91件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

【大津】タカラバイオは京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の川口義弥教授と、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の消化器系細胞の製造技術開発について共同研究を始めた。... 川口教授は十二指腸や胆管...

京都大学高等研究院物質―細胞統合システム拠点(iCeMS)の劉莉(りゅうり)連携准教授、大阪大学大学院医学系研究科の南一成特任准教授と澤芳樹教授らは、生体内に近い配列を持つ高純度の心筋細胞組織片を、i...

同社はヒト胎盤由来の幹細胞技術に強みを持ち、がん、炎症性疾患、変性疾患の細胞/組織再生療法の開発を加速していく。

NTN独自の微細塗布装置と、阪大のiPS(人工多能性幹細胞)由来細胞を用いた細胞積層化技術を用いて、両者で16年から取り組む人工3次元細胞組織を構築する共同研究も、同研究所のテーマとなる見込み。...

京都大学大学院工学研究科の横川隆司准教授らは、培養した細胞組織内に毛細血管状の管を通し、栄養や酸素を供給できる微細流体デバイスを開発した。細胞組織の内部に流体を流し、栄養や酸素を供給して長時間の培養が...

その結果、釜炊きより粘りや細胞組織が良く保たれているほか、硬くなりにくいことも科学的な分析で実証できた。

生殖細胞内のヒストン修飾因子は、体細胞組織の転写因子とネットワークを形成して、ホルミシスに関する情報を受け継ぐことが分かった。

がん細胞を狙い撃ちにする分子標的薬の適応を判断するため免疫染色の重要性が増しており、医療施設の病理検査科などに提案する。... 病気の治療方針を決める病理検査は、患部の細胞組織を染色して診断する一般染...

細胞の生着率を高める一つの手法が多数の細胞を組織化した上で移植する「組織移植」だ。... 心筋の分野でも組織移植が課題だ。... 皮膚再生の分野でも、iPS細胞から作った複数の細胞を組織化する研究が進...

日立ハイテクノロジーズは光学顕微鏡と電界放出型走査電子顕微鏡(FE―SEM)で細胞組織などを観察する際、簡単に同じ箇所を観察できるシステムを発売した。細胞を前処理した後、専用治具で固定することで観察箇...

大阪府立大学ナノ科学材料研究センターの萩原将也テニュアトラック講師らの研究チームは、立体的に培養中の細胞組織を多方面から観察できる方法を開発した。... レーザー顕微鏡に頼らずに細胞組織の3次元構造を...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長によるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製成功は、再生医療の研究を劇的に進展させた。... だが、患者由来のiPS細胞から組織を作るには半年以上を要し...

日本光電/DNA量を10分以内で測定できる装置 (2015/12/7 新製品フラッシュ2)

日本光電 脳神経外科手術で摘出した細胞のDNA量を迅速に測定できる装置「FCM―2200セルタックPEAK」を発売した。摘出した2ミリメートル角程度の細胞組織をDNA染色試薬の容器に入れ、装置に細胞単...

日本光電は脳神経外科手術で摘出した細胞のDNA量を迅速に測定できる装置「FCM―2200セルタックPEAK=写真」を発売した。摘出した2ミリメートル角程度の細胞組織をDNA染色試薬の容器に入れ、装置に...

京都大学大学院農学研究科の今井裕教授らの研究グループは、生殖細胞組織を含む全ての組織・器官に分化するウシ由来iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製した。... マウスのiPS細胞はナイーブ型と呼ばれ、生...

指定チューブを庫内から完全自動で取り出す技術を生かし、iPS細胞(人工多能性幹細胞)などの研究設備需要を国内外で取り込む。... このため取り出したい試料以外のチューブが空気暴露し温度上昇で細胞組織に...

同社は急速冷凍時に食材や食品の鮮度と細胞組織を生かす独自技術「CAS」を展開。

細胞組織を壊したり蛍光染色せずに観察できるため、細胞にかかる毒性や損傷の問題を解決できる。がん細胞の識別や、良質なiPS細胞(人工多能性幹細胞)の選別による再生医療への活用が期待される。 &#...

患者の細胞組織を修復、再生して治療する再生医療。... 「再生医療は医療であって、最終的には患者に安全に細胞が行き渡らなければならない。... 細胞は生きているから、時間や環境によってどんどん状態が変...

動植物の生産性や生体機能の制御、細胞・組織の画像解析、新生物機能などを主テーマとして、生命分子研究を加速する。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる