に新薬開発支援のニーズはきちんとつかみたい」&...

将来は数百万人の医療ビッグデータ(大量データ)を実現し、研究者や製薬会社の研究部門の新薬開発などにつなげる。... 同医療データの活用は「研究開発」に限定しているが、病気の人に投薬した事実だけでなく、...

世界の製薬企業が新薬開発を続ける中で、十分な治療薬がない疾患領域はおのずと狭まる。一方、がんは完全な治療が確立されていない上に市場は大きく、開発途上の薬剤も多い。... ある製薬関係者は「巨額買収は新...

ラクオリア創薬、米に支店開設 (2020/1/9 ヘルスケア)

ラクオリア創薬は米カリフォルニア州サンディエゴ市に新薬開発に向けた情報収集を行う支店を設け、業務を始めた。

2020予測/化学、逆風も積極姿勢崩さず (2020/1/3 素材・医療・ヘルスケア)

ロイバントの急成長を支えたデジタル技術群を獲得し、新薬開発パイプライン獲得や臨床開発を効率化していく。 ... 生産や研究開発へのデジタル技術導入は、住友化学や旭化成も注力し、「経済...

AIで変わる医療業界 (2020/1/1 ヘルスケア)

(小野里裕一、森下晃行) 製薬 創薬効率化で費用低減 現在、新薬を開発するにはとにかく費用がかかる―。... 新薬開発は、薬物標的の特定に始まり、リード化合物の発見...

凜研究所は、がんの診断・治療に役立つ独自の抗体医薬を開発する。現在、研究開発を進めているのは「抗TMEM180抗体」と「抗不溶性フィブリン抗体」だ。吉松賢太郎社長は「国立がん研究センター先端医療開発セ...

今後、よりふさわしいクローンを選び、開発を本格化させる。 ... 抗不溶性フィブリン抗体は、国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野の松村保広分野長が樹立した。実用化に向...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる