85件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

東芝情報システム、電池センサー網状配置の監視・管理システム (2018/11/23 電機・電子部品・情報・通信)

【横浜】東芝情報システム(川崎市川崎区、伊藤壮介社長、044・200・5111)は、山などの自然環境や工場の設備に電池式センサーを複数設置して監視や状態管理ができるシステム「省電力無線メッシュネットワ...

西松建設は23日、自社の傾斜監視クラウドシステム「OKIPPA104」と、スカイシーカー(東京都千代田区、佐々木政聡社長、03・6260・8960)の「ドローンサポート」サービスを連携すると発表した。...

同社濁度計は従来、下水処理場や河川、工場排水の濁り度合いを計る用途が中心。... IoT(モノのインターネット)システムで常時遠隔監視ができ、豪州や日本市場で採用実績がある製品を米国展開する。 ...

その中の河川監視システムは、今回の豪雨災害時も問題なく機能し続けた。... その一つが、イートラスト(東京都台東区)が18年3月末から取り組む河川監視システムだ。 ... ローラワン...

あす「防災の日」 自然災害、備えあれば… (2018/8/31 建設・エネルギー・生活2)

迅速に対応するため、「拠点見えるかシステム」と「在庫見えるかシステム」を独自開発。... 小型の水門を指す樋管ゲートの定期点検や水位計の設置・運用のほか、河川が増水した際には樋管ゲートの開閉操作を担う...

今後も豪雨による災害の発生が懸念される中、MECは河川・アンダーパス監視システム「フラッドアイ」を自治体などに提案する。 主に関西地域の中小規模の河川中心にウェブカメラで常時モニタリ...

内閣府は西日本豪雨により京都府福知山市大江町で発生した土砂崩れについて、山間部でも通信可能な無線システムを活用した監視を開始した。土砂崩れで河川がせき止められてできた天然ダムの近くに定点カメラを設置し...

普段から住民らが接するシステムにしたい」と、地域の人々と協力し、現状を研究に反映させる。 IoT監視で土砂災害逃さず 土砂災害もその発生を予測することは難しい。.....

ゼンリンなど、気象災害を予測支援 福岡・朝倉市で実証 (2018/6/1 電機・電子部品・情報・通信1)

河川のはん濫や土砂災害などの予測を複数の情報から分析。... 実証は富士通クラウドテクノロジーズ(東京都新宿区)の災害予測システムを活用。... 情報は市役所など4カ所で確認でき、エー・シー・エス(熊...

2025年度をめどに水俣製造所(熊本県水俣市)で24時間監視・制御する体制を組み、安定供給につなげる。... その上でシステムを仕上げ、他の発電所に展開していきたい」と意気込む。 ....

旭化成テクノシステム(東京都千代田区、高橋安美社長、03・3296・3921)は、生産設備からの油漏れを監視する装置を開発した。... 設備の不具合への対応や河川への油などの流出防止に役立つ。... ...

25年度までに水俣製造所(熊本県水俣市)で常時監視・制御する体制を整える。... 改修は23年春に終える予定で、残る8拠点にも順次新システムを入れていく。 ... 取水口から引き込ん...

日本アンテナは60年以上、電気通信技術に携わってきたノウハウを生かし、IoT(モノのインターネット)を活用した河川監視のシステム作りに乗り出している。... 【自治体と連携】...

第30回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(5)ソフトウエア部門 (2018/4/11 中小企業優秀新技術・新製品賞2)

基幹システムとの連携も可能。... 管理画面に表示するのは災害時のみで、平常時の行動監視はできないため、従業員のプライバシーを守れる。... 基盤地図情報などのオープンデータを取込み、豪雨や地震などで...

■水位監視・測定システム みどり工学研究所(札幌市中央区、繁永久美子社長、011・555・5000)は、河川や地下水位などを監視・測定するシステム「SESAME(セサミ)」の展開を拡...

みどり工学研究所(札幌市中央区、繁永久美子社長、011・555・5000)は、インドネシアで河川や地下水位などを監視・測定するシステムの新型「SESAMI(セサミ)III」を本格的に投入する。... ...

Momo、中小向けIoT活用基盤を開発 スマホで簡易設定 (2017/12/20 電機・電子部品・情報・通信)

生産設備の稼働データ収集・分析などの用途のほか、災害時のインフラ監視としても提案する。... 端末画面に各センサーや、設定条件、通知方法などがブロック状の図で示され、それらを線でつなぎ、構図を作るだけ...

(3回掲載) 【NTN/複数の自然エネ発電システム】 NTNは自然エネルギーを用いた発電システムを複数展示する。... マイクロ水車(写真)は用...

日立国際電気と京大、無線「Wi-RAN」で75km超 多段中継伝送に成功 (2017/10/26 電機・電子部品・情報・通信2)

河川の監視や地滑りの検知など、Wi―RANを使ったIoT(モノのインターネット)システムの開発につながる可能性がある。 ... 開発した無線機を避難所に設置し地震などの災害発生時に各...

NEXCO西日本、高速道監視に無線LAN 新名神で高度化 (2017/10/26 建設・エネルギー・生活1)

料金所において複数のカメラ映像を活用し監視可能なシステムも導入していく。... 切土のり面や橋梁周辺で河川の水量変位などを常時監視し、災害時などの対応速度を上げる。 料金所へ複数設置...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる