3,031件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

「加古川集約の効果は出ているが、減産から変動費、固定費が高止まりしており、再度メスを入れる。... 収益性や市場占有率などの現状を踏まえ、投下資本利益率(ROIC)などを管理指標に使い、当該の事業を自...

三井E&Sは舶用ディーゼルエンジンなどからの温室効果ガス排出削減を重視し、燃料としての水素利用を視野に入れる。

EUは2020年12月、EVなど温室効果ガスを排出しない乗用車の普及を、30年までに少なくとも19年の約49倍に相当する3000万台に増やす目標を発表。

新技術の確立や基盤強化などの成果による波及を通じ、さらなる産業集積や地域発展などの効果を狙う。 ... 50年に温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指す上ではマテリアル分野でさらなる技術...

【神戸】兵庫県は県内の中小企業に対し、温室効果ガスの排出削減計画の提出義務化を検討する。現在は県条例により、燃料や熱、電気の年間使用量が原油換算で1500キロリットル以上の大規模事業所などに対し、温室...

2021 TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか (2021/1/5 機械・ロボット・航空機1)

【排出ゼロへ道筋 三浦工業・宮内大介社長】 「2050年温室効果ガス排出量を実質ゼロ」へ向け、足元の具体的な低炭素化の行動強化と脱炭素実現のための新技術登場に向けた現実的な道筋作りへ...

展望2021/JFEホールディングス社長・柿木厚司氏 (2021/1/5 素材・医療・ヘルスケア)

「カーボンニュートラル(温室効果ガスの実質ゼロ)は50年以降できるだけ早く実現させる。... 黒字化へ少しでも早く効果を上げたい。... 視点の異なる経営計画も必要で、収益効果の早期発現は、経営にとっ...

日本、中国が温室効果ガスの削減目標を策定し、さらにバイデン米政権が誕生するなど国際的に一気に進みそうだ。

【シドニー=時事】豪州国民の約60%が環境に優しいエネルギーや低排出の未来を支持しているが、2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにする目標を支持すると答えたのは13%にとどまったことが調査で明ら...

本社定点観測/私の景気診断 (2021/1/4 景気アンケート インタビュー)

特に大きな買い物となる自動車や住宅の消費には絶大な効果が見込めるはずだ。... 50年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにするという目標の具体的な道筋が見えない。熱処理は燃料多消費型産業で、ガスや電気を多...

自動車産業の経済波及効果は、日本の産業別でトップレベルとなっている。... つまり生産の波及効果は2・5倍となる。... 脱炭素社会の実現に向けた機運が世界的に高まる中、菅義偉首相は10月の所信表明で...

にっぽん再構築/脱炭素―鉄鋼の技術力結集 (2021/1/4 素材・医療・ヘルスケア)

鉄鋼業界は、2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガスの実質ゼロ)に向けて取り組みを加速する。... この中に約3割含まれる金属鉄の触媒効果で還元(酸素除去)効率が高まり、高品位炭由来のコークスを...

にっぽん再構築/「脱炭素」―世界が投資合戦 (2021/1/4 建設・生活・環境・エネルギー)

2021年は、温室効果ガス排出を実質ゼロにする「脱炭素」に向けた投資合戦が幕を開ける。... KEYWORD 脱炭素  温室効果ガスの排出実質ゼ...

車の自動走行やオンラインの診療・教育など新しい試みを行う場をつくり、その成果を全国に広げていけばいい」 ―50年に「温室効果ガス排出ゼロ」の政府目標は可能か。

にっぽん再構築/造船、荒波覚悟の合従連衡 (2021/1/1 機械・航空機 2)

KEYWORD ゼロエミッション船  環境負荷の低減に向けて、温室効果ガスを排出しない船舶を指す。国際海事機関(IMO)は温室効果ガスを2050年までに08年比で5...

そういう効果も十分に考えられる」と強調。... (編集委員・米今真一郎) 温室効果ガス “脱炭素マネー”争奪戦始まる 「気候変動に立ち向かう決意を新たにした」。20...

にっぽん再構築/エネ各社、技術革新に挑む (2021/1/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

関西電力も50年に温室効果ガス排出ゼロを目標に掲げた。 ... KEYWORD カーボンニュートラル  温室効果ガスの排出と吸...

わが国でも新しい経済成長戦略として2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」に挑戦する。

温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」のうねりが自動車業界に変革を迫っている。... 電動車を独自開発しても、量産効果を取り込み競争力を高めるには仲間作りが欠かせない。

世界の温室効果ガス排出量の4分の1が食に起因するものであると同時に、年間で10億トンもの食料が廃棄されているのに対して、COVID―19の影響で1億3000万人が新たに飢餓に陥るという大きな矛盾がある...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる