92件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

高崎、宇都宮両線が東海道線と相互直通運転することから、事故などの影響が広域に広がる恐れがある。01年に開業した湘南新宿ラインは、高崎線と東海道線、宇都宮線と横須賀線が相互直通運転し、輸送障害が多く発生...

上野東京ラインは上野―東京間に新線を敷設して、宇都宮線、高崎線を東京駅まで乗り入れ、東海道線と相互直通運転する。... 運輸車両部の鈴木均次長は「新幹線の上を通る橋げたの工事は難工事で、開通までの試運...

JR東日本は30日、宇都宮線、高崎線を東京駅まで乗り入れ、東海道線と相互直通運転する「上野東京ライン」を2015年3月14日に開業すると発表した。... 常磐線は品川まで直通運転する。 ...

千葉市は「JR京葉線・東京臨海高速鉄道りんかい線の相互直通運転促進に関する協議会」で、京葉線(武蔵野線)利用者の乗り継ぎ実態などを調査する。相互直通運転した場合の利用動向を分析して2014年度末までに...

「都市交通・沿線事業は東京メトロ副都心線、東急東横線との相互直通運転がビジネスチャンス拡大につながっている。

福岡市の地下鉄空港線と相互直通運転する。

トラムは車両に搭載したリチウムイオン二次電池と架線のハイブリッド運転が可能で、駅などで急速充電することで、電池のみで走行することもできる。... 万葉線は道路併用軌道区間と専用線区間が相互直通で運行し...

東京急行電鉄の2014年3月期連結決算は鉄道事業における東京メトロ副都心線との相互直通運転の効果や不動産事業が好調で増収増益。

鉄道事業は東急東横線との相互直通運転などにより、旅客収入が前期比1・5%増の955億円となった。しかし相互直通運転の乗り入れ車両の使用料見直しで、売上高にあたる営業収益は同1・6%減の1560億円とな...

南海電鉄は泉北高速鉄道と相互直通運転するため一体運営で効率化を狙う。

追悼2013 (2013/12/25)

相互直通運転を推進し、一大交通ネットワークを構築したほか、バリアフリーや環境問題に配慮した次世代型車両の導入などを進めた。

泉北高速鉄道と相互直通運転する南海電気鉄道も720億円で提案したが、次点となった。

相互直通運転を推進し一大交通ネットワークを構築したほか、バリアフリーや環境問題に配慮した次世代型車両の導入などを行った。

14年3月期見通しは東京急行電鉄東横線からの相互直通運転による輸送人員の増加を見込んでいるほか、引き続きコスト削減を進めることなどで増収増益を見込む。

相互直通運転による交通事業の増収のほか、大型マンション販売や商業施設「渋谷ヒカリエ」などの貢献で不動産事業が堅調とみる。

東京急行電鉄と東京メトロの相互直通運転開始から半年。

3月に東京メトロ副都心線と東急東横線の相互直通運転を始めた効果が表れたとみられ、担当者は「普段は新宿店を利用していないお客さまの来店が増えている」とみている。

東京メトロ副都心線との相互直通運転の開始に伴い東横線旧渋谷駅の撤去工事なども進める。

3月16日の東急東横線・東京メトロ副都心線の相互直通運転の開始後、来場者は順調に伸びているという。

東京急行電鉄と東京メトロが16日、東急東横線と副都心線の相互直通運転を始める。... 東京急行電鉄は13年度の運賃収入を前年度見込みより約24億円の増収を計画し、その多くを相互直通運転効果と予想する。...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいエントロピーの本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいエントロピーの本 第2版

技術士第二次試験 
「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
第5版

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100 第5版

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる