146件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

政府が定めている温室効果ガス削減目標達成に向けた対応の一環。

経営ひと言/JCLP・加藤茂夫共同代表「脱炭素に商機」 (2019/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

間もなく政府が決定する温室効果ガス削減目標に注目する。... 欧州は高い削減目標を掲げ、企業も商機を感じて“脱炭素”にシフトした。 脱炭素に前向きなJCLPの会員は100社だが「我々...

パリ協定の参加国は温室効果ガス削減目標を自由に設定できるが、進捗(しんちょく)を客観的に検証できるデータ提出が望まれていた。... パリ協定参加国は20年までに国別の削減目標強化を検討して再提出しなけ...

奥村組、再生エネ参入 北海道にバイオマス発電所 (2019/1/9 建設・エネルギー・生活2)

日本全体で温室効果ガス削減目標「2030年に26%削減」が掲げられる中、奥村組は再生可能エネルギーのノウハウを蓄積し、新事業創出につなげていく。

政府が定める温室効果ガス削減目標達成に向けた省エネ対策の一環。

温室効果ガス削減目標 NECもパリ協定と整合認定 (2018/11/26 素材・ヘルスケア・環境)

NECは、同社の温室効果ガス排出削減目標が、環境NGOが主導する活動「サイエンス・ベースド・ターゲッツ(SBT)」からパリ協定と整合すると認定された。目標は事業活動での排出量を2030年度までに17年...

温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」は、産業革命前からの気温上昇を2度C未満に抑える目標を掲げ、1・5度C未満を努力目標とした。... パリ協定では5年ごとに国別の温室効果ガス削減目標を見直す。.....

15年当時、日本の産業界は二酸化炭素(CO2)排出の大幅な削減に消極的だった。経済団体系シンクタンクが、30年に13年比26%削減する日本の温室効果ガス削減目標を「柔軟に見直せ」と提言するほどだった。...

熱効率を現状の40%から50%に向上させると、大幅な省エネルギー化につながり、自動車産業の競争力向上や温室効果ガス削減目標に貢献する。

50年の温室効果ガス8割減という目標に対し、英国は原発を諦めてはいません。... 国内単独での発電量とCO2排出量を厳密に精査し、彼らがもし原発なしでも温室効果ガス削減目標を実現できるというなら(私個...

各国が自主的に温室効果ガスの排出削減目標を策定し、5年ごとに見直して取り組みを徹底するスキームだ。... 先進国VS途上国 温室ガス削減目標で溝 トランプ米大統領が大統領選での公約通...

環境省は経済成長にもつながる気候変動対策として、一般家庭における温室効果ガス排出削減を推し進める。日本が地球温暖化対策の新たな国際枠組み「パリ協定」で掲げた温室効果ガス削減目標、2030年度に13年度...

30年に13年比26%減とする日本全体の温室効果ガス削減目標も、政府は既存技術をできる限り導入した前提で導き出した。 ... 京都議定書に代わる「パリ協定」は、今世紀後半に温室効果ガ...

この時の石炭火力によるCO2排出量は約3億トンで、目標を約7500万トン超過する。30年度の温室効果ガス削減目標を13年度比26%減とする「日本の約束草案」に暗雲が立ち込める。 .....

政府はESG投資を温室効果ガス削減目標達成の推進役として期待しており、同省環境経済課の藤原千悦子専門調査員は「適切な開示と評価に貢献したい」と意気込む。 ... ...

今週の予定 (2016/5/2 総合2)

◇ASEAN+3財務相・中央銀行総裁会議開幕(3日まで、フランクフルト) ◇ADB年次総会(5日まで、フランクフルト) ◇4月の米ISM製造業景況指数 &#...

両氏は、昨年合意した温室効果ガス削減目標の国際枠組み「パリ協定」の早期発効に向け、協調することでも一致した。

政府は産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)と中央環境審議会(環境相の諮問機関)の合同会合に、日本の温室効果ガス削減目標(2030年度に13年度比26%減)達成に向けた「地球温暖化対策計画」案を提示し...

年2000万人の訪日外国人の目標達成が視野に入り、次の展開に向け大幅に拡充した。 ... (1)東日本大震災からの復興と教訓を踏まえた防災・減災(2)温室効果ガス削減目標の達成に向け...

「大会開催効果を全国の中小企業に波及させる『中小企業世界発信プロジェクト』で、来年4月にビジネス情報ポータルサイトを開設する。... 大会を契機に各地の中小企業に協力いただき、日本の力を示していきたい...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる