267件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

政府が30年度までに温室効果ガス排出削減目標を13年度比46%減に引き上げるなど、脱炭素の流れが加速している点に対応し、意欲的な目標を示した。

まず、世界的な温室効果ガス排出削減の潮流で「脱・内燃機関」が進む。

中国が温室効果ガス排出削減目標の強化を表明すると、バイデン政権には大きな外交成果となる。... 産業革命前からの世界の気温上昇を1・5度C未満に抑えるには排出量を大幅に減らす必要があり、サミットでは各...

産業春秋/アースデー (2021/4/22 総合1)

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、二酸化炭素の削減技術を競うコンテストの開催計画を、アースデーに合わせて発表する。... 世界40カ国・地域の首脳が参加して、23日までの会期中に、...

石連会長「積み上げベースで策定を」 30年CO2削減目標 (2021/4/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

石油連盟は19日に定例会見を開き、杉森務会長(ENEOSホールディングス会長)は、政府が2030年時点の温室効果ガス排出削減目標を従来の「13年比26%」から大きく引き上げる動きについて、「実際にでき...

【ワシントン=時事】サキ米大統領報道官は14日の記者会見で、バイデン大統領が22日からオンラインで主催する気候変動の首脳会議(サミット)について、多くの参加国・地域が温室効果ガス排出削減などの「目標達...

ナカシマプロペラは温室効果ガス排出削減などに対応し、新造船から就航船まで環境性能の高い舶用推進システムの提供体制を整える。

SBTは温暖化対策の「パリ協定」に整合する企業の温室効果ガス排出削減目標を認定する国際的な活動。

アンモニアは船舶航行時の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する代替燃料として期待が高い。... 上野トランステックは船舶用液化天然ガス(LNG)燃料供給船事業の実績を生かし、アンモニア燃料供給船などを開...

エスペック、関西5拠点に再生エネ電力 (2021/2/3 機械・航空機 1)

二酸化炭素(CO2)排出量は年間23%削減を見込む。今後、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に基づいた温室効果ガス排出削減目標の設定を促す活動「サイエンス・ベースド・ターゲッツ(SBT)」の認定取得を...

温暖化対策は大国間の主導権争いの手段として重みを増しており、温室効果ガス排出削減に向けた取り組みを指揮する狙い。... 米国は中国に次ぐ世界2位の温室ガス排出大国。

AGC、「脱炭素」目指す 関連素材の開発強化 (2021/1/26 素材・医療・ヘルスケア)

AGCは長期環境目標の策定に向け、ライフサイクル全体での温室効果ガス(GHG)の排出を削減する取り組みについて詰める。具体的には、CO2などの温室効果ガスを排出しないカーボンフリーや再生可能エネルギー...

凸版、長期環境ビジョン策定 50年度に温室効果ガスゼロ (2021/1/15 電機・電子部品・情報・通信)

スコープ1と2合計の温室効果ガス排出削減量は44万6000トン(17年度比32・5%減)とし、前回目標から2・5ポイント上方修正。... これまでの30年度数値目標は温室効果ガス排出削減量のみ示してい...

三井E&Sは舶用ディーゼルエンジンなどからの温室効果ガス排出削減を重視し、燃料としての水素利用を視野に入れる。

全量焼却されていた下水汚泥の一部を固形燃料化し、石炭などに代わるバイオマス燃料として販売し、温室効果ガス排出削減につなげる。

積水ハウスはサプライヤー(調達先)に対し、温室効果ガス排出削減目標の設定や再生可能エネルギーの導入を呼びかける。... 温室効果ガス削減はSBT認定を取得できる目標策定を呼びかける。... また、米マ...

住化、千葉でガスタービン発電 工場のCO2を20%削減 (2020/10/6 素材・医療・ヘルスケア)

世界的に求められる温室効果ガスの排出削減に積極的に取り組んでいく。 ... 隣接するグループ会社の広栄化学にも同設備から電力を供給し、住友化学グループとして温室効果ガス排出削減を図る...

温室効果ガス排出ゼロの“脱炭素”実現に意欲を示す企業が増え、国際社会での存在感を取り戻している。... イオンや積水ハウスなどが参加する「気候変動イニシアティブ」は2月、政府に温室効果ガス排出削減目標...

温室効果ガス排出量を2030年度までに13年度比26%削減する政府目標の見直しが焦点となる。冒頭、小泉進次郎環境相は「50年の脱炭素(排出ゼロ)に向けた政策の強化が必要」と述べ、目標の強化につながる議...

世界の投資家が大企業に温室効果ガス排出削減を働きかける活動「クライメートアクション100プラス」にも参画した。運用調査室の黒田洋一郎マネジャーは「共通の思いを持った参加者との行動は、もっとも効果を発揮...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる