53件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

日本メナード、肌の老化要因を特定−成果生かし高級化粧品 (2016/10/26 建設・エネルギー・生活2)

【名古屋】日本メナード化粧品(名古屋市中区、野々川純一社長、052・961・3181)は、肌の老化につながるとされる皮膚の幹細胞の減少要因を突き止めた。... 幹細胞機能を補強 皮膚...

岡部、化粧品事業に参入−エイジングケア美容液を発売 (2016/8/24 建設・エネルギー・生活2)

肌ダメージや皮膚の老化の原因に働きかけ、肌のハリ・つやの向上が実感できるという。

【皮膚の動き着目】 ポーラ・オルビスHDの子会社、ポーラ化成工業(横浜市戸塚区)の黒住元紀研究員は、シワやたるみなどの老化と異なる新たな兆候として「相手の顔の向きや顔の皮膚の動きに注...

東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授らの研究グループは、加齢による薄毛や脱毛の原因が毛をつくる幹細胞の老化によることを突き止めた。... 毛を生やす機能を失った幹細胞は皮膚の細胞になり、ふけや...

資生堂は皮膚の「たるみ」にリンパ管の機能低下が原因であることを確認したとともに、セイヨウアカマツの球果(松ぼっくり)から採取した成分が有効だと発見した。リンパ機能を強化し、老化予防や改善が期待できる。...

皮膚の感覚情報が低次脳領域から高次脳領域に送られた後、再び低次脳領域にフィードバックされる新しい知覚の仕組みを明らかにした。病気や老化による知覚能力の低下を予防・改善につなげる研究の進展が期待できる。...

6種類の低分子化合物を投入した神経細胞培地で皮膚細胞を3週間培養すると、約8割がCiN細胞に分化した。... CiN細胞の分化誘導について、生後6カ月の乳児から55歳成人までの4種類の皮膚細胞で検証し...

見た目が老けて見える原因としてよく、紫外線の影響による皮膚の老化があげられる。... 17世紀の英国の医師トーマス・シデナムの言葉だが、老化のメカニズムを説明する言葉として、現代でも注目されそうだ。

乾燥肌の女性や光皮膚老化モデルでの試験などにより、アロエステロールが皮膚真皮内の線維芽細胞に直接働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を増やすことを確認した。... 試験は乾燥肌の女性への摂取試験と...

森永乳業はアロエベラの葉肉に含まれるアロエステロール成分を経口摂取することで、皮膚の光老化予防に効果があることをマウスで確認した。継続的に紫外線を照射して皮膚が老化したマウスにアロエステロール濃縮抽出...

森下仁丹は九州大学との共同研究でザクロ由来のポリフェノール成分の機能として皮膚老化や脂肪肝を抑制することを発見した。... このたび同エキスの皮膚細胞でのサーチュイン遺伝子活性化作用を確認した。

ロート製薬は体内時計をつかさどる時計遺伝子の研究の一環で、老化した皮膚細胞でサーカディアンリズム(約24時間周期の自律リズム)が乱れることを解明した。老化した皮膚では昼に発現する時計遺伝子が減少せず、...

白麹菌は焼酎製造に使用するが、機能性を生かして老化防止の医薬化粧品や健康食品の素材への応用が進むと期待している。... 麹は皮膚への塗布や経口摂取により、保湿作用を高めるグルコシルセラミドを含んでいる...

これにより、皮膚内部の構造の老化状態や個人差をより簡便に計測することが可能となった。... これまで皮膚内部の構造を計測するには専門機関の装置が必要だった。皮膚内部の状態を簡便に推定する方法は、まず皮...

また、コラーゲン分解酵素の生成、活性酸素の発生誘導など光老化を促進することも分かっている。 ポーラ化成工業では近赤外線による皮膚へのダメージについて研究を進めてきた。... また、近...

乾燥による小じわを目立たなくする美容液の開発では目元や口元、眉間など表情によって生じる皮膚の圧縮される力に着目したケースもある。... シワの原因として加齢や紫外線の影響などによる老化現象が挙げられる...

老化が原因となる病気の治療などに役立つ可能性がある。... 今回、炎症を起点とした一連の免疫反応で、視床下部の神経細胞から性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の放出が抑えられ、結果的に骨量減少、皮...

カネボウ化粧品は東海大学医学部と共同で、紫外線を長時間浴びて進行する皮膚老化(光老化)による真皮組織変化を評価する客観的な指標を確立した。... さらに光老化の初期段階では真皮深部でエラスチンが変質し...

AGEの増加が皮膚のハリや弾力性の低下、黄ぐすみといった皮膚の老化に影響するという。... 今回の研究により角層でのAGEの増加が角層内水分量を減少させ、老化皮膚の特徴である表面のゴワつきや硬化に関与...

長崎大学とカネボウ化粧品は2日、日光に過剰に反応して皮膚が赤くなってしまう疾患の原因となる遺伝子を発見したと発表した。この「UVSSA」遺伝子が変異して働かないと、傷ついたDNAの修復が進まず、強い日...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる