52件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

ハザマは鉄骨造の建物・建造物に接着剤を使って筋交い(ブレース材)を増設する耐震補強工法「鉄骨ブレース無溶接耐震補強工法」を開発した。鉄骨柱の材質が溶接に適さない場合や火気厳禁の塗装工場、可燃物倉庫など...

飛島建設は大本組およびサンコーテクノと共同開発した鉄筋コンクリート建物の耐震補強用接合部材「ディスクシアキー」の適用範囲を拡大した。... 飛島建は大本組とともにテコの原理を応用した独自の制震工法「ト...

JR東日本は壁と一体になって柱部分の一部だけ露出している鉄筋コンクリートの円形断面柱について、壁の撤去や背面土砂の掘削をせずに、露出部分に鋼板を貼り付けることで耐震補強する新しい一面耐震補強工法を開発...

JR東日本は汎用鋼板の薄板を多層に既設の鉄筋コンクリート柱に巻くことで耐震補強する新しい薄板多層巻き耐震補強工法を開発した。... 薄板多層巻き耐震補強工法は一枚の鋼板を巻き付ける工法に比べ、工費は割...

戸田建設はあと施工アンカーに代えて円筒状に溝を掘って鋼管を挿入し耐力壁を増設したり、補強フレームを取り付けたりする耐震補強工法「鋼管コッター工法」に外側鉄骨ブレース架構増設工法を追加し、日本建築総合試...

JR東日本は高架橋柱などを鋼材を使って耐震化するRB(リブバー)耐震補強工法について、柱の角に付けるコーナー材の厚さを減らし、補強後の柱断面拡大と重量増を抑える新工法を開発した。... 高架橋柱の耐震...

【神戸】脇田建築事務所(神戸市垂水区、脇田正男所長、078・752・3753)は、既存建物の全体を外側から金属柱で一体構造化する新たな耐震補強工法を開発した。... 新工法は「鉄骨全体外部剛架構体によ...

前田建設工業は耐震補強工法「マスターフレーム構法」を改良し、集合住宅への適用性を高めるとともに、工事費を約25%低減した。同工法は既存建築物にプレキャストコンクリート製の補強フレーム(柱と梁の架構)を...

老朽化が進むマンションには耐震補強、建て替えの両方を提案し、場合によっては身の丈にあった再開発にも取り組みたい。震災が再認識させてくれた過去の蓄積(顧客)を、営業努力でまだまだ掘り起こせるはずだ」&#...

クラレは耐震補強用モルタル事業を本格展開する。業界団体のAP工法協会と協力し、高機能繊維ビニロンを添加した耐震補強用モルタル「アフタープロテクション」の施工ができる業者を増やす。... AP工法協会は...

東急建設は11日、分割した帯鉄筋と吹き付けモルタルで鉄道高架橋の鉄筋コンクリート(RC)柱を補強する耐震工法「CBフープ工法」を開発し、大手私鉄路線の柱約60本に初施工(写真)したと発表した。... ...

大成建設は地中コンクリート構造物用に開発した耐震補強工法「ポストヘッドバー」を、水門の堰柱(せきちゅう)や橋台などの地上インフラ設備向けに拡大展開する。同工法は既設のコンクリート構造物に削孔してせん断...

戸田建設は24日、川金ホールディングス子会社の川金テクノソリューション(埼玉県川口市)と共同開発した耐震補強の新工法が、埼玉県庁第2庁舎の補強工事に初適用されたと発表した。... 戸田建は施工時の騒音...

戸田建設と西松建設、八潮建材工業(東京都墨田区、吉川昇社長、03・3631・7151)の3社は13日、天井パネルをスチール製パイプなどで吊(つ)り下げる体育館などの在来工法に適用できる低コストで短工期...

【前田組/アラミド繊維で建物の耐震補強】 前田組(名古屋市昭和区、前田靖社長、052・852・2225)は建物の長寿命化を実現する耐震補強工法を提案する。鋼板の約7倍の引っ張り強度を持ちながら...

【名古屋】ウッドピタ(名古屋市東区、磯貝豊社長、052・939・3550)は、既存木造住宅向け耐震補強工法「ウッドピタ」の地域密着型営業を展開する。... 同工法は住宅の壁面を鉄製の筋交いで補強する。...

大林組は分割した角形鋼管の組み合わせにより溶接作業なしでブレース(筋交い)を構築できる鉄筋コンクリート(RC)建造物向けの耐震補強工法「3Qブレース」を開発した。... 設備・工事費は従来工法と同程度...

基礎工事を主力とする日特建設は大成建設と共同で、培ってきた地中アンカー技術を盛土の耐震補強工法に応用している。 ... 開発した盛土耐震補強工法は、法面(のりめん)の両側から筋交い状に拡径削孔...

五洋建設はこうした鉄骨造の建物に焦点を絞った溶接不要の耐震リニューアル工法「PNW工法」を開発した。 ... 開発を担当した建築エンジニアリング部技術グループの翁幸久課長は「まったく新しい発想...

大成建設は液状化しやすい地盤の中に拡径削孔で改良体(アンカー)を形成し、盛土構造物の法面(のりめん)と釣り合わせることにより、致命的な破壊を防ぐ耐震補強工法を開発した。... 法面下端の地盤に鋼矢板を...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる