31件中、2ページ目 21〜31件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

北陸先端科学技術大学院大学の大木進野教授と石川県立大学の森正之准教授の研究チームは、植物が持つ葉の表面にある気孔の数を調節する仕組みの一端を明らかにした。

中小企業基盤整備機構北陸支部は、27日14時から石川県野々市町のいしかわ大学連携インキュベータで、研究成果発表会「i―BIRDオムニバスセミナー」を開く。小型水力発電やバイオマス燃料といった新エネルギ...

中小企業基盤整備機構北陸支部(金沢市、076・223・5761)は22日13時半から石川県野々市町のいしかわ大学連携インキュベータで「i―BIRDオムニバスセミナー」を開く。... 大谷基泰石川県立大...

石川県立大学の南博道助教、京都大学の佐藤文彦教授らは植物由来の有用な2次代謝産物の一種であるアルカロイドを合成する新しい遺伝子改変微生物を開発した。

金沢学院大学や富山大学、金沢大学などは、公共事業などの開発と環境破壊のメリット・デメリットを評価する、環境経済評価のNPO法人「環境評価機構」を設立する。... 機構独自のウェブ講義や連携大学での受講...

研究開発プロジェクトは県工業技術センターが研究総括となり、果香(東京都大田区)、山形食品(山形県南陽市)、石川県立大学が協力した。

東京大学、京都大学、石川県立大学の研究チームは、ヒトの腸内で働き整腸作用などを持つビフィズス菌が持つ、糖を分解して体内に取り込むために必要な酵素の構造を明らかにした。

富山県立大学、石川県立大学と共同で開発した。

京都大学の西村いくこ教授、嶋田知生講師、菅野茂夫大学院生らと石川県立大学などの研究グループは植物の気孔の数を増やす物質を発見した。

【浜松】静岡大学工学部、光産業創成大学院大学などの研究チームは、竹を原料とするバイオエタノールの製造に成功した。... 研究に参画したのは2大学のほか、石川県立大学と丸大鉄工(浜松市東区)。... こ...

京都大学大学院生命科学研究科の佐藤文彦教授と石川県立大学の南博助教らの研究グループは、微生物内へ植物代謝系を再構築する手法で、ドーパミンからレチクリンを生産することに成功したと発表した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる