475件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

米P&Gは紙おむつにセンサーを取り付けるなどした乳児見守りシステムを発表した。乳児の睡眠状態や紙おむつの状態がアプリを通して分かる仕組みだ。

繊維素材は、新興国で消費が拡大する紙おむつ用のポリプロピレン長繊維不織布(PPスパンボンド)や自動車用のエアバッグの生産体制を整備し、重点的に伸ばす。

紙おむつや車両資材など用の不織布も含め、高機能分野でメーカーは開発を競う。

日本触媒、環境に優しいSAP 25年めど商用化 (2019/12/30 素材・医療・ヘルスケア)

日本触媒は、紙おむつ素材の高吸収性樹脂(SAP)について環境対応型の開発に着手する。... コスト低減努力や紙おむつメーカーなどに適正価格で購入してもらうこと、市場ニーズなどが今後の課題に挙げられる。...

複数社の紙おむつなど衛生用品に採用され、量産を始めた。紙おむつの高機能化に伴いSAPには保水量や加圧下吸収量の向上が求められている。... 「日本に加えて中国などでも高機能な紙おむつの需要が増えている...

紙おむつの生産現場で、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の活用が進んでいる。高齢化が進めば需要増が見込まれる市場である上、日本製の紙おむつは海外からも支持されている。

ユニ・チャームの九州工場(福岡県苅田町)では、紙おむつ製造ラインの、機械の保守・点検にRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)を活用しようとしている。... AIの搭載で機械自身が不具合を判断し...

日本触媒の4―9月期、営業益49%減 (2019/11/7 素材・医療・ヘルスケア)

主力となる紙おむつ素材の高吸水性樹脂(SAP)は、アジアを中心に紙おむつの需要が落ち込んだ影響で、販売数量が減少した。

主要品目はベビー用紙おむつが同3・5%増の268億円、漢方処方エキス製剤が同3・4%増の30億円となり、卸通販EC化率はそれぞれ20・7%、14・1%。

ユニ・チャームは17日、使用済み紙おむつを原料に新しい紙おむつを製造するリサイクル技術が完成したと発表した。... 2021年以降に世界初の紙おむつリサイクルの事業化を目指す。... 現状、使用済み紙...

ユニ・チャームは、赤ちゃんの体を冷やさない紙おむつ「ムーニーマン 冷えあんしん=写真」を10月8日に発売する。

三井化学は紙おむつ向けに培った不織布技術を吸音材などに生かす。

原材料費の高騰や、紙おむつの電子商取引(EC)販売の価格低下などが影響し、減益となった。 ... また中国のEC法改正で転売業者の在庫処分が起き、日本産紙おむつが従来は中国産比1・5...

花王の1―6月期、営業益4.8%減 紙おむつ低迷 (2019/8/1 素材・医療・ヘルスケア)

中国市場におけるベビー用紙おむつ「メリーズ」の販売減と、消費増税駆け込み需要に対応する費用増が影響した。

潤滑油などの化学品世界大手のMORESCOのインド子会社が保有・運営する工場施設で、自動車部品製造向けの特殊潤滑油や、紙おむつ組み立てに使うホットメルト接着剤を生産する。

SAPは紙おむつなどに多く使われているが、石油原料由来で生分解性も持たない。

丸善石油化学、紙おむつ原料設備の起工式開催 (2019/7/9 素材・医療・ヘルスケア)

丸善石油化学(東京都中央区、03・3552・9361)はコスモエネルギーホールディングスと荒川化学工業との3社共同出資会社である千葉アルコン製造(千葉県市原市)で、紙おむつ原料製造設備の起工式を開いた...

人口減少のほか、情報化の進展に伴い印刷用紙の需要が減り続けているの対し、新興国では経済発展によって段ボールや紙おむつなどの需要が着実に伸びているためだ。... 経済成長に伴い、中国や東南アジア諸国では...

東南アジアを中心に堅調な伸びを示している段ボール、紙おむつ事業を伸ばしていく。

紙おむつ素材の高吸水性樹脂(SAP)事業は、両社合わせ世界市場で優位に立つが、汎用化が進む。... 紙おむつ材料のSAPの世界需要は年300万トンに広がったが、当社はコスト競争力がない。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる