371件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【京都】島津製作所は培養中の細胞コロニー(密接した複数の細胞)から、狙ったコロニーのみピッキング(採取・播種)する作業を自動化する細胞コロニーピッキング装置を3日に発売する。... 装置サイズは横20...

ニコンはiPS細胞などを安定的に培養し観察する細胞ソリューション事業を提供する。... 19年にボストンで開設した「ニコン・バイオイメージング・ラボ」は細胞を安定的に培養するための「細胞品質・培養プロ...

神戸医療産業都市推進機構細胞療法研究開発センターは、島津製作所、東京エレクトロンと共同で、iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)を培養するとき、細胞の分化状態を容易に判断する方法を発見...

日立製作所と共同開発した自動培養装置や海外ベンチャー製の超高速セルソーターなど最新の機器を備える。... 大幸薬品は17年から大阪大学と共同で再生医療における幹細胞培養の汚染防止に関する研究を始めた。...

バイオ薬の例には、遺伝子を組み換えた動物細胞を培養して製造する抗体医薬品があり、がんや関節リウマチなどの治療に使われてきた。 ... 高分子はヒトの遺伝子や病気の原因を解明する(のに...

これまでの培養タンクと独自開発の装置などを組み合わせることで、タンク内のたんぱく質を連続的に回収し、精製する。... 従来のバッジ培養は、培地を投入した培養タンク内で動物細胞を培養して原薬となるたんぱ...

「キャンパスベンチャーグランプリ全国大会」歴代上位受賞者一覧 ■第1回大会 【テクノロジー部門MVP】 高出力全固体紫外レーザーを実現するCBO結...

脳血流・認知症応用も視野 【凍結技術ルーツ】 大陽日酸は再生医療分野における培養細胞の凍結保存容器メーカーでもある。... 将来はMRI(磁気共鳴断層撮影装置)用造...

iPS細胞から二つの大脳神経細胞を作製し、神経組織でつなぐことに成功した。... 東大生産技術研究所の研究チームは、これまでにマイクロデバイス(微小装置)の中で軸索の束状組織を作製する手法を開発してい...

生産プロセスの開発は動物細胞を増殖・選定する工程と、選んだ動物細胞株の最適な培養や精製条件などを考案する工程の二つに分かれる。... 増殖させた多くの動物細胞の中から抗体の生産性や安定性に優れたものを...

【神戸】シンフォニアテクノロジーは神戸医療産業都市推進機構(FBRI、神戸市中央区)の細胞療法研究開発センター(川真田伸センター長)と協力して、2019年度に幹細胞の大量培養から品質管理・保証までを一...

生きた細胞を任意の形に積層し立体的な組織・臓器を作製するバイオ3Dプリンターの技術を持つ。... 創薬支援向けの細胞製品開発にも活用できる。... 民間調査会社によると世界の自動培養装置市場は20年に...

高品質の細胞を安定供給 日立製作所は、臨床に使用するiPS細胞(人工多能性幹細胞)を大量に自動で培養できる装置「iACE2(アイエースツー)」を製品化した。培養容器や培地の流路には完...

超音波で細胞に触れずに力を加え、組織の内部を可視化する装置で観察する。... 細胞組織製品の検査装置は、生体内を動く物質を距離の変化から捉えるドップラー光干渉断層撮影(OCT)装置に超音波を放射する機...

幹細胞大量培養・管理など自動化 シンフォニアテクノロジーは再生医療装置事業に参入する。... 幹細胞の大量培養から品質管理・保証までを一貫して自動化する装置を開発する。... 推進機...

この成果を踏まえ、IHIは2019年度内にエンドトキシンの不活化を可能とする装置を製品化する予定。 ... 再生医療では細胞培養過程で極微量の混入で細胞が異常増殖することが報告され、...

【浜松】ヤマハ発動機はヒトの臓器機能を再現する患者由来培養細胞「オルガノイド」分野で、オランダの研究機関ヒューブレヒト・オルガノイド・テクノロジー(HUB)と共同研究を始めた。ヤマハ発の細胞ハンドリン...

慶応義塾大学理工学部の竹村研治郎准教授、倉科佑太大学院生(現東京工業大学助教)らは、超音波振動を用いた細胞培養装置を開発した。... この装置でマウスの細胞を培養し、10度Cの低温にして振動をかけると...

【名古屋】産業技術総合研究所と理化学研究所、片岡製作所(京都市南区)、名城大学などは、培養細胞の種類判別や細胞単層の均一細分化などの処理を行う高速自動技術を開発した。... 片岡製作所が2018年度中...

京都大学、近畿大学との共同研究で、画像認識技術で細胞の良否を判定し、近赤外線レーザーで処理する自動光学式不要細胞処理装置「CellQualia(セルクオリア)」を開発しました。... そのためには目的...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる